現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月29日更新

参考にしたい♪手書き年賀状を簡単におしゃれに見せる7つのアイデア

6353 views

年賀状を作ろうと思うのですが一味違ったおしゃれなものを作りたいです。何かいいアイディアはないでしょうか?(大学2年生・男性)


今パソコン・スマートフォンが普及しているのでパソコンで年賀状を作る方も多く増えていますが、やっぱり手書き!とこだわる方もいますし何よりも気持ちが伝わって良いですよね♪

そんな手書き年賀状をおしゃれに見せるアイデアを紹介したいと思います。

おしゃれ年賀状でお正月

①マスキングテープを使う



今すごく普及していますし100均などでも手軽に手に入ります。

文字に引いてある下線←この様な線

をマスキングテープを使ったりすると可愛いですね♪

あとはハガキの端をマスキングテープで埋めたり、色々な色のマスキングテープをまばらに貼ったりすると鮮やかで可愛いです。

 

②シールを使う



マスキングテープと似ていますが、マスキングテープはあまり曲線や立体的には向いていないのでシールも一緒に使うと◎です。

キャラクターものやハートや☆といった記号をシールで代用するのも良いです。

おしゃれ年賀状でお正月

③色ハガキを使う



少し手間がかかりますが色を染めたハガキなどを使うととてもオシャレで良いかと思います。

目に優しい色を使うのがポイントです。

あまり派手なピンク・蛍光色を使うのは目に良くないので、目に優しい緑・ラベンダー色などがオススメです♪

 

④写真を貼る



文章だけだと寂しいので目で楽しめる様に写真をつけるのも良いです。

余裕があれば干支にちなんだ写真を撮って貼りつけたりするのも良いですね。

最近は子供に干支の着ぐるみを着せた写真を貼っている方も多いです。

とても可愛いですね♪

 

⑤カラフルにする



白黒だけでは暗く見えがちです。

色ペンを使ってカラフルにしましょう。

ただ伝えたい文章・宛名はあまり色は使わない方が良いので黒・青・紺を使うのが良いかと思います。

おしゃれ年賀状でお正月

⑥立体感を出す



ハガキは平面が基本ですがところどころに凹凸があっても可愛いかと思います。

②のシールを立体感のある膨らみのあるものにしたり、今は色ペンでも書くとふくらみが出るペンも売っています。

触って楽しいものもいいですね。

立体感とはまた少し違いますが四角い形だけがハガキではないので膨らみを利用したり、ハガキを四角にこだわらないで作るのも良いかもしれません。

 

⑦筆ペンを使って達筆に仕上げる



今までとは少し離れますが昔風の筆ペンのみで丁寧に仕上げるのも最近は少ないので良いですね。

ただ隙間なく文字だけで埋めてしまうと見づらくなってしまうので、文字と文字・文章と文章の適度な間隔は意識しましょう。

 

最後に



色々アレンジはたくさんありますが相手の年齢・趣味を考えて作ると良いです。

小さいお子さんにはカラフルなもの、年配の方には和紙を使ったハガキなど…。

また祖母・祖父には孫の写真をつけたり、友達には思い出の写真をつけたり…。

少し手間はかかりますが1年に1回、新年の大切な挨拶状です。

注意点はどのアレンジも丁寧にということ。

思いっきりアレンジしたいなら宛名の面に自分の住所・名前も書くと裏面めいいっぱい使えます。

ハガキの書き方にそってしっかり書くことも大切です。

早め早めの準備が良いかもしれませんね♪

2014年12月29日

written

by りこぴん


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop