現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月20日更新

みるみるブスに…!たるみの原因「スマホ顔」の予防法

845 views

最近スマホによる諸生活への悪影響がまことしやかにささやかれていますが、

美容にも影響はあるのでしょうか?(大学4年・女性)


 

今や持っていない人はいないのではないかと思うほど、スマートフォンの普及率は高くなっています。

便利になり、忘れて家を出た時には不安になってしまう人も多いと思います。

電話やメールはもちろん、時計の代わりや手帳の代わりに使ったりと用途は様々。

電車の向かいの席、全員がスマホをいじるのはもはや普通の光景。

そんな中、最近注目になっているのがスマホの使い過ぎによる「たるみ」です。

 

・たるみ?関係あるんです。



目が悪くなったり、「歩きスマホ」などが問題になったりしているだけで

たるみは関係ないでしょ、と思われがちですが、

意外と知られていないのが頬のたるみができてしまう人が増えていることです。

皆さんも思い返して見てください。

自分がスマホを操作しているとき顔は下を向いていることがほとんどだと思います。

顔の真正面にスマホを持ってこようとすると腕が疲れますし、長い時間は操作できません。

もうお分かりだと思いますが、顔を下に向けることにによってあごに重力がかかるため

頬が下がってしまい、たるんでしまうという事です。

ただ、頬のたるみばかり気にしているわけにもいきません。

たるみを気にする女性

 

・原因は下を向くだけではない



頬のたるみ以外にも多いのが、姿勢が悪くなる人です。

スマホを操作すると顔が自然と下を向くので肩が内側に入ります。

そうなると「猫背」になってしまいます。猫背とたるみは関係ないと思いそうですが、

猫背姿勢で、下を向き続けているとたるみを加速させるのです。

とりわけ猫背はアジア人に多く世界的に見ても割合が多いです。

猫背になると、「太りやすくなったり」「偏頭痛や目のかすみ」だけでなく、

印象も悪くなります。では予防するにはどうすればいいのか。

「たるみ」「猫背」を予防する方法を紹介します。

 

・1日1分座りながら予防



頬が下がってしまったのですから、単純に上げてあげればそれだけで予防になります。

頬の肉を下から上へほぐすように引きあげます。これだけでも筋肉がほぐれ予防できます。

また、表情筋を鍛えることも重要です。

舌で歯茎をなぞるように右回り、左回りと左右10回ずつ行いそれを3セットするだけで

顔周りがシュッとします。これは気軽にできることなので、

テレビを見ながらやお風呂に浸かっている間にやれますので、ぜひ試してみてください。

 

・猫背は治る



猫背とたるみの関係性は先程説明した通りですが、なかなか治らないのが猫背。

意識して背筋をピンと伸ばしていても、つい戻ってしまう。いきなり猫背は治りません。

ずっと意識して背筋を伸ばせれるなら話は別ですが、なかなかそんなことできません。

まず、肩の位置が前にあるために背中が曲がってしまいますので、

肩をもとの位置に戻すだけで見た目的にも全く変わります。

オススメは肩を回すこと、それだけです。ここで大事なのが前に回さないことです。

分かりやすく言うと水泳の「背泳ぎ」と同じまわし方です。

勢いよく回さずにゆっくり両腕2、3回回すだけで開いて丸まった背中も改善されます。

写真を撮るときや、面接や面談の前に肩を回すと印象も変わりますよ。

 

 

スマホはこれからも進化し普及していくと思います。

スマホが便利になりなんでも出来るようになっても、

使う側に支障が出てしまっては問題です。

「たるみ」も日々の簡単なことで予防できますので、ぜひ試してみてください。

2014年12月20日

written

by mksymk


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop