現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月2日更新

屋久島登山の前に読んでおきたいトレッキングガイド

90 views

屋久島へ登山に行くのですが、事前に勉強しておくことはありますか?(大学2年生 女性)


屋久島内部

1993年に世界遺産に登録された屋久島。

樹齢7200年といわれる縄文杉をはじめ、樹齢1000年を超す木々が連なる自然遺産です。

かつては外国人が選ぶ日本で行ってみたい世界遺産ランキング1位に選ばれました。

そんな屋久島の一番の魅力は屋久島登山です。屋久島登山の最大の目的は縄文杉です。

樹齢7200年という寿命の長さから放たれるエネルギーを感じるため、毎日多くの観光客が訪れます。

私も屋久島登山に行ったことがありますが、縄文杉だけでなく、たどり着くまでの道中で見れる自然や動物たちの姿に感動し、非常に有意義な時間を過ごすことができました。

まだ行ったことのない人にはぜひ一度、行ってもらいたいと思うのですが、屋久島登山に参加するにあたり知っておきたいことがあります。

今回は、

①気を付けておきたいこと

②必要な準備

③屋久島登山の魅力

この三点に分けてお伝えします。

 

①気を付けておきたいこと



まず気を付けておきたいことですが2つあります。

天候と遭難です。

一つ目の天候についてですが、屋久島の天気は非常に移り変わりが激しいです。

晴れている時間は日差しもあり、木々に囲まれているものの、若干暑く感じます。

しかし、雨が降ると日差しがなくなり、少しずつ体が冷えてきます。

特に長時間登り、体力も衰えている中での急激な温度差というのは、体にとってかなりの負担となります。

そのため、温度調節を徹底して行いましょう。

体が疲れていて、暑いと感じている際の雨は気持ちが良いと感じるかもしれません。

しかし、その後の道中のことを考えると、少しでも体力は温存しておくべきです。

二つ目の遭難についてですが、屋久島登山は一日かけて行います。

夜になると真っ暗になってしまうため、多くのツアー客は正午過ぎまでには縄文杉にたどり着き、下山を始めます。

これを理解せず、周囲と異なる時間帯に登山をしていると、周りに誰もいないという状況が出てきてしまい、遭難の可能性も高くなります。

そのため、ツアーで行く場合は必ず案内人に従い、個人で行く場合には、登る時間帯を合わせるか、下山を始める時刻をあらかじめ決めてから登山を行うと良いでしょう。

 

②必要な準備



続いて必要な準備ですが、特別に必要な準備はありません。

あえて挙げるとするならば、体力です。屋久島登山は丸1日かけて行います。

日が明ける前に登山を開始し、下山し終わる頃には日が暮れています。

当然、起きる時刻は早くなりますし、普段は活動していない時間から活動することになるため、体への負担は非常に大きいです。

そのため、前日は十分に睡眠をとる必要があります。

また、山道を長距離歩くことになるので、普段運動している人は問題ないと思いますが、運動をしていない人は、数週間前からウォーキングなど軽度の運動を行うことで、少しは疲労軽減の効果があると思います。

 

③屋久島登山の魅力



最後に屋久島登山の魅力についてですが、周りにある木々、コケをはじめとする自然、ヤクシカやサルといった野生動物、全てが魅力的です。

屋久島登山=縄文杉と思いがちですが、その道中にある木々も樹齢1000年以上のものが多く、自然のパワーを感じることができます。

最大の目的は縄文杉ですが、それまでの道中で出会う様々な光景一つ一つが神秘的であり、魅力的です。

自然は日々変わっていきますし、行く日によって異なる魅力を感じることができる、それこそが屋久島登山の魅力だと思います。

ぜひ、自分だけの魅力を感じ取ってきてください。

 

 

いかがでしたでしょうか。

もし、屋久島に興味を持った方がいたら、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

2015年2月2日

written

by san


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop