現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月26日更新

究極の自然派ヘアケア「塩シャンプー&酢リンス」で傷みのないキレイな髪へ

2843 views

最近どのシャンプーを使っても髪の調子があまりよくありません。何か良いシャンプーはないでしょうか?(大学2年生・女性)


髪がサラサラしていたりしっとり感があったりすると嬉しいですよね。

自分に触れる髪の感触や、他人の目に映る髪の美しさに、自然と笑顔になれるのではないでしょうか。

しかし、気をつけているつもりでも、知らずに髪は傷みやすいデリケートなものでもあります。

ですから、塩シャンプー&酢リンスという天然成分満載のヘアケアで、究極の自然派美髪を目指しましょう。

塩酢シャンプーで髪質アップ

髪が傷むって一体どういう状態だろう?



髪が傷むと、パサパサしたりゴワゴワしたり、あるいは、ボリュームがなくなったりしますよね。

枝毛や切れ毛、抜け毛が多くなる場合もあります。

何故、このような状況に陥ってしまうのでしょうか。

毎日、当たり前のようにブラッシングをしていますが、実は、櫛と髪が摩擦することによってキューティクルを痛める可能性があるのです。

だからこそ、髪が櫛にひっかからないようなサラサラした綺麗な髪を保ちたいですよね。

また、ドライヤーで熱風にあてたり、シャンプーの洗浄成分が強かったりすると、頭髪部に必要な適度な水分や皮脂が不足気味となり、髪がパサパサしがちになります。

だからこそ、しっとり感を失わない髪の状態をうまく保てるようなヘアケアが必要なのです。

このように髪が傷まないような洗髪をすることが可能になるのが、塩シャンプー&酢リンスですね。

塩や酢といった調理にも利用するアイテムなので、安心して使えるのではないでしょうか。

塩酢シャンプーで髪質アップ

塩シャンプーって一体何だろう?



塩シャンプーとは、その名の通りに洗髪料として塩が使われているものです。

ちょうど洗面器にいっぱい湯を張って、その中に小さじ1杯~大さじ1杯くらいの天然塩を入れます。

あくまでも天然の塩を使うことが大切で、塩の量は多少の増減は好みで可能です。

塩シャンプーのやり方としては、まず、軽く髪を湯ですすぎます。

次に、洗面器の塩シャンプーをすくって、髪にかけてマッサージをするのです。

地肌のマッサージを優しくするつもりで、そっと指の腹でやりましょう。

最後に、湯できちんと洗い流して終わりです。

この塩シャンプーを続けることによって、地肌に残りやすかった不要な皮脂が洗い流され、適度に皮脂が存在する状態になります。

そのため、洗髪後のパサパサしたりゴワゴワしたりする感触がなくなり、しっとりとサラサラヘアを保てるようになるのです。

塩酢シャンプーで髪質アップ

酢リンスって一体何だろう?



シャンプーをした後は、リンスでしっとり仕上げたい人は少なくありませんよね。

酢リンスで、お手軽にしっとり髪に仕上げられるので便利です。

ちょうど洗面器にいっぱい湯を張って、その中に、塩シャンプーと同じ要領で小さじ1杯~大さじ1杯の酢を入れましょう。

酢にはいろいろ種類がありますが、基本的にはどれも好みのものを使うと良いですね。

洗面器の中に髪を浸けるのでも構いませんし、酢リンスをすくい取ってから髪になじませていくのでも構いません。

数分間、洗い流さずに髪になじませたまま置きます。

その際に、軽く頭皮マッサージをするのも良いでしょう。

それから、きちんと髪を洗い流して終わりとなります。

この酢リンスを続けることによって、雑菌等による頭皮の毛穴部分のトラブルがなくなります。

そのため、髪が健康になり、しっとり感が出てくるのです。

また、髪に滞留しがちな余分な汚れや皮脂による匂いもなくなり、サラサラヘアを保ちやすくなりますね。

 

このように、塩や酢といった天然のものを活用したシャンプー&リンスは、適度な洗浄力を発揮するのです。

必要な皮脂や潤いを残しますから、髪がぱさついたりごわついたりすることもなく、美しい髪へと改善・保持する効果が期待できます。

 

2014年12月26日

written

by うぉーく


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop