現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月9日更新

内側から毒を出す!デトックス効果が高い食べ物まとめ

434 views

デトックスしたいのですがおすすめの食べ物ってありますか?(大学2年生・女性)


大学生になるとバイト、サークル、ゼミ…など付き合いが増え、飲み会続き…

なんてこともありますよね。

二日酔いなどで苦しんだ経験のある方もいるのでは?

また食べ放題にいってできるだけ元をとろうと食べ過ぎた…なんてことも。

体の中に溜まった毒を出して、スッキリしたいところです。

手軽に摂れる食べ物を紹介しますので、溜め込んだ毒を、さくっと出してくださいね。

 

1・玉ねぎ



タマネギ

血液サラサラ



玉ねぎに含まれるケルセチンという成分には、

血液中の活性酵素を除去し、血管の内側の細胞の機能が改善させる効果があるとのこと。

ケルセチン51mg(玉ねぎ半分~1個)を毎日食べることで、

動脈硬化の予防につながると言われています。

 

脂肪燃焼



ケルセチンは、

ポリフェノールの中でも特に脂肪吸収抑制効果が強く、

体内の脂肪を排出するサポーター的をします。

肝臓での脂肪代謝を高め、脂肪燃焼をアップする黄色の色素成分で、

消化管で脂肪と結合し脂肪の吸収を抑制します。

 

便秘解消



玉ねぎには、食物繊維が豊富であり、

またビフィズス菌などの善玉菌をふやすオリゴ糖も含まれており、腸内細菌のバランスを整えます。

玉ねぎを食べることによって、

便のかさをふやしたり、腸の活動を活発にしたり、善玉菌をふやしたりといった数々の働きが期待できます。

 

2・小松菜



小松菜

抗がん作用



小松菜には、鉄分やミネラルが豊富に含まれるだけでなく、

イソチオシアネートというアブラナ科特有の辛味成分が含まれ、

発ガン性物質を無毒化する解毒酵素の働きを活性化させる効果があります。

 

新陳代謝促進



小松菜の緑色色素に含まれるクロロフィルには、

小腸内のコレステロールなどの不純物を除去し、新陳代謝を促す効果があるので、

ダイエットにも効果的です。

 

3・ひじき



ひじき

むくみ予防



海草に含まれる、ヌルヌル成分のアルギン酸は、

体内のナトリウムを排出する効果があります。

そのほか、高血圧の予防、悪玉コレステロールを排出し動脈硬化を防ぐ働きもあります。

 

便秘予防



乾燥ひじき100g当たりに43.3gの食物繊維が含まれています。

ひじきの煮物一人分には乾燥ひじき8gが使われており、

モリモリ食べることで、便秘解消につながります。
 

4・大根おろし



 

抗酸化作用など



大根おろしのピリっと辛い刺激は、イソチオシアネートによるものです。

この成分には、抗酸化作用、殺菌作用、解毒作用、老廃物の排出などを促す効果があります。

 

消化促進



大根の酵素は、

デンプンなどを分解し消化してくれるジアスターゼ、

タンパク質を分解してくれるステアーゼ、

「焦げ」などの発がん物質を分解できるオキシダーゼ、

体内の有害物質、水素が酸化した過酸化水素の分解など、様々な役割をもちます。

 

5・菜の花



腎臓の働きup



春野菜がもつ独特の強い香りや苦味には、毒素や老廃物を排出する効果があります。

春野菜の苦味成分の正体は、「植物性アルカノイド」。

この成分には、腎臓のろ過機能を上げて、

体内の余分な熱分・水分を排出する作用があるそうです。

 

肝臓の働きup



アブラナ科の野菜に共通して含まれるグルコシノレートという成分は、

肝臓の解毒機能を強化し、がんの発症を抑える効果があります。

菜の花はこのグルコシノレートの含有量が、アブラナ科の中でも断トツに多く含まれています。

 

6・サバ



サバ

血液サラサラ



青魚に含まれるDHA・EPAというサラサラの脂「必須脂肪酸」を多く含んでいます。

DHA・EPAは、血液をサラサラにし、

コレステロールや中性脂肪による高脂血症を防ぎ血管の柔軟性を保つ働きがあります。

 

いかがでしょうか?たくさん食べるのは難しいですが、食事毎に一品ずつ食べて、上手にデトックスを続けましょう。

2015年2月9日

written

by yuruyuru


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop