現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月23日更新

世界遺産のビーチ×ナイトクラブ!?スペインの楽園「イビザ島」の魅力

683 views

今度友達と旅行でイビサ等に行こうと思っています。行った方が良い場所や魅力を教えてください。(大学2年生・男性)


「イビザ島」をご存知ですか?

「イビサ島」とも発音しますが、地中海、スペインの東部沖に点在する「バレアレス諸島」のひとつです。

ヨーロッパでは有名なリゾート地として知られています。

 

イビザ島のビーチ



画像出典:イビザ島専門サイト

イビザ島には、透き通るような美しいビーチが島内全域にあります。

「地中海一きれいな海」と称されるほどの美しい海と砂浜は、人々を惹きつけます。

真っ青な海と、地中海特有のカラッとした暑さ。

日本のような、ムッとした暑さではないので、潮風に吹かれているだけでもとても心地よいです。

また、サンセットもとても有名なので、海に行く機会があるならばサンセットもぜひ見ることをお勧めします。

 

イビザのビーチには、「海の家」に相当するレストランやバーがあります。

ただ、日本の「海の家」のような、着替えのできるスペースはないのでホテルで着替えておくことがおすすめです。

シャワーはたいてい無料で使えるようです。

 

パラソルはだいたい5~10ユーロ程度で借りることができます。

ただ、イビザのスーパーへ行くと、同じくらいの値段でパラソルが売っているので、2回以上海へ行く予定であれば買ったほうが安く済むかもしれません。

夏のビーチではパラソルは必需品です。

パラソルがないと熱射病になってしまうほどなので気をつけましょう。

ビーチはアクセスの悪いところにあるので車で行くのがお勧めです。

タクシーは濡れているのを嫌うので、レンタカーが便利でしょう。

 

イビザ島のナイトクラブ



画像出典:イビザ島専門サイト

イビザ島はナイトクラブがとても有名で、島内に大きなクラブが7つもあります。

数千人は入れるクラブとなっています。

イビザ島と言えばナイトクラブ、というほど有名なので、日本では行ったことがなくてもぜひ行ってみましょう。

ヨーロッパでは普通の老若男女が遊びに来ますので、慣れていなくても心配ありません。

 

また、有名なものといえば「泡パーティ」でしょう。

画像出典:イビザ島専門サイト

その名の通り、泡まみれになるパーティで、水びたしになる「水パーティ」なんていうものもあります。

「泡パーティ」も「水パーティ」も、もちろんびしょ濡れになるのを覚悟して行ってください。

「泡パーティ」はニオイがつくこともあるので、捨てても構わないような服で行くことをおすすめします。

また、服の中には水着を着て行きましょう。

オープンは0時頃ですが盛り上がりのピークは5時ごろです。

人気のパーティは入場制限を行う場合があるので、2時ごろまでに入ったほうがいいでしょう。

現地のかたに、「2時では遅い」といわれるようなパーティは、人気過ぎて行っても人ごみでロクに踊ることもできない状態なのであまりおすすめしません。

 

ご紹介したように、ビーチにナイトクラブと、1日中楽しめる島です。

ビーチもナイトクラブも体力を使ううえに、ナイトクラブは朝までやっているのであまり無理をせず、時間を上手に使って過ごしましょう。

最後になりましたが、観光地であるので言葉は基本的に英語で大丈夫です。

ただ現地の一般の人はやはりスペイン語なので、その点は気をつけましょう。

2014年12月23日

written

by dick


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop