現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月3日更新

魅力的な笑顔になれる♡5つの表情筋トレーニング法

230 views

笑顔が苦手です。どうすればもっと自然な笑顔になれるのでしょうか?(大学2年・女性)


「表情が硬い。」「笑ってるの?怒ってるの?」自分では笑顔で会話をしているつもりなのに、なぜかそんな風に見られてしまうこと、ありませんか?

表情筋を鍛えることで、喜怒哀楽を自然に表現できるようになれます。そして、なんと若返りと老け顔防止にも効果があるのです!

簡単なトレーニンを紹介していきます。

スマイル

1.まずはウォーミングアップ。



手元に鏡を用意しましょう。洗面所の鏡でもかまいません。

鏡に向かって笑いかけてください。

ニコニコ笑顔→元の顔。これを5秒間隔で10回続けてください。

慣れてきたら、怒ってください。

ほっぺたを膨らませた、しかめっ面。

続けて、悲しんでください。

今にも泣いてしまいそうな、口先と目じりを下げた、周りの同情を誘いそうな表情です。

笑顔→怒った顔→悲しい顔

同じく5秒間隔で10回続けてください。

はじめは難しいかもしれませんが、これで顔全体の筋肉をほぐします。

 

2.目元の筋肉を鍛える



目を大きく見開いてください。

そして、ゆっくり閉じて、最後はぎゅっと目を瞑りましょう。

次は、片目だけを大きく開いてウィンクしてください。これを、左右交互に行いましょう。

目を開閉する為の眼輪筋(がんりんきん)を鍛えることで、目尻のしわや上瞼のたるみを防止します。

 

3.頬の筋肉を鍛える



「お」の発声の時の口の形を作ってください。そのまま、頬を縦に伸ばすように口を開きましょう。

その表情から、「あ」を発声しながら、口を横に伸ばしてください。

「あー」「おー」と発声しながら10回繰り返し、3セット(計30回)行いましょう。

頬筋を鍛えることで、顔の表情が一気に変わります。表情を作るのが苦手な方は、始める前の頬の出っ張りの位置を覚えておいてください。しばらく続けると、自分でも気づく位に出っ張りの位置が上がっているかも知れません。

 

4.口元の筋肉を鍛える



口を大きく開けて、「あ、い、う、え、お」と発声してください。

とにかく大げさに、口を動かします。これも10回繰り返し、3セット行いましょう。

最後に、口の両端をゆっくり上げて笑顔の口を作ってください。これを10回繰り返しましょう。

口の表情を作る口輪筋(こうりんきん)を鍛えることで、口元のしわやたるみを防止します。

 

5.顎のラインを引き締める



少し上を向いて、唇を思いっきり突き出し、「う」の口の形を作ってください。

続いて、思いっきり横に伸ばして「い」の口の形を作ってください。

「う」「い」の形を繰り返し10回行いましょう。

顎のラインを引き締める、頤筋(おとがいきん)を鍛えることで、二重顎になるのを防止します。

 

これらを行うときは、なるべく鏡の前で、自分の表情を見ながら行ってください。

また、毎日続けることが大切です。朝起きて歯磨きの時一緒に、夜お風呂の鏡の前で、寝る前にトイレに行くついでに!いつでも出来るトレーニングなので、ぜひ実践してみてください。

慣れてきたら、鏡がなくても感覚で出来るので、人前でやるのはさすがに恥ずかしいかと思いますが、ひとりの時にコソっと鍛えることもできちゃいます。

自分では喜怒哀楽を表現しているつもりでも、周りから無愛想だと思われてしまってる。

年齢より老けて見られることが多くて切ない。そんな悩みを抱えている方も少なからずいるのでは?

そのような方は、表情筋を鍛えることで改善されるので、トライしてみてください。

2015年2月3日

written

by さぉりんぐ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop