現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月27日更新

就活に役立つ!緊張を和らげてくれるリラックスアロマ7選

500 views

最近就活で緊張からなのかすぐにいらいらしてしまいます。リラックスするためにアロマを使おうと思うのですがおすすめを教えてください。(大学3年生・女性)


花や草木、樹脂などの植物の芳香成分は、心や身体のトラブルを穏やかに回復する力があります。

その効果はさまざまなものがありますが、今回は就活に役立つアロマを紹介。

緊張を和らげ、就活や学生生活で感じるストレスの解消を手伝ってくれる、7つのアロマです。

 

不安な夜に―ラベンダー



さわやかなフローラルの香りで、アロマテラピーでもよく使われているラベンダー。

自律神経のバランスを調整する働きがあり、ストレスや怒りを感じている心や、

不安や心配を抱えた心を癒し、深くリラックスさせる効果があります。

また、安眠効果があるので、面接前日などぐっすり眠りたい夜にもおすすめ。

アロマテラピーのなかでも1番人気。 画像出典:AROMA CURE

 

落ち込んだときに―グレープフルーツ



みずみずしさのなかに華やかさもある柑橘系の香り。

名前には「楽園」の意味もあり、その名の通り気分を高める効果があります。

心配や不安、緊張した気持ちをほぐし、幸福感をもたらす効果が期待できます。

就活で落ち込んだときや前向きな気持ちになりたいときに。

また、消臭、抗菌によるデオドラント作用があり、体臭予防にもおすすめです。

リラックス以外にも消臭やダイエットなどさまざまな面で活躍。 画像出典:AROMA CURE

 

パニックになりそうなときに―リラクセージ



ナッツのような甘さがほのかに香る、深みのあるハーブ系。

不安やストレスで落ち込んでいるときや、緊張やプレッシャーでパニックにおちいったときに、

心を落ち着かせて穏やかにし、それと共に多幸感をもたらす効果が期待できます。

面接の直前にちょっと嗅ぐとリラックスして臨めるかも。

女性ホルモンに似た働きをする成分も含まれており、女性特有の不調にもおすすめです。

生理痛にも効果が。女性におすすめのリラクセージ。 画像出典:AROMA CURE

 

自分を見つめなおしたいときに―サンダルウッド(白檀)



お香の香りとしてもよく知られるサンダルウッド。

深くて甘いウッディーな香りは、古くから寺院での瞑想時の薫香に使われてきました。

深くリラックスさせる作用があり、自分を見つめ直したいときなどにもおすすめです。

ただし、うつ状態の人は、かえって気持ちが落ち込む可能性がありますので、注意が必要です。

非常に高価なアロマオイルですが、手ごろな代用品もあります。 画像出典:AROMA CURE

 

集中力を高めたいときに―ユーカリ・グロブルス



シャープでクリアな香りの樹木系アロマ。

否定的な考えが頭を占領しているときや、精神的に煮詰まっているときに使ってみましょう。

頭の中を一掃して意欲的な気持ちを取り戻す効果が期待できます。

また、きりっとした香りで集中力や記憶力を高めるのにも効果的なので、勉強中にもおススメです。

風邪ひきさんはマスクに少量しみ込ませてみて。 画像出典:AROMA CURE

 

この頃、余裕がないなと思ったら―ローズマリー・シネオール



清涼感があるフレッシュなハーブ系の香り。

精神疲労などで乱れた心を安定させる効果が期待できます。

物事に意識を集中させることが難しいときや、混乱して、やる気や自信を喪失したときにおすすめ。

何かと慌しい就活時、忙しくて余裕が無くなってきたなと感じたら使ってみましょう。

また、ローズマリーにはいくつか種類がありますが、初めての場合は、比較的作用が穏やかなこのシネオールがよいでしょう。

心が混乱して落ち着かないときに。ここ一番の集中力に効果。 画像出典:AROMA CURE

 

嫌な思い出をリセットしたいときに―フランキンセンス



かすかにレモンの香りがある澄んだ香りのウッディー系。

古代から祭壇や寺院で瞑想を助けるものとして使用され、今でも多くの宗教の習慣の中で使われつづけています。

心と呼吸を落ち着かせる作用があり、不安や緊張、恐怖、パニックなどに有効。

また、過去の出来事に思い悩むタイプの人には、過去とのつながりを断つのに役立つと言われています。

苦い就活経験を引きずってしまっている人は、ぜひ使ってみて。

お香好きの人にもおすすめのアロマ。 画像出典:AROMA CURE

 

アロマを取り入れるには、特別な用具がなくても大丈夫。

ハンカチなどに1滴しみ込ませて持ち歩き、疲れを感じた時などに嗅いでみましょう。

きっとそれだけでリフレッシュできるはず。

植物の力が凝縮されたアロマエッセンスを 日々のセルフケアに上手に取り入れてみて。

2014年12月27日

written

by k3


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop