現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月3日更新

脱コミュ障!初対面で異性との距離がグッと近づく会話テクニック

1806 views

もう初対面の異性と仲良く慣れる方法を伝授して下さい!(大学3年・男性)


最近よく聞く「コミュ障」という言葉。

コミュニケーション障害の略で、極度の人見知りの人を表す言葉としても使われます。

 

そんな「コミュ障」の人が一番困るのは、初対面の異性と話をするとき。

同性ならまだしも、異性とどんな話をしたら良いのかわからいし会話も続かない…。

あまり人と話慣れていないと余計に悩みますよね。

 

しかも、その相手に好意を抱いていたら…。

なるべくなら会話を楽しんで、相手に好印象をもってもらいたいものです。

実は、いくつかのポイントに気を付けることで、異性との距離を近づけることができるのです。

ここでは、そんなときに役立つ会話のテクニックをご紹介いたします。

会話

◆相槌を打つ



相手の話に対して、どんなリアクションをしていいかわからず黙ってしまったり、反応が薄くて「ちゃんと話を聞いているの?」と言われたりしたことはありませんか?

重要なのは会話をつなげることです。

「そうなんだー」、「ふーん、なるほど」という簡単な言葉で構いません。

相手の話に対して「うんうん」と相槌を打つだけでも「話を聞いてくれている」と思ってもらえます。

食事をしているときなど、「これすごい美味しいね!」というようなオーバーなリアクションが好ましい場面もありますが、不必要にオーバーリアクションだとかえってうそくさくなってしまうこともありますので、自然にしているのが一番です。

 

◆相手に同意する



例えば、「今日は天気がいいね」「そうだね、いいお天気だね」というように、相手の発言に対してオウム返しをするような感じです。

ただ、ずっと同じように言葉を返してばかりだと「自分の考えがない人」と思われかねません。

上記のような天気の話題だと、「今日は天気がいいね」「そうだね、今日の最高気温は○度らしいよ。最近の気温よりちょっと高いよね」など、すこし情報をプラスしたりして、「自分で考えて話をしている」感じを出す工夫も大切です。

 

◆聞き上手になる



コミュ障の人は、自分から話題を提供できないという特徴があります。

そんな時には、聞き役に徹しましょう。

初対面で話しなれていない人が相手の場合はとくに、相手のことを知るためにも話を聞くことを心がけるのが良いです。

相手の話題に対して興味を持つようにし、質問をしてたり、褒めるポイントがあれば褒めるようにするのがポイントです。

「すごいね!」「私もそれやってみたいな~」など、簡単な言葉で構いません。

「話し上手」は「聞き上手」と言います。

まず「聞き上手」になり、会話のコツをつかみましょう。

 

◆困ったときは笑顔



相手の話に対して、仏頂面で聞いていては「楽しくないのかな・・・」と思われてしまいますよね。

その話題にもよりますが、なるべくなら笑顔で聞くことを意識しましょう。

真剣な表情が必要な話題や悲しい出来事に対しては別ですが、たいていの話は笑顔で乗り切れます。

どんな表情をしていいのかわからない時には、「とりあえず笑顔」でカバーしましょう。

 

 

いかがでしたか?

このように少し気をつけるだけで、会話が弾みやすくなります。

脱コミュ障のために、以上のポイントを参考にしてみてください。

2015年2月3日

written

by カズナ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop