現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月24日更新

特長を活かそう♡女性の血液型別恋愛傾向まとめ

752 views

私は自分の血液型にいいイメージがありません。

恋愛に血液型って良いように使えないでしょうか?(大学2年生・女性)


 

血液型占いは昔から多くの人々の興味や話題となっています。

人生の岐路に立つ時、一つの手段として占いを取り入れることもあるでしょう。

タロットカードやトランプ占い、手相や人相占いなどたくさんあります。

ここでは女性の立場から各血液型の特長を調べ、恋愛傾向をみていきたいと思います。

美人

 

それぞれの血液型特長



ここでは人口比率、長所や短所を見てみましょう。

 

A型の特長



A型は人口比率38%です。血液型の中で一番多いのがA型ということになります。

真面目で几帳面、さらに責任感が強いA型は堅実で努力家なので、学校や職場での信頼は厚いです。

気配り上手で協調性が高いこともあげられます。

但し、仕事や人間関係において神経質で頑固な部分もあります。

トラブルになると精神的に弱く、落ち込みが激しい傾向にあります。

 

O型の特長



O型は人口比率31%です。行動力があり親分肌、大らかで裏表ない人間性が愛されます。

さらに話し上手で適応力が抜群の楽天家です。

その裏で大雑把な部分や負けず嫌いなところがあるようです。

 

B型の特長



B型は人口比率22%です。社交的で好奇心旺盛、明朗活発なB型はリーダー的存在です。

行動がマイペースで好き嫌いが激しく自己中心的なところがあります。

興味があることには集中しますが、興味がない場合は無関心なようです。

 

AB型の特長



AB型は人口比率9%です。血液型の中で最も少ないのがAB型です。

感受性が強いAB型は独創的でクール、知的な印象を与えます。

オシャレでセンスがありハイレベルを目指す傾向があります。

社交的な反面、打算的で冷淡、二面性があると思われがちです。

 

それぞれの血液型相性



それぞれの血液型の特長から、どの血液型の男性との相性が良いかを見ていきます。

 

A型の女性→O型、A型の男性との相性が良い

O型の女性→O型、A型の男性との相性が良い

B型の女性→O型、B型の男性との相性が良い

AB型の女性→A型、O型の男性との相性が良い

このようにそれぞれ相性が良いとされる男性の血液型が表されます。

 

特長を活かした恋愛



血液型に分け、それぞれに長所も短所もあることがわかりました。

では、その特長をどのように活かして良い恋愛をしていけばよいでしょうか?

失恋した女性

 

A型の恋愛



A型女子は慎重になり過ぎ、脈があるかを確かめてからアピールを始めます。

そのため告白のタイミングを逃してしまう傾向があります。

結婚願望が強く、ダメ男に引っかかってしまうこともあるので注意が必要です。

時には積極的な行動に出ることで相手を驚かせると、心を惹きつけることができるでしょう。

心にゆとりを持ち、恋愛を楽しむことを心がけてみましょう。

 

O型の恋愛



社交的で面倒見が良いため頼りがいがあるのがO型女子です。

ストレートな気持ちが思わず態度に出てしまいます。嫉妬深く独占欲も強いです。

その姉ご肌で大らかな部分を活かすと年下男性の心をわし掴みできそうです。

ストレートな部分を見せたり隠したりコントロールすると、ますます魅力的な女性の印象です。

 

B型の恋愛



積極的で誰とでも打ち解けるのが早いのがB型女子です。

デリカシーのない行動が誤解を招く結果に導いてしまうこともあります。

気付いた時には嫌われていた、なんてこともあります。

距離感を大事にして持ち前のユーモラスで楽しい関係を築きましょう。

常に相手の気持ちを考えた行動をしていきましょう。

 

AB型の恋愛



本心や感情を表さないため、何を考えているのか分からないと思われがちなAB型女子。

不器用で悪気はありませんがそこに冷たさを感じるようです。

理想が高く、恋は追いかけたい方です。

知的な印象も大事ですが、お高くとまっているように見られないよう心がけましょう。

自分の世界に引き込んで、頼りがいのある女性を演出しても良いですね。

 

 

いかがでしたか?

自分の血液型で見ながら、参考になる部分は是非取り入れていただきたいと思います。

恋愛は血液型だけで判断できるものではありません。

ですが、欠点を克服し長所を伸ばすことで良い方向に向かう傾向があることは間違いありません。

女子力を十分に発揮し、素敵な恋をゲットしましょう!

2015年2月24日

written

by tris


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop