現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月28日更新

お気に入りだから長持ちさせたい!正しいレザーアイテムの手入れ方法

1142 views

最近レザーのジャケットを買ったのですがどう手入れしたら良いのか分かりません。(大学2回生・女性)


レザーのジャケットを着た女性

秋冬になるとレザージャケットやコートなどが大活躍しますよね。

でも、レザー製品はお手入れが大変、頻繁にクリーニングにも出せないし…なんて悩んでいませんか?

本格的なメンテナンスは本職の方におまかせするしかありませんが、日頃のお手入れは自分でも出来るんですよ。

ちょっとしたひと手間で、お気に入りのレザー製品を美しく長持ちさせることができるんです。

そこで今回は自分で出来るレザー製品のお手入れ方法についてご紹介します。

 

買ったらすぐにしておきたいこと



レザー製品を買ったらまずやっておきたいのは、レザー表面を「防水保護」することです。

防水保護することで、突然の雨や雪、食べこぼしなどからレザー製品を守ってくれます。

使用し始めてからも、月に1回くらい防水保護すると更に良いでしょう。

 

レザー防水スプレー

Collonil/コロニル社 防水スプレー 布からバックスキン、ヌメ革までOK!(出典:Amazon)

 

日頃のお手入れ①ブラッシングと乾拭き



革の表面には、人間の皮膚と同じように小さな「穴」が無数にあります。

その穴にホコリや汚れが入り込むと、なかなか取れませんし、レザー全体が白っぽく見えたりします。

ホコリや汚れを溜めないために、着用後は柔らかい馬毛のブラシで表面を優しくブラッシングしてあげましょう。

柔らかい布で乾拭きするのもよいでしょう。

どうしても汚れが気になるようなら、濡らして硬く絞った柔らかい布で拭いてください。

水拭きした後は、乾燥と保湿を行いましょう。

 

レザー用 馬毛ブラシ

コロニル Collonil 皮革に優しい 馬毛ブラシ(出典:Amazon)

 

日頃のお手入れ②保湿



冬は空気が乾燥して、お肌がカサカサしますよね。

革製品も人の皮膚と同じで、乾燥は大敵です。

表面が渇いていると感じたら、乳液状の保湿ローションを塗り込みましょう。

保湿だけでなく、革に適度な栄養も補給してくれます。

やり方は簡単。

革専用のローションを布にとり、全体に薄く塗り込みます。

たったこれだけで、栄養が革に浸透し、柔らかさや色の鮮やかさが戻ります。

仕上げに乾いた柔らかい布で乾拭きするのも忘れずに。

 

日頃のお手入れ③内側のお手入れ



レザージャケットやコート、スカートなど、着用すると汗や雑菌が気になりますね。

そのままにしておくとカビが生えたりして革を痛めてしまいます。

着用後は内側に、革製品にも使える除菌消臭スプレーをしておきましょう。

スプレー後は風通しの良いところで湿度を飛ばしてくださいね。

 

水に濡れてしまったら



気をつけていても突然の雨や雪、食べこぼしなどで濡れてしまうこともあります。

もしも濡れてしまったら、乾いたタオルなどで押すようにして水分を取りましょう。

良く拭いたら形を整えて風通しのよい所で陰干ししてください。

濡れた革をゴシゴシ擦ったり強く絞ったり、ドライヤーなどの熱で乾かしてはいけません。

革が硬化したり、変質・変形等の原因となります。

また、乾燥させすぎると、革に必要な水分まで同時に抜けていってしまいます。

乾いたら、革専用ローションなどで保湿も忘れずに行ってくださいね。

 

カビが生えてしまったら



小さなカビなら自分で処理できる場合もありますが、基本的にはクリーニングに出してください。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

ちょっとしたコツさえ分かれば、レザー製品のお手入れは難しくありません。

面倒だといわず、日頃のお手入れをちょっとだけ頑張って、大切なレザー製品を美しく長持ちさせてくださいね。

 

2014年12月28日

written

by 莉緒


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop