現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月28日更新

持ってきてよかった海外旅行の便利グッズ15選

693 views

来週から海外旅行に行きます。荷造りをしているのですが、持って行った方がいい便利グッズを教えてください。(大学1年生・女性)


どの服や洗面用具を持って行こう・・・、あまり荷物が多くなるとお土産を入れるスペースがなくなる・・・、

海外旅行の準備は意外と頭を悩ませるものですね。

現地で入手するのも可能だけど、事前に日本から持っていけば便利、かつ嵩張らないグッズを15品紹介します。

 

(1) スリッパ



日本のホテルと異なり、海外のホテルはスリッパがない所がほとんどです。

ホテルの部屋内だけではなく、飛行機の長時間のフライトにも使えます。

使い捨てできるスリッパを持っていけば、現地で捨てられて荷物が減って尚便利です。

 

(2) チャック付袋型のジップロック



旅先のホテルの朝食ビュッフェで頂戴したパンやジャムの残り、ホテルの部屋にサービスでついていた果物やティーパックを日本に持って帰りたい時に使えます。

金銭的な余裕が無い時に、自分用へのお土産にも。

ジップロック ジップロック http://www.asahi-kasei.co.jp/saran/products

 

(3) 空のペットボトル



現地を歩き回る時の水分補給として、水は必需品です。

しかし、物価の高いヨーロッパなどでは水のペットボトルを毎日買うとそれなりにお金がかかります。

そんな時、飲み終わったら捨てられる空のペットボトルを数本持っていきましょう。

(中身入りでも良いですが、荷物が重くなります。)

ホテルのポットでお湯を沸かして、冷蔵庫で冷やせば水の出来上がりです。

一度沸騰済なので、衛生的な心配もありません。飲み終わったらその場で捨てられるのも便利です。

 

(4) ウェットティッシュ



海外のレストランや食堂では、お手拭きが出ない所が多いです。

お手洗いで手を洗うのもアリですが、お手洗いが無い、あったとしても混んでいる可能性があります。

ウェットティッシュが手元にあれば、観光中に汚れた手もサッと拭けます。

また、手を拭くためだけではなく、土埃等で汚れてしまった靴の汚れも落としとしても使えます。

 

(5) 割り箸と紙皿



外の売店で買ったサンドイッチ、日本から持参したカップラーメンをホテルの室内で食べたい時に便利です。

 

(6) ボールペン



飛行機内で入国カードを書く、言葉が通じにくい時の筆談用としてボールペンは常に取り出しやすいよう持ち歩きましょう。

 

(7) のど飴



観光中にのどが乾燥した時、小腹が空いた時に。旅先で知り合った外国人に〝 a kind of Japanese sweets” として差し入れるのもアリです。

(反応は微妙かもしれませんが・・・)

汗をかきやすい暑い国では、塩分補給を謳ったものが良いでしょう。

 

(8) 薬



食あたり、腹痛など旅行中に起こりがちな体調不良対策に薬を持っていきましょう。

どんな症状にも効果がある万能薬は存在しないかもしれませんが、正露丸が一般的に良いと言われています(ただし匂いがキツいです。)

旅行先で自分がよくかかりそうな症状は何か、ドラッグストア等で何の薬がお薦めか相談した上で

持参する薬を選べば尚安心でしょう。

正露丸 正露丸 http://www.seirogan.co.jp/products/seirogan/lineup.html

 

(9) 万歩計



海外旅行をするとグルメを堪能しすぎて、いつも太ってしまう・・・と心配になったりしませんか?

とは言っても折角の機会なのだから、体重の事は気にせずに思う存分グルメを堪能したいものですね。

旅行中は日常よりも歩き回るので、それなりの運動をしている筈です。

万歩計があると、自分が今日は何日歩いたか(1万歩以上なら上等)をチェックし、「今日はこれだけ歩いたから思いっきり食べられる。」と思って食事を心から楽しめるでしょう。

「明日はもっと色々な所へ行って歩き回ろう。」と意欲も湧きます。

 

(10) エコバッグ



小さく折り畳めるタイプがお薦めです。

観光中にお土産を沢山買って手持ちのバッグに入りきらない時に使えます。

 

(11) 変圧器



携帯電話やデジカメ、DSの充電に使えます。電池の残りを気にする必要がありません。

コンセントの差込口のタイプが日本と異なっていたりするので、事前にタイプを調べて変換プラグも合わせて持っていきましょう。

(変圧器とプラグはセットで販売されていたりします。)

 

(12) 旅行記系の文庫本



飛行機の中、ホテルで過ごす晩など時間が余った時に読書をしましょう。

『深夜特急』(沢木幸太郎著)等旅行体験を綴った本を読むと、旅行を楽しむ今の自分の状況と照らし合わせて共感でき、

普段より面白く読めるでしょう。

「こんな楽しみ方もあるのか・・・。」と観光先での過ごし方も良い意味で変わってくるかもしれませんね。

 

(13) 風呂敷



冷房のきいた建物内での防寒(ひざかけなど)や何か物を包みたい時に使えます。エコバッグ代わりに使うのも良いでしょう。小さく折り畳めるので持っていく時もかさばりません。

ショールみたいに羽織って、現地で日本人らしい「粋」をさり気なくアピールするのもありです。

(ただし、治安の悪い場所では目立つので避けましょう)

風呂敷 風呂敷 http://www.kyoto-musubi.com/wrap

 

(14) ヒートテック



寒い国では必需品です。セーターやトレーナーは圧縮袋を使用しても嵩張りますが、ヒートテックは温かい上に嵩張りません。気温が10度前後なのに、厚地の服を1枚もっ持っていないという緊急事態には、2枚重ねで着ると寒さが少しマシになります。

 

(15) 電子辞書



お土産店やレストランで「これは英語で何と言ったっけ?」となった時にすぐに調べられます。

うまく発音できない時は、店員さんに直接画面を見せられます。

新しい英単語をその場で身をもって学習出来るので、一度覚えたら忘れにくいでしょう。

 

以上、海外旅行であると便利なグッズを15品紹介しました。

どれもコンパクトで嵩張らないものばかり。便利なグッズを活用して快適な旅行が出来ると良いですね。

2014年12月28日

written

by


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop