現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月10日更新

ガクブル…女性の褒め言葉に隠された裏の意味10例

9494 views

女の先輩に「かっこいい~」などとよくほめて頂くんですが、先日その人が自分のことを嫌っているという話を聞きました…もう何も信じられません。ほめ言葉にはどういった意図があったのでしょうか。(大学1年生・男性)


日本人の人間関係に社交辞令やお世辞はつきもの。

とくに、それが男女の関係になると一見キレイな褒め言葉に隠された本当の意味があったりするものです。

ここではよく耳にする褒め言葉の中にある、女性の心の中をご紹介します。

女性の言葉の裏の意味

 

①ノリいいね!



おそらく、うるさがられています。

意外と笑いにシビアな女性は多いものです。

流行りのギャグや大きな声に頼らず、話題の面白さで勝負してみては。

 

②お洒落だね!



はりきってお洒落してきたのがバレています。

凝りに凝った色・柄合わせの重ね着や、派手なアクセサリーをじゃらじゃら身につけていると、「中身のない人」と思われてしまいがち。

強いこだわりは表に出さず、シンプルで 身の丈に合った装いを心がけましょう。

 

③モテそうだね!



「軽そう・チャラそう」の裏返しです。

「彼女できなくてさ~」への対応として、とりあえず「え~?モテそうなのにね」と言います。

ただし、気のある男子に向けられた場合は「私以外にも彼女候補がいっぱいいるのでは?」

という不安をぶつけている場合もあるのでご注意を。

 

④しっかりしてるね!



大勢集まる飲み会や皆で何かを決めるときやたらとに言われたら、「あなたは幹事に徹してね」のサインです。

女は、気になる男子には酔っ払いの介抱や集金で席をはずしたりして欲しくないのです。

「その他大勢」でこっそりと仲良くなるチャンスをうかがっていますからね。

うまく回避するか、腹をくくって仕切りまくりましょう。見てくれてる人もきっといます!

 

⑤可愛い!



女性にとっての「可愛い」に深い意味はありません。口癖みたいなものですから。

たいして仲良くもない人から「可愛い!」と褒められたら、顔・持ち物・しぐさ・発言など、どこに対する発言であってもあまり気にしないでください。

 

⑥エコだね!



あなたのセコさが見破られています。

こまめに電気を消す・マイ箸を持ち歩く、など素晴らしいことですが「男のくせに細かいな」と思われている可能性大。

日々の生活でエコを推奨し実践している女性なら、いちいち「エコだね!」と褒めたりしません。

 

⑦イケメンだね!



「イケメン風だね」という意味。

女性は、キムタクや福山雅治と対面して「イケメンですね!」とはきっと言わないでしょう。

「まぁ顔ぐらいしか褒めるところなさそうだから言っとくか・・・」というやっつけ感は否めません。

イケメンの自覚がなければ「この子には俺がイケメンに見えるのかも!」なんて浮かれないことです。

 

⑧いいお父さんになりそう!



よほど子どもを意識したお付き合いでなければ、彼氏が「いいお父さん」である必要はありません。

ましてまだ付き合いの浅い段階において女性は、好きな男性に結婚を意識しているのがバレたくない、重たいと思われたくない、と考えるもの。この褒め言葉にあまり意味を持たせないでください。

「いいお父さんになりそう」は、あなたの優しげな人柄をピックアップしてちょっと言ってみただけです。

 

⑨強~い!



体なのかメンタルなのかお酒なのか。何が強いのかはいろいろですが、本気で褒めてはいません。

狩猟民族じゃないんだから、強さもさほど必要ありませんよね。

だいたいが「ガサツね~」のプラス表現と言って良いでしょう。

 

⑩気がきくね!



飲食店でのバイト経験があるからと言って、飲み会で率先して料理を取り分けたり、やたら要領よく空いたお皿をまとめたりされると、女性はこう言うしかありません。

しかし内心は「男らしくドンとかまえててよ!」と思われていることも。

皆に席がえを促す時や、大きな声で店員さんを呼ぶ場面などで活躍しましょう。

 

いかがでしたか?

少し辛口になってしまいましたが、本気であなたを褒めている場合もあるので気を落とさないで。

基本的にはどんな美人に褒められたとしても、自分をきちんと客観視できてさえいれば、浮かれ過ぎて感違いをしたり、振り回されることもないはずですからね。

ちなみに私は、とくに褒め所の見あたらない男性との会話が途切れて困ったときには「お肌が綺麗ですね」

「福耳ですね」と、本気で褒められるところをどうにか探すようにしています。

2015年2月10日

written

by yui


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop