現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月3日更新

一富士ニ鷹には続きがあった!初夢で見ると縁起のいいものまとめ

293 views

初夢でよく言われる一富士二鷹三茄子ってどういう意味ですか?(大学1年・男性)


一富士二鷹三茄子と言えば誰もが聞いたことがある初夢で見ると縁起の良いものとされていることわざですが、実はこのことわざに続きがあるのをご存知でしたか?

このことわざ、実は江戸時代に出来たことわざとしてとても古くから親しまれているものです。

実は今まで見ていた夢が知らないところで縁起の良いものだった可能性があります。

三茄子以降にはどんなものが続くのか、このことわざの続きを紹介していきます。

一富士二鷹三茄子

画像出典:Maniackers Design

1.四扇(しおうぎ)



扇を広げた状態を想像してみてください。

扇は持ち手の部分から先端に向けて末広がりになっています。

末広がりは縁起が良いとされています。

実は四扇は一富士と対応しており、富士山も扇と同様に上から下にかけて末広がりとなっているので子孫や商売などの繁栄を意味しています。

富士山にはこの他にも富士が不死に通じるという意味も含まれています。

 

2.五煙草(ごたばこ)



煙草については諸説ありますが、一番有力とされている説は煙が上に昇っていくからだとされています。

上に昇っていく、つまり上昇という意味から、運気の上昇を願っているとされています。

五煙草も一富士・四扇と同様に、二鷹と対応しています。

鷹は空を飛んでいることから上昇するという風に取られ、五煙草と同じく運気上昇を願っているものとされています。

この他に、煙草はお酒とともに、お祭りやお祝い事などの人が集まる席には欠かせず、場を盛り上げたり和ませたりするのに欠かせないという説もあります。

しかし鷹と対応していることを考えると、前者の上昇の方が正しいと言えるでしょう。

 

3.六座頭(ろくざとう)



座頭はあまり知られていない言葉なので、先に座頭について説明していきます。

座頭とは、琵琶法師の座に所属している人の中で、剃毛した(毛を剃った)盲人のことを意味しています。

これがどうして良い意味に繋がるのかというと、「毛が無い」という言葉をもじって「怪我無い」という風に言いかえているからだとされています。

これも今までと同様に三茄子に対応していますが、茄子も毛が無い野菜という理由から怪我の無い、つまり家内安全を意味しているとされています。

 

4.四葬礼五雪隠(しそうろうごせっちん)



これは四扇五煙草六座頭とは違いますが、四はそのまま葬式を、五の雪隠は便所のことを意味しており、これを四扇五煙草の代わりに使うという文献も存在しているとされています。

ですが、これはマイナーであり、幅広く知られている四扇五煙草六座頭が定説と考えると良いでしょう。

 

如何でしたか?

一から六までのどれかを夢で見れば縁起が良いこととなりますので、今までの初夢を覚えている範囲で振り返ってみると良いかもしれませんね。

座頭などはイメージしにくい事もあり初夢としてみるには少し難しいと思いますが、良い夢が見られるように寝る前に少しの努力をしてみると良い一年を迎えることができるかもしれません。

良い初夢が見られるように頑張ってみましょう。

 

 

2015年2月3日

written

by マナティ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop