現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月22日更新

【メンズ向け】気合い入りすぎ...と思われない、おしゃれストールの選び方、巻き方

371 views

ストールを買ったのですが、どうも上手く決まりません…(大学3年生・男性)


 

ファッションと一言で言っても様々な解釈や考え方があります。

トップスやボトムス、靴などを好みのブランドやスタイルからチョイスするのもファッションの楽しみ方の一つです。

「他人と差を付けたい」「もっとお洒落にみせたい」と考えた時、大切なのは小物の使い方です。

 

数あるファッション小物類の中でも、今回は「ストール」の偉い方と巻き方をご紹介したいと思います。

何気なく首に巻くだけでグッとお洒落に見え、それでいて「気合い入りすぎなんじゃない?」と思われない、ストールの選び方と巻き方チェックしてみましょう

 

ストールの選び方



単純にストールと言っても様々なタイプが販売されています。

普段ストールを愛用している方なら問題ないのでしょうが、これからストールでお洒落を楽しみたいという方なら、どんなストールを選んでいいか悩んでしまうはず。

自分に合ったストールを選びましょう。

 

サイズで選ぶ



ストールには大小様々なサイズがあります。

細めのものや太めのもの、長いものや短いものなど。

最適なサイズは後ほど紹介する「巻き方」によっても変わってきますので、バランスの良いサイズを選びましょう。

 

季節で選ぶ



ストールは首に巻くアイテムです。

「首に巻く=寒い冬」と思われがちですが、ストールは季節を問わず楽しめるファッションアイテムです。

寒い冬には厚手のものや暖かみのある素材を、暑い夏には薄手のものや清涼感のある素材を、比較的過ごしやすく涼しい春秋は中間の厚みのものを選びましょう。

 

カラーで選ぶ



ストールには様々なカラーが揃っています。

単色のものやカラフルなものまで色々です。

基本的には好みのカラーをチョイスすれば良いですが、季節感や色に反映されるイメージも大切にしましょう。

 

 

ストールの巻き方



ここからはストールの楽しみ方で重要な巻き方をご紹介します。

ストールには巻き方が沢山ありますが、どれも難しいものではありません。

自分なりの一風変わった巻き方を探してみるのも面白いかもしれませんね。

 

ワンループ



マフラーと同じ巻き方で、保温性が保てます。


出展:DAZZLE

 

1周巻き



定番の巻き方で、ファッションジャンルを問わない巻き方。


出展:DAZZLE

 

ジョルジナ巻き



解けづらく、お洒落度の高い巻き方。


出展:DAZZLE

 

プレーンノット巻き



ネクタイのプレーンノットと同じ感覚の巻き方。


出展:DAZZLE

 

グルグル巻き



シンプルだけど、首元にボリュームが出せる巻き方。


出展:DAZZLE

 

アフガン巻き



逆三角形が特徴の巻き方。

Tシャツなどの薄着にも相性は抜群。


出展:DAZZLE

 

垂らし巻き



首にかけて垂らすだけで、身長を高く見せられます。


出展:DAZZLE

 

 

いかがでしたでしょうか。

ストールにはまだまだ沢山の巻き方があります。

沢山の種類と巻き方で、無限の組み合わせがあると言っても過言ではないでしょう。

 

今回ご紹介した巻き方で楽しむも良し、自分なりのオリジナルな巻き方を見つけるも良し。

試行錯誤しながらストールでお洒落を楽しんでみてください。

 

2014年12月22日

written

by 越山若水


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop