現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月6日更新

旅行で恥をかかないためのイギリスの紅茶マナーガイド

13386 views

今度イギリスにいくことになりました。本場の紅茶を飲んでみたいのですがマナーってあるんですか?(大学2年生・女性)


紅茶
紅茶好きの方にとって、イギリスは憧れの国。

一度くらいイギリスで本場のティータイムを味わってみたい、と思っている方も多いのではないでしょうか。

せっかくですから、おしゃれなお店で本格的なティータイムを体験するのもいいですね。

そして、イギリスの一般的なご家庭のティータイムにも参加させていただけたら最高です。

そんな日のために、ここでは本場イギリスの紅茶マナーをご紹介させていただきます。

 

紅茶マナー



ティーカップ



きちんとしたお店では、陶磁製の素敵なティーカップでお茶がふるまわれます。

ティーカップを持つとき、人差し指をカップの持ち手に入れて引っかけるようにしていませんか?これは、マナー違反です。

親指と人差し指で持ち手を掴み、残りの指はそっと人差し指に添えましょう。

小指はバランスを取るために、少し立てる感じでもいいそうです。

ただしこの持ち方、普段使いのマグカップには通用しません。重くてフラフラしてしまいます。

マグカップはぜひ、ぐっと持ち手に指を入れ、しっかりと固定してください。

カップの持ち方ひとつでも、オンとオフがあるようですね。

 

 

砂糖・ミルク・レモン



砂糖

ミルクは、紅茶を注ぐ前に入れておくのが良いでしょう。

お砂糖は、紅茶を注いだ後で好みの分量を入れます。

ティースプーンでカチャカチャ音を立ててかき混ぜるのはマナー違反。

大切なカップに触れないよう、優しく数回かき混ぜたら、スプーンはカップの後ろ側に置いてください。

イギリスといえばミルクティーが多いですが、レモンが添えられる場合もあります。

その時は、レモン用の小さなフォークがあるはずですので、それを使いましょう。

 

ソーサー



アフタヌーンティーは、きちんとした席でサーブされることもあれば、もう少しゆったりとアームチェアーやソファーに座っていただくこともあります。

座っている場所からテーブルが少し遠い場合は、左手にソーサーを持ちます。人差し指から小指の4本をお皿の下に、親指は軽くお皿の端に添えてください。

 

ナプキン



ナプキン

ナプキンが用意されている場合は、膝に広げましょう。

超高級なお店では、店員さんがあなたの膝にナプキンをかけてくれることもます。

そのような場合は、堂々とじっとしていていれば大丈夫。

また、一時的に席を離れる際には、ナプキンは椅子の上に残すようにしてください。

本当に食事が終わって席を立つときは、使用後のナプキンを軽くたたんでテーブルの上に置きましょう。

 

食べる順序



正式なアフタヌーンティーでは、こんな風に食べる物がサーブされることが多いですね。

「どれからでもご自由に」ではなく、最初にサンドウィッチ、そしてスコーン、最後に小さなお菓子の順序でいただきます。

スコーンは、ナイフで上下二つに割り、バター、ジャム、クリームの順で塗っていただきましょう。もちろん、好みでないものは塗らなくても問題ありません。

どの料理も、ガブッと食べるよりは少しずついただいた方がマナー上はよろしいようです。

 

これらすべてを守ろうとすると少々堅苦しく感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。

でも、美味しく楽しく食べるのが一番です。

マナーにとらわれ過ぎないためにも、普段からこうしたマナーを身に着けておくといいのではないでしょうか。

 

一方、一般のイギリス家庭のティータイムでは、ティーバッグで作った紅茶をマグカップに注いだものが出されることも珍しくありません。

お菓子も、スーパーで売られているビスケットやケーキだけということもよくあります。

茶葉が良いのか、イギリスの硬質の水が紅茶と合うのか、ティーバックでもイギリスのお茶は本当に美味しいです。

お菓子だって、スーパーのものでも十分なお味。

そうした気軽なお茶かいではマナーはあまり気にせず、気軽な気持ちでおしゃべりに花を咲かせてください。

 

オンとオフのティータイム、どちらもとっても素敵な時間です。

 

2015年2月6日

written

by soga


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop