現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月10日更新

男女ともにモテテクに応用可!「アロソン不貞の法則」とは

1467 views

最近いい人に出会う機会はあるのですが、なぜか恋愛に発展しません。どうしたら恋愛まで持ち込めるでしょうか。(大学3年生・女性)


学校・職場などで異性との出会いはあるものの、なぜかいつも恋愛に発展せずに友達で終わってしまう。

自分に魅力がないのかしら・・?と思っているそこのあなた!

魅力ではなく、アプローチの仕方が悪いのかもしれません。



今日は、心理学を用いたモテテクをご紹介します。

恋愛のみならず、あらゆる社交場で使えるテクニック。その名も、『アロソン不貞の法則』です。

 

アロソンとは?



エリオット・アロンソン

画像出典

エリオット・アロソン(Elliot Aronson)は社会心理学者で、カリフォルニア大学サンタ・クルーズ校の名誉教授です。

認知的不協和 (cognitive dissonance) などの研究で有名です。

 

不貞の法則って??



アロンソンが発表した「アロンソンの不貞の法則」は、心理学的に「承認欲求」を利用したものです。

 

承認欲求とは



人間は他者を認識する能力を身につけ、社会生活を営んでいくうちに、「誰かから認められたい」という感情を抱くようになる場合が多い。

この感情の総称を承認欲求という。(Wikipediaより)

 

そしてアロソンはさらにこの承認欲求に対して「古くからの親しい知人に褒められるよりも、新しく馴染みのない人から褒められる方が、人の心に響きやすい」と考えました。

例えば長く連れ添った奥さんや旦那さんに、「あなたは本当に優しい人だ」と褒められたとします。

もちろん褒められるのは嬉しいですが、正直あまり心には止まらないですよね。

「あ、ありがとう。」と流してしまうことが多いでしょう。

しかし、初対面の人に全く同じ言葉をかけられるとなぜかドキッとしてしまうはず。

前者よりもはるかに「嬉しい!」と思うケースが多いのです。

これは恋人がいるか、結婚しているかは関係なく、誰にでも当てはまる欲求なので「不貞の法則」と言われています。

 



 

実際とある探偵事務所の統計で浮気の実態を調査すると、初めて男女が会話をしてからほとんど半年以内に不倫関係に発展するのだそうです。

逆に1年以上肉体関係に発展しない場合は、ほとんど友達で終わるのだとか。

 

大切なのは、「知り合ったばかりのとき」



不倫だけでなく恋愛で大事なのは「最初の接触」です。

初めて会った異性に対して相手を褒めると、相手はあなたに対して自然と特別視してしまいます。

なのでもし気になる異性がいて、その人とまだ会話をしたことがなければ大チャンス!

この法則を利用して、恥ずかしがらず相手を褒めると進展の度合いがだいぶ変わるはずです。

 

この法則はあらゆる場面で活用できます!



仕事関係でもこの法則を活用できます。

会話が苦手な方や何を話せば良いか困っているときは、相手の趣味や特技を聞き出して、その分野の話をすると盛り上がります。

例えば旅行好きな人であれば、「今度旅行したいと思っているんですけど、どこかオススメの場所ありますか?」

と聞いてあげるだけで、“相手の関心・自信があるものの話をする=相手は話すことで喜びを得る=相手の承認欲求を満たす”ということになるのです。

相手を褒めるということはあざとく感じるでしょうが、褒められて嫌な気持ちになることはありません。

ただ、程度は考えましょう。

毎度毎度褒めていても嘘くさく聞こえるので、相手が悩んでいることや自信がない部分で褒めてあげれば喜びは大きいはず。

 

いかがでしたでしょうか?

心理学に基づくテクニックはどんな性格の人にもほとんど通用する心強い方法ですよね。

まずは恥ずかしがらず、躊躇しないこと。

相手に好意をきちんと示すことが大事なのです。

一度是非試してみてください!

2015年2月10日

written

by emi


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop