現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月26日更新

実は細菌だらけ…!「おへそ」の掃除方法

2070 views

おへそのゴマが最近気になります。

どうやって手入れしたらいいですか?(大学1年生・女性)


へそ

 

普段「おへそ」のお手入れはしていますか?

おへそは汗や垢、汚れが溜まることで細菌が発生し、それが原因でニオイまで発生してしまうこともあるんです…。

正しいお手入れ法をマスターして綺麗なおへそを手に入れましょう!

 

おへそはいじってはいけない?



「おへそをいじってはいけない」と聞いたことはありませんか?

おへそのお手入れをしていない人の多くはこれを理由におへそに触らずにいることが多いようです。

「おへそをいじるとお腹が痛くなる」なんていう声もありますが、実際のところはどうなのでしょうか。

 

お腹が痛くなる原因



おへその中はとても皮が薄く、更にそのすぐ下には内臓を包む腹膜があります。

腹膜には痛みを感じる神経が沢山集まっていることから、おへそをいじりすぎると神経が刺激されてお腹が痛くなってしまうことがあるのです。

 

ニオイ予防にはお手入れを



おへそはデリケートな部分ですので必ずしも掃除をしなければいけないわけではありませんが、放っておくと汚れから細菌が発生し、ニオイの原因となってしまいます。

おへそはいじりすぎると良くありませんが、丁寧に扱えばお手入れも可能です。

汚れが気になってきたら刺激をしないよう優しくお手入れしましょう。

 

おへその掃除方法



オリーブオイル

とにかくこすらず、優しくお手入れすることがポイントです。

おへその中は非常にデリケートであることを忘れずに、ゆっくりゆっくりお手入れしましょう。

大手バラエティショップではおへそ掃除の専用セットも発売されていますが、今回は身近なものを使った簡単な掃除方法をご紹介します。

 

用意するもの



オリーブオイルもしくはベビーオイル、めん棒、ティッシュ

 

手順1 おへそ周りを清潔にする



おへそのお手入れは入浴後がベストです。

お風呂でおへそ周りや手をよく洗って清潔にします。

入浴によって汚れもふやけるのでお手入れがしやすくなるメリットもあります。

 

手順2 オリーブオイルやベビーオイルをおへそになじませる



汚れを取りやすくなるよう、おへその中にオイルをなじませます。

なるべく刺激をしないためには、仰向けになって少量垂らすのも良いでしょう。

汚れを浮かせるために少し時間を置くとより効果的です。

 

手順3 めん棒で優しく汚れを取る



めん棒の先にオイルをしっかりとしみこませ、優しく丁寧におへその汚れを取ります。

おへその皮は非常に薄く傷がつきやすいので決してこすらないようにしてください。

 

手順4 おへそ周りをティッシュでふき取る



めん棒でおへその汚れを取ったあとは、おへそ周りに残ったオイルをティッシュで優しくふき取ってお手入れは終了です。

 

以上でおへそのお手入れは終了です。

おへそはデリケートな部分ではありますが、そのお手入れは意外と簡単なのです。

お掃除にはオリーブオイルやベビーオイルなど滑りの良いオイル系をオススメしますが、無い場合にはボディミルクなどでも代用可能です。

正しいお手入れ法で綺麗なおへそを是非キープしてくださいね。

2014年12月26日

written

by おとあめ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop