現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月29日更新

正月飾りを出す時期はいつからいつまで?

381 views

正月飾りっていつまで出せばいいんですか?(大学1年生・女性)


 

お正月の飾りの準備から処分までの疑問を解決!



クリスマスが終わったて次はお正月の準備です。しめ縄、鏡餅など揃えていかなければなりませんね。

そもそも、正月を迎える準備ってどうすればいいの? 親が全部やっていたし! など、そんな方々のためにお正
月の基本知識と準備から処分まで一通り説明します。

無知識で恥ずかしい思いをしないために、しっかりと覚えておきましょうね!
 出典:アートバンク

 

お正月とはなにか



お正月とは我が家に「歳神様」お迎えする神道の大切な大行事のひとつ。

「正月様」「歳徳神」とも呼ばれています。

昔の人は祖先の御霊が山・田の神となりお正月には歳神様となってその家に繁栄をもたらすと考えられていました。

更なる繁栄と幸せを授かるために歳神様をお迎えしてお祝いする風習や行事が生まれ、その行事を「お正月」と呼
ぶようになったのです。

お正月とは一般的には1月1日~1月7日をさしています。

 

なぜ正月飾りを飾るのか



お正月飾りはそれぞれ意味があるのです。

門松は「待つ」という意味があり歳神様を迎える目印として、また宿る依代(よりしろ)となっています。

しめ縄は結界の意味があり穢れを絶ち神の聖域を表すもので、「我が家に歳神様をお迎えしました」という意味を
込め玄関口のドアに飾ります。

居間・床の間などに飾る鏡餅はしめ縄と同じ結界の意味があり、歳神様への最高のお供え物とされています。
 出典:無料イラスト素材

 

歳神様と神様の違い



我が家にお迎えする歳神様と神社の神様は全く別の神様と考えてください。

歳神様は上記で説明したように「祖先神」と考えられ、神様はその土地の様々な由来を持つ神様のことを言い、そ
の地に住む人々を守っている「守り神」と考えられています。

初詣に参拝するときは、まず地域の守り神とされている地元の神様を拝礼、その後に神社仏閣などの有名スポット
に拝礼するのが初詣の常識とされています。

 

お正月飾りを飾る日はいつ?



正月飾りの飾る時期は12月13日~30日とされています。

しかし、飾るにあたり縁起が悪い日があるので気を付けてください。

29日は「二重苦」、大晦日の31日は「一夜飾り」と言われ神様に対し礼に欠ける行為とされています。

ちなみに、旧暦では12月30日は大晦日なので28日までに飾り終えましょう。

 

お正月飾りを外す日はいつ?



地域によって多少の違いはありますが、基本的には1月7日 の「松の内」が過ぎたら外すとされています。

「松の内」とは「我が家で歳神様に待っていただいている期間」という意味があり1月7日までとされ、7日に七草
粥を食べてからお正月飾りを外すと言われています。

ただし、鏡餅は1月11日の「鏡開きの日」にお雑煮やお汁粉などにして食べます。

関西圏では1月15日までを「松の内」としている地域が多いようです。

 

お正月飾りの処分は?



地域によって異なりますが、1月15日に神社などで「どんと焼き」が行われ ていますので、そこで処分してください。

神事の大役を終えたお正月飾りは粗末に扱わずにきちんと処分してください。

どんと焼きに行けない場合はお清めの塩を振ってから地域指定のゴミで処分しても構いません。

 

以上、お正月のちょっとした豆知識とお正月飾りの期間などご説明しましたがお役に立てた出でしょうか。

少しでも頭に入っていればお正月を迎えるにあたり神様に対しご利益や感謝の気持ちが深まるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

2014年12月29日

written

by しんじろう


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop