現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月28日更新

スタミナ満点!お店の牛丼を自宅で再現できる5つの隠し味

4058 views

自宅でも、外で食べる牛丼の味を再現したいです!(大学2年生 男性)




画像出典:吉野家

スタミナ満点の牛丼屋さんの牛丼をおうちでも食べたい!
自分の好きな量で食べたい!家から出たくない!近くに牛丼屋さんが無い!
理由は色々あるかとは思いますが、おうちでも簡単に牛丼屋さんの味を再現できます。

材料は牛肉と玉ねぎ、ホカホカご飯があればOKです。
お店の味を自宅で再現できる調理法・5つの隠し味をご紹介しましょう。

 

材料



分量(一人前)
お湯    100cc
玉ねぎ   1/4
牛バラ肉  80g~(お好みで増やしてもOK)

しょうが  少々
醤油    大さじ1
本だし   小さじ1
酒     大さじ1.5
砂糖    大さじ1/2
塩     少々

※お好みで紅しょうが・七味など

 

手順



 

①まずお鍋にお湯を沸かします。
沸かしている間にしょうがをすりましょう。
小さじのスプーン山盛りくらいの量すりましょう。
無ければチューブのしょうがで代用しましょう。

②お湯が沸騰したら本だしをいれスライスした玉ねぎを少し柔らかくなるまで煮ます。
1人前なら本だしは小さじ1くらいで大丈夫です。

③玉ねぎが柔らかくなったら、お鍋に酒、砂糖、塩、醤油をいれます。
牛バラ肉を入れ、調味料とよくかき混ぜてから蓋をします。
火は中火で10分くらい煮込みましょう。

④蓋を開け、お肉からでたあくを少し取りましょう。
火を弱火にして、すりおろしたしょうがを入れましょう。

⑤1分くらい弱火で火にかけたら、味をみて薄ければ醤油・砂糖で調整しましょう。
季節によって玉ねぎから甘みがたくさんでることもあります。
少しずつ味を調えてくださいね。

⑥味が調ったら、ご飯にのせます。紅しょうがもあれば紅しょうがも。
つゆだく・ねぎだく・肉だくなど自分のお好み牛丼を作っちゃいましょう。

では、大事な隠し味についてご説明します。

 

1、本だし



本だしをいれることでつゆの味が深くなります。
入れすぎるとしょっぱくなってしまうので、気をつけましょう。
麺つゆで代用することもできますが、麺つゆには醤油と砂糖が入っていますので、
醤油と砂糖の分量も少し減らして加減しましょう。

 

2、酒



調理用のお酒があると煮込み料理も炒め料理にも使えてとても便利です。
日本酒も使えますが、癖のない調理酒を使うことをおすすめします。

 

3、しょうが



これが一番の隠し味かもしれません。
お肉にもお魚にもしょうがはとても合いますね。

しょうがを入れることで、牛肉独特の臭みを取ってくれます。
しょうがは皮を剥いてからすりおろしましょう。
チューブよりも、自分でおろした方が何倍も風味・香りがでますので、家に常備してあるとお料理の幅が広がりそうですね。

 

4、醤油



ご家庭や地域によって味が異なりますが、牛丼には濃口醤油がおすすめです。
薄口醤油は甘みがありますので、砂糖での調整が難しくなってしまいます。
甘みの少ない醤油でしっかり味付けをして、足りない甘みは砂糖で調えましょう。

 

5、砂糖



砂糖は一番加減の難しい調味料です。
少しの量で味が大きく変わるので、入れるときは慎重に少しずつ入れましょう。
つゆの甘みは玉ねぎで十分でますが、牛丼の甘辛いつゆに砂糖は不可欠です。

 

おうちにあるもので簡単にできそうですね。
せっかくおうちで作るなら、しょうがは是非買ってきましょうね。

お店まで行かなくても、おうちで牛丼を満喫しましょう。
お肉を変えて、豚丼・鶏丼なんかにもできそうです。

是非作ってみてくださいね。

2014年12月28日

written

by 15820


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop