現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月20日更新

【androidスマホで簡単】PCやゲームがどこでも楽しめるテザリングの使い方

239 views

PCやゲームがどこでもでも楽しめるテザリングの使い方を教えてください。(大学3年生・男性)


テザリングって何?



携帯電話会社の料金プランや機種情報など、スマートフォンの情報を見た時に

「テザリング機能」というワードを見た。

「テザリング機能」って何だろう?どんな使い方が出来て簡単に使えるのかな?

そんなあなたに、分かりやすくテザリング機能や設定方法をお伝えします。

 

スマートフォン経由で別の機器をインターネット網に接続します



上記の説明が、テザリング機能の簡単な説明です。

スマートフォンを使っている時には、以下の図のようにインターネット網に接続されています。

インターネットとスマートフォン

出典:筆者

スマートフォンを使っていると、簡単にインターネット上のサービスを使うことが出来ています。

これは携帯電話回線を契約した時に、例えばドコモ回線であれば

「SPモード」などの「インターネット接続サービス」にも加入をしているはずです。

●電話回線契約

●携帯電話会社が提供しているインターネット接続サービス契約

この2つに加入していることで、事前設定しない状態でもスマートフォンから自動でインターネット網に接続され、

データの送受信をすることで、ブラウザからウェブサイトが閲覧できたり、

アプリを使うことでインターネット上にある情報がより便利に使える状態になっています。

このインターネット上とのデータのやりとりを、単体ではインターネットに接続できない機器、

例えばパソコンや携帯ゲーム機、iPod touchなどの外部機器でもAndroidスマートフォンを経由して、

インターネット接続させることが可能になる機能が「テザリング機能」です。

図で表現すると、以下のような繋がり方となります。

テザリング機能

出典:筆者

図にもあるように、スマートフォンと携帯ゲーム機などの単体ではインターネット接続できない機器は、

「Wi-Fi」という無線通信を用いて、データのやり取りを行います。

これは「自動設定」が出来るものではありませんので、「テザリング機能」を使うための設定が必要です。

 

 

IDとパスワードを確認しましょう。



 

ID=SSID、パスワード=WEPキー



多くのインターネット上のサービス同様、Wi-Fiを使うにもIDとパスワードが必要です。

これは「このスマートフォンの回線を使ってもいいよ!」と、許可をした相手かどうかを認識するためのものです。

許可を与えるのはスマートフォンですので、スマートフォン側にそのIDとパスワードが設定されています。

IDとパスワードを確認する方法は、以下の通りです。

(※Androidは機種ごとにメニューの表現が異なりますので、表記と違う場合は近いものを選んでください)

 

メニューボタン>設定>無線とネットワーク>その他の設定>テザリング>Wi-Fiテザリング設定>Wi-Fiテザリング設定

 

すると、以下のような画面が表示されます。

テザリング設定

出典:筆者

この「ネットワーク名」(SSID)が、テザリングで必要なIDです。

機種名などを使ったSSIDが自動で表示されますが、分かりやすいものに変更することも可能です。

セキュリティについては何も動かさないでいましょう。

パスワードは画像のように「●●●●」と伏せられて表示されています。

テザリング設定パスワード表示

出典:筆者

画像のように「パスワードを表示」のチェックボックスをタップしてONにすると、

自動で発行されたパスワードが表示されます。

こちらのパスワードも編集することができますので、必要に応じて変更をしましょう。

これらのSSIDとパスワードを、テザリング機能を使ってインターネット接続をしたい機器(携帯ゲーム機など)に入力します。

パスワードはインターネット接続をしたい機器では「WEPキー」などの項目名になっていることもあります。

 

 

テザリング機能のON/OFF



 

外部機器を接続してみましょう



インターネット接続したい外部機器に、SSIDとWEPキーを入力したら、

今度はスマートフォン側でテザリング機能をONにします。

テザリング機能のONをする場所は以下のとおりです。

 

メニューボタン>設定>無線とネットワーク>その他の設定>テザリング>Wi-Fiテザリング

 

Wi-Fiテザリングにチェックボックスが付いたら、テザリング機能がONになっています。

テザリング機能がONになっていることを確認したら、外部機器のWi-Fi接続設定をONにします。

すると、外部機器でもインターネット接続が可能になります。

 

テザリング機能を使っていない時には機能をOFFにしましょう



テザリングON/OFF

出典:google Play

テザリング機能を利用している時には、スマートフォン単体でインターネット接続をしている時とは異なる料金でデータ通信料が発生します。

外部機器側でWi-FiをOFFにしても、スマートフォン側のテザリング機能をONにしたまま、

スマートフォンの操作をしてしまうと、外部機器での操作と同じデータ通信料金が発生してしまいます。

そのため、テザリング機能を使っていない時には、機能をOFFにしましょう。

それでも、テザリング機能のONとOFFをメニューボタンからその都度辿っていくのも面倒ですよね。

そんな時には、こちらのアプリ「テザリングON/OFF」が非常に便利ですので、インストールをしておきましょう。

 

 

料金プランにも工夫しましょう



先ほども少々触れていますが、テザリング機能を使う時には、スマートフォンの利用とは異なるデータ通信料金が発生します。

しかし、携帯ゲーム機でのアイテム取得の際、高画質データや送受信されることも想定されます。

ノートパソコンを接続した場合に、大きな画面でYoutubeなどの動画再生を楽しむこともあるでしょう。

テザリング機能を使う前に、現在の契約状況を確認することをお勧めします。

携帯電話会社によっては、事前にテザリングオプションに加入をすることで、

スマートフォンのテザリング機能が使えるようになることもあります。

テザリングを使ったことで携帯電話料金が割高にならないように、

パケット料金の定額パックプランに加入することや、上限のパケットデータ量を増やすなどで、

契約内容を変更しておくといいでしょう。

 

 

テザリングの活用で通信料金が節約できます



 

スマートフォン1台あれば十分かも!?



と、Androidスマートフォンでのテザリング機能を紹介しました。

設定も最初に確認が必要な程度ですし、意外と簡単に使えると思えたのではないでしょうか。

スマートフォンのテザリング機能を活用することで、自宅に固定電話回線を持たなくても、

Wi-Fi接続が可能なノートパソコンなどでインターネットやメールが使えます。

Androidを持った状態のままでもiPhoneが欲しいという方なら、

iPhoneを携帯会社で買わなくても、iPod touchをテザリング機能で接続することで、

1本の携帯電話回線契約でAndroidとiPhoneの2台を使えるのと同様の状態に出来ます。

このようにテザリングが出来るAndroidがあれば、通信料金を節約することも可能です。

ぜひ、Androidの機能をフル活用して、便利なデジタルライフを過ごして下さいね!

2015年2月20日

written

by 輝凛(きり�%8


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop