現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月23日更新

都合のいい女を卒業するための5つの方法

401 views

いつも都合の良い女になってしまいます。どうやったら卒業できますか?(大学2年生・女性)


都合の良い女

友達以上恋人未満でなんとなく付き合っていたら、いつのまにか別の子と付き合っていた…いつも都合のよい女で終わってしまう…。

こういう悩みを抱えている方、ここで「都合のいい女」を卒業する5つの方法を検証して行きましょう。

 

「都合のいい女」とは



「都合のよい女」とはどういう女性なのか。

幾つかの特徴を上げてみます。

・彼の連絡待ちでデートすることが多い

・彼の都合で自分の都合がキャンセルになることが多い

・自分より彼の意見が優先

・「あなたはいい人」と言われることがある(「いい人」とは「どうでもいい人」と「都合のいい人」のことです…)

など。

全体的に「自分を押し殺す」「自分の意見が言えない」「自分を卑下することが幸せになると思い込んでいる」傾向が見られます。

次に、「都合のいい女」から脱却する方法を検証しましょう。

 

1.自分が「都合のいい女」だったと受け入れる



まず、辛い現実ですが「自分が都合のいい女」であることを検証しましょう。

彼に都合を合わせすぎた、連絡が少ない、明らかに別の女性の影を感じる…。

なんとなく「自分は都合のいい女なのか」と不安に感じたら、その時が彼との潮時でしょう。

不安は、自分の心が叫んでいる悲鳴。

自分の心の声に耳を傾けましょう。

 

2.彼氏を外見や肩書きなどで選ぶ



彼氏が高給取りや不景気に強い公務員だったなら、将来も安全かも…。

しかし、自分も外見や職業で選ばれただけだったと知ったら、あまり気持ちのいいものでは無いですね。

そもそも、将来のことなど予測は完全に不可能。

人間を外見や肩書きなど外見だけで選ぶ人には、同じような思考の人間しか近づきません。

最低の男でも「自分の鏡」であるのです。

 

3.「彼にとって都合のよい女」は「親にとって都合のよい子供」だった



誰でも最初から「都合のいい女」として生まれているわけではありません。

人間は親との関係を無意識に男性との関係に持ち越してしまう傾向があります。

親の命令を素直に聞く子供だった、親が引いたレールを疑いも無く進む子供だった…。

たとえ血縁でも、子は子、親は親。別の人格であり、決して全て判り合えることは出来ないのです。

親との関係も改めて見直しましょう。

 

4.下手な同情は自分の安売り



彼の身の回りをなんとなく世話してしまう…。

そういった女性は「誰かの世話をしないと自分は愛されない」という「メサイアコンプレックス」に陥っています。

「彼に尽くさないと愛されない」ことは有り得ません。

彼がそういったことを囁いてきたのなら、全力で逃げましょう。

 

5.本当の自分を知る



「都合のいい女」は、そもそも「自分が何をしたいのか」が自覚できていない女性です。

まずは、「何が食べたい」など、日常において自分の感性を大切にする訓練を。

 

 

卒業

以上、「都合のいい女」からの脱却方法を検証してみました。

結論は「自分を大切にすること」が一番の脱却方法です。

一見、自己中心的な意見ですが、自分を大切に出来ない人は、結局誰も大切に出来ないのではないでしょうか。

2014年12月23日

written

by reitsukikage


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop