現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月26日更新

【就活】アニメ制作会社の仕事って実際どんな感じなの?

935 views

アニメ制作に携わるのが小さいころからの夢です。

実際の業界事情を教えてください。(大学3年生・男性)


アニメ

出典: http://webronza.asahi.com/culture/themes/2912081100001.html

 

大好きなアニメの世界に、もっと深く関わりたい。

今はまだ観ている側だけど、ゆくゆくは『作る側』になりたい。

そんな自然な欲求から、アニメ制作会社への就職を目指している方も少なくないですよね。

けれど実際のところ、アニメ制作会社ってどんな感じの仕事をするのでしょう?

アニメ制作会社のリアルを知りたい、あなたの疑問にお答えします。

 

制作の軸になる仕事は制作進行



アニメ制作会社では、プロデューサーを始め原画編集や背景美術など、各セクションごとに異なった仕事が存在します。

ところが、彼らだけではアニメ制作は成り立ちません。

そこで必要とされるのが、『制作進行』という仕事です。

表には出てこない地味なセクション、制作進行こそ、アニメを完成まで導く影の立役者なのです。

アニメ制作の全てに関わる制作進行。一体どんな感じの仕事なのか、以下から細かく挙げていきます。

 

素材やスケジュールの管理が大変



制作進行は、携わっている作品に関係する素材や人を管理するのが仕事です。

 

素材の管理



クリエイターから渡された絵や、必要となる資料などを全て、紛失しないよう管理します。

 

スケジュールの管理



納期までに作品を完成させるため、関係者や制作過程のスケジュールを組んで管理します。

スケジュール

積極的なコミュニケーションが大切



制作進行は、関係者とコミュニケーションを図ったり、指示伝達に奔走するのも仕事です。

 

各セクションとの連携



例えばプロデューサーからの指示を各セクションに伝えたり、制作が遅れていたらハッパをかけるなど、連携したチームワークを促します。

 

クリエイターとの関係



声をかけてクリエイターのやる気を引き出したり、頑張りを労うなど、関係者の状態を察して制作軌道を円滑にします。

 

納品前には泊まり込みも覚悟



一般によく知られているように、アニメ制作の現場は多忙を極めます。

制作進行が組んだスケジュール通りに行くことは滅多になく、納品前には連泊しての作業も覚悟しなくてはなりません。

ほとんど寝る時間のない過酷な仕事です。

アニメ制作は好きなだけでは務まらない、入れ替わりの激しい業界なのです。

 

喜びがあるから続けられるアニメ制作



制作進行は、制作に関することだけでなく雑用までも任されています。

どこまで万能なのでしょう。

大変という一言では片付かないほど大変な仕事だけれど、こなしていく内に様々なスキルが身につくのが分かりますね。

現場の全てを把握し、現場で最も忙しい制作進行がいてこそアニメは完成するのです。

だからこそやりがいがあり、完成した時の喜びもひとしお。

みんなで力を尽くして制作した作品が公開された暁には、ゾクゾクするほどの感動を覚えることでしょう。

 

参考にしていただけましたでしょうか?

アニメ制作会社の仕事を知るには、制作進行の仕事を知るのが一番の近道なのです。

いずれ、あなたが手掛けるアニメからヒット作が生まれるかもしれませんね。

温めてきた大切な夢が形になるよう、応援しています。

 

2014年12月26日

written

by marika-castle


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop