現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月23日更新

優しすぎるのはNG?やり過ぎだと思われる男性の気遣い7選

2799 views

 男性の気遣いって、どれくらいまでいくとやり過ぎなんですか?(大学2年生・男性)


やり過ぎ

好きなタイプは優しい人…とは言え、「そこまでしなくてもいいのに!」という過剰な気遣いをされると逆に困ってしまうこともありますよね。

そこで今回は、やり過ぎだと思われる男性の気遣いを厳選してご紹介していきます。

 

1.女性の小さなバッグを持とうとする



重たい荷物を持ってあげるという気遣いは女性に喜ばれるものですが、ファッションの一部である小さなバッグまで持ってもらう必要はありません。

むしろ、お財布や携帯を人質に取られているような気分になってしまうかも?

 

2.帰り道を執拗に送りたがる



送りたがる

女性一人で暗い夜道を歩くのは非常に心細いため、送ろうか?という提案は基本的にはありがたいものです。

しかしながら、女性が必ずしもそれを求めているとは限りません。

あなたの下心を感じとって警戒心を抱いている場合もあります。

断られてしまった時には、「遠慮しているのかな…」なんて考えず素直に引くのが懸命ですね。

 

3.すべて女性に選ばせる



何をする時も女性側に意見を求め、それに従うという行為。

実はこれは気遣いでもなんでもありません!

相手の希望、要望を確認するのは大切ですが、ただただ顔色を伺っているだけでは相手に不快感を抱かせてしまいます。

決定権を全面的に相手に委ねるという事についても、無責任な印象を与えてしまうかもしれません。

 

4.誰に対しても同じ優しさで接する



人によって態度を変えること無く、平等に優しく接する事は決して悪いことではありません。

ただ、あまりにも平均的な接し方をしてしまうと、本音の見えない人として距離を置かれ、恋愛に発展するチャンスを逃してしまうことになります。

お目当ての女性がいるのであれば、時には本音を出してみるのも良いでしょう。

 

5.悪くもないのにすぐ謝る



すぐ謝る男

少しでも意見が食い違った時や、本来お礼を言うべき場面ですかさず謝られてしまうのは、余り気持ちのよいものではありません。

謝るのがクセになってしまっている人は、意識的に「ありがとう」に置き換えてみることをお薦めします。

 

6.どんな要求にも答える



一見良いことのようにも思えますが、一方的に甘やかすだけでは対等な関係は築けません。

相手はどんどん退屈を感じて、徐々に気持ちが離れていってしまうことでしょう。

女性とはワガママな生き物ですが、男性に対してイエスマンでいて欲しいと望んでいるわけではありません。

ペットか何かと勘違いしてる?と憤慨する女性もいるようです。

 

7.過保護



オトナの女性に対して、小さな子どもに接するようにあれもこれも大丈夫?大丈夫?と心配してみせることはご法度です。

母親のように振る舞う女性が男性に煙たがられるのと同様に、父親のように振る舞う男性は女性にとって鬱陶しいことこの上ありません。

保護者のような接し方では、恋愛に発展させることは到底無理なのです。

 

 

いかがでしたでしょうか。

女性に優しくしているつもりなのになぜかうまくいかないという男性の皆さん、女心はなかなか複雑にできているものです。

あまり気を遣い過ぎないほうが、本来のあなたの魅力がそのまま相手に伝わるのかもしれませんね。

 

2014年12月23日

written

by necoconeco


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop