現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月12日更新

20代からはお肌の下り坂…肌の老化を促進する生活習慣5つ

705 views

いつまでも美肌をキープするために20代の今からできることって何かありますか?(大学3年・女性)


「まだ20代だし、若いから大丈夫!」とスキンケアを怠っていませんか?

自分は若いつもりでも、見えないところで肌の老化は始まっています。

 

昔は夜更かしをしても肌荒れをしなかったのに・・・。

以前はこんなに乾燥していなかった・・・。

気付くと、こんなところにシミが・・・。

思い当たる節がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実は普段の生活習慣が、肌の老化をさらに進めてしまっているのです。

ここでは、肌の老化を防ぐために気を付けるべき生活習慣5つについて説明します。

スキンケア

1.UVケアを怠る



キャンプや屋外で行うスポーツ。好きな方も多いですよね。

ですがその時に、きちんと紫外線対策をしていますか?

ちょっと出かけるだけなら・・・と日焼け止めをせずに外出したりすると、シミの原因に・・・。

すぐにシミにならなくても、十年後の肌にその結果が現れます。

顔だけではなく、首や腕、足にも気を付けましょう。

最近では紫外線対策に手袋をしている方をよく見かけます。帽子も効果的です。

冬の紫外線も要注意です。

季節に関係なく、外に出かけるときには必ず紫外線対策を心がけましょう。

 

2.不規則な食生活



忙しいとどうしても偏りがちな食生活になってしまう方、栄養不足も肌荒れの原因になりますので改善することをおすすめします。

特に、コンビニ弁当、ファーストフードばかりでは、肌の健康のために必要なビタミン、食物繊維などが不足しがちに。

なかなか自炊するのが難しいという方は、なるべく野菜もとれるものを選ぶこと、サプリメントで不足している栄養素を補うという方法もあります。

また、過度な食事制限によるダイエットも、肌荒れはもちろんのこと体の不調につながります。

バランスよく食べて運動することが理想的です。

 

3.喫煙、飲酒



たばこを吸う人は、吸わない人に比べて老けて見えるという統計もあるほどです。

たばこを吸うことで血液の流れが悪くなり、シミやシワの原因になります。

お金もかかって美容にも健康にも悪いたばこ。これからの体のことを思うなら、禁煙は必須です。

 

4.洗顔方法



顔を洗うとき、クレンジングしてから洗顔フォーム、または石鹸を利用して洗顔している方も多いと思います。

この「ダブル洗顔」は、肌の負担になるとも考えられています。

刺激の強いクレンジング剤、それを使った後また洗顔をして、タオルでごしごしこすったりしていませんか?

こすりすぎると肌が炎症を起こしてしまいます。

その炎症がシミなどの原因にもなるのです。

クレンジングを使用せずにたっぷり泡立てた泡のみで洗うだけでも十分効果があります。

洗うときもこすらず、撫でるように洗いましょう。

長時間洗いすぎるのも乾燥の原因になってしまうので、一分程度が望ましいです。

タオルで顔を拭くときも、顔に当てる程度でOKです。

そのあと化粧水や乳液などできちんと保湿しましょう。

 

5.睡眠不足



「睡眠不足は肌の大敵」とよく言われますが、肌にとって睡眠はとても大事なもの。

「お肌のゴールデンタイム」というのをご存知ですか?

午後10時から午前2時の、成長ホルモンが分泌される時間帯のことです。

その時間にぐっすり寝ることができないと、肌にとって良いホルモンが分泌されません。

なるべく夜更かしをしないのはもちろんですが、質の良い睡眠を得るために、アロマやしっかりお風呂に入って体を温めることもおすすめです。

 

筆者もレポートで夜更かしをするようになり、昔は綺麗だった肌が荒れた時期がありました・・・。

20代だから大丈夫!と思うのは最初のうちだけ。

若さを保つためには、自分の生活習慣を見つめなおし、改善していくことが大切です。

美容のため、健康のために参考にしてみてはいかがでしょうか?

2015年2月12日

written

by カズナ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop