現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月29日更新

【外国人とシェアハウスする時のメリット・デメリットまとめ】

729 views

外国人のホームステイを引き受けようかと思うのですが少し不安です。外国人と一緒に暮らすメリットとデメリットを教えてください。(大学2回生・男性)


外国人とシェアハウスに住む

外国のドラマに出てきそうなシェアハウスでの生活は、ちょっと憧れてしまいますよね。

学生のうちは家賃や生活費を節約して、ファッションやレジャーにお金を回したいので、家賃をみんなで支払い負担を減らせるところもシェアハウスの良いところ。

「でも実際に外国人と生活するのってどんな感じ?」と不安も残りますよね。

外国人とシェアハウスする時のメリット、デメリットをまとめてみました。

 

メリット1【普段は接する機会があまりない外国のお友達が増える】



外国人の友達が増えた

地元だけで生活していると、出会う友達も限られてきますよね。

だけど外国に旅行に行ったり、海外で友達を作るなんてなかなかできません。

でもシェアハウスで毎日一緒に過ごせば、無理にスケジュールの都合をつけて交流の場に出向かなくても自然に深ーい付き合いができますよね!

 

メリット2【お互いに母国語を教えあうことができる】



外国語を勉強するのはけっこう大変ですよね。

日本では和製英語などが浸透していますが、外国人には通じないことも多いようです。

外国語で話す機会もあまりないし、授業で単語を習っても実際に外国人から英語で話かけられると慌ててしまって言葉がでてこないことも。

でもシェアハウスで毎日会話していれば、自然と外国語が出てくるようになりますよね。

「こんな話をしたいけど、なんて言えばいいんだろう?」そう思うと必死に単語を調べたりして、外国語の勉強にも力がはいりますね。

「なんて、良いことばかりに思えるけどデメリットはないの?」と気になりますよね。

住む前に知っておきたいデメリットもぜひ参考にしてみて下さいね。

 

デメリット1【生活習慣、衛生感覚がバラバラだと大変】



住む国が違えば、生活習慣や生活リズムが全然違うことはよくある話ですよね。

遅刻が当たり前の国、約束をケロッと忘れてしまう人…。

日本人と感覚が違う場合は、そのたびに話し合いをしなければならないところは大変だと思います。

中には衛生感覚が全く違い、手洗い自体あまり気にしないひとも。

「ちょっとまって、その手でご飯たべるの!?」なんて言ったら、こちらが神経質に見えるのかもしれませんね。

 

デメリット2【一度住むと、気が合わなくても簡単には離れられない】



価値観の違いで喧嘩

一度住んで愛着のでた家、住み心地の良い家は、簡単に引っ越すことはできませんよね。

そのためシェアハウスで一緒に生活している友達とトラブルが起きてしまうと、嫌でも毎日顔を合わせなければならず泥沼に発展しやすいもの。

生活習慣や価値観が近い日本人同士でもトラブルを解決するのが大変なのに、今まで全く違う価値観で生きてきた外国人との生活では、思いもよらないことで相手を怒らせてしまう場合もあるようです。

中には「理屈云々より、押し通した方が勝ち」と言わんばかりのケンカもあるようで…。

一度こじれてしまうと仲直りするまでが憂鬱ですよね。

 

デメリット3【日本で通じる当たり前のことが伝わらないケースがある】



日本では「なんとなく察する」「空気を読む」など、「言わなくてもわかってもらえる」習慣がありますよね。

でも外国では、思ったことを口に出してくれないと困ってしまうという場合があるようです。

会話に慣れるまでは、自分の意見を言葉に表すこと自体が大変ですよね。

 

 

いかがでしたか?

いろんな点を踏まえた上で、お互いに気遣いできるといいですね!

 

2014年12月29日

written

by yamanosuzu


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop