現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月24日更新

こんなに細かいところで差がつく!気になる人に好印象を与える「挨拶」の方法

10841 views

 気になる異性に挨拶で好印象を与える方法ってありますか?(大学2年生・女性)


挨拶挨拶は、コミュニケーションの第一歩。

相手と顔を合わせたとき、一番初めにかわす言葉です。

挨拶の仕方で、相手に与える印象は大きく変わります。

そっけない挨拶をされたら、冷たく感じます。

丁寧に挨拶をされたら、いい印象を受けます。

その挨拶で、気になる人に好印象を与えられたら、とても嬉しく、素敵なことだと思いませんか?

好印象を与えるには、大きなことをしなくてもいいのです。

少しのこと、細かいところを変えれば、相手に好印象を与えることができます。

ここでは、主に気を付けることを、3つ紹介します。

 

1.目を見て、微笑みながら挨拶



 

相手の目を見て挨拶するだけでも、だいぶ印象が違いますが、それに笑顔もプラスすると、更に印象が良くなります。

しっかりと目が合うと、相手に受け入れられているように感じます。

笑顔もあれば、もっとそう感じるでしょう。

目があって、笑顔を向けられて、嫌な人はいません。

相手や、自分が急いでいるときも、目を合わせて、笑顔で会釈をするだけでも、かなり良い印象が与えられます。

仲がいいのであれば、手を振ってみてもいいでしょう。

それだけで、好意的な挨拶ができます。

まずは、目を見て、笑顔、が大切です。

 

 

2.名前を呼ぶ



 

笑顔で挨拶をするとき、「おはよう」などの言葉の前に、相手の名前を付けると、ぐんと印象が上がります。

あなただけに言っているのだと、伝わりやすい方法です。

相手も、名前を呼ばれて、悪い気はしません。

むしろ、嬉しく思うでしょう。

仲のいい相手でも効果的ですが、顔見知り程度の気になる相手でも、名前をつけることはかなり効果的です。

自分のことを知ってくれている、と嬉しく感じるでしょう。

自分を知ってくれている相手に、悪い印象は持ちません。

好意的な印象が残ります。目が合う前に、名前を呼んで気づいてもらうのもいいですね。

名前を呼ぶということは、相手をきちんと認識している、ということです。

自分を受け入れてくれている、と相手も感じやすいです。

「○○さん、おはよう」と笑顔で言われれば、相手も自然に笑顔になるでしょう。

 

 

3.挨拶プラス一言



笑顔、名前、挨拶、にもう一つ。

何か一言をつければ、もっといい印象が与えられます。

難しいことを言わなくても、簡単な一言で大丈夫です。

「〇〇さん、おはよう。今日天気いいね。」でもいいのです。

相手が急いでいれば、無理に一言つけなくてもいいのですが、余裕があるなら、一言つけた方がよりいいですね。

それがきっかけで、会話が弾むかもしれません。

そうならなくても、丁寧な印象が与えられて、印象アップです。

 

いかがでしたか?

挨拶はコミュニケーションで初めに行うこと、大切なものです。

目を合わせて、笑顔で、名前プラス挨拶と一言。

たったこれだけで、普通に挨拶をするより、いい印象を与えることができます。

いい印象を与えるには、大きなことはしなくていいのです。

こういった、細かいこと、些細なことに気を付ければ、与える印象がかなり変わってきます。

この記事を読んで、気になる相手にいい印象を与えることができたら、とても嬉しいです。

挨拶を使いこなして、気になる相手に素敵な印象を与えましょう!

2015年2月24日

written

by


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop