現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月11日更新

【厳選】まるで映画!世界観にどっぷりハマれる良作ゲームまとめ

1998 views

最近ゲームにはまってしまいました!画がキレイなおすすめのゲームを紹介してください。(大学1年生・男性)


最近のゲームはCG技術の進歩によって、立体的にそしてリアルなグラフィックへと変わっていきました。

ゲームをプレイしていると、壮大な世界観とストーリーに惹き込まれまるで映画を見ているかのように感じます。

たくさんあるゲームの中で、特にこれは是非プレイしてみて欲しいゲームをまとめてみました。

 

正義を貫くか、悪を貫くか・・・それは貴方次第だ。



Fable II(2008年12月18日/Xbox360)



FableIIプラチナコレクション

出典:Amazon

・あらすじ

雪の降るある日、バウワーストーンの貧民街に住む少女ローズとその弟(または妹)である英雄は、露天商の売る『一つだけ願いが叶う魔法のオルゴール』を買うのにお金が足りず諦めようとしていたが盲目の女性テレサにたしなめられたことで二人は頑張ってお金を貯めてオルゴールを購入する。しかし『お城に住みたい』とローズが願い事をするとオルゴールは光となって消えてしまった。

その晩、バウワーストーン城の城主ルシアンが二人に会いたがっていると城からの使いがやってくる。ローズは願いが叶ったと喜び城へと入るが・・・。

海外では行動の自由度が高いことで人気のあるゲームなのですが、残念なことながらあまり日本では知られていないようです。

『英雄』をメインとしたストーリーですが、人助けの為に正義を振るうのも悪の道を極めるのもすべてプレイヤーの手に委ねられています。

正義の道を貫こうが街ごとに複数の相手と結婚しようが、非道に非道を重ねて極悪人の汚名を着せられようがとにかく自由なのです。

どんな行動を経て主人公が『英雄』になるのか、色々な形の『英雄』の物語を貴方の手で作り上げて下さい。

 

ゼルダの伝説のはじまり。



ゼルダの伝説 スカイウォードソード(2011年11月23日発売/任天堂Wii)



ゼルダの伝説スカイウォードソード

出典:Amazon

・あらすじ

空に浮かぶ浮島スカイロフトでは人々がロフトバードと言われる巨大な鳥に乗り空を自由に飛び平和に暮らしていた。

ある日スカイロフトに住む青年リンクは、騎士を目指す者が通う学校で行われる上級学年への昇進試験"鳥乗りの儀"に参加する。トラブルはあったものの無事に儀式をクリアし優勝する事ができた。

幼馴染であり儀式の女神役であったゼルダから祝いのプレゼントを受け取り、その後二人でロフトバードに乗り空中散歩を楽しむことに。

しかし突然黒い竜巻に襲われ、ゼルダは雲の下へと落下してしまう・・・。

Wii用ソフトでは二作目になる『ゼルダの伝説シリーズ』。

このスカイウォードソードは全シリーズを通して時系列的に最初の物語とされています。

キャッチコピーは『濃密ゼルダ』というだけあり、ゲームのボリュームはもちろん遊びにも重点が置かれてゼルダの世界観をたっぷりと味わえます。

淡い色使いで絵画のようなグラフィックと壮大なストーリーは、ファンタジー映画を見ているかのようです。

 

繋いだ手を離さない。



ICO HDリマスター版(2011年9月22日発売/PlayStation3)



ICO

出典:Amazon

・あらすじ

生まれつき角が生えている少年イコは、村の習わしにより生け贄として『霧の城』と言われる古城に幽閉される。

しかし何らかの衝撃で閉じ込められていたカプセルが落下し割れてしまったことでイコは自由に城を歩けるようになった。

城をさまよい歩き城の北側にある塔へと着いたイコは、そこで檻に閉じ込められていた少女ヨルダと出会う。

ヨルダは言葉が通じない上に城内に現れる黒い影のような化物に狙われおり、放っておけないイコは彼女の手を引いて城からの脱出を試みるため城の南にある城門を目指す。

2001年12月にPlayStation2用ソフトとして発売された当時『この人の手を離さない。僕の魂ごと離してしまう気がするから』というキャッチコピーが印象的でした。

HDリマスターとして美麗なグラフィックで生まれ変わったこの作品。

『手を繋ぐ』という行動はゲーム中でも重要なアクションとなっており、ゲームのビジュアルイメージにもなっています。

小説家の宮部みゆきさんによるノベライズも発表されており、ゲームのプレイと合わせて読めばより一層ICOの世界に浸る事ができるでしょう。

 

少女を救うために青年は巨像と戦う。



ワンダと巨像 HDリマスター版(2011年9月22日発売/PlayStation3)



ワンダと巨像

出典:Amazon

・あらすじ

魂を亡くした少女モノを蘇らせるために青年ワンダは『古の地(いにしえのち)』を訪れる。

この地に住まう16体の巨像を倒せばモノは魂を取り戻すことができると言う天の声に導かれ、ワンダは愛馬であり唯一の友であるアグロと共に巨像を探し駆け回る。

『最後の一撃は、せつない』というフレーズが耳に残る人もいるでしょう。

ICOの開発を手掛けたチームによる、巨像を倒すことのみに特化した独特な世界観を持つ作品。

2005年10月にPlayStation2用ソフトで発売され、ICOと共にPlayStation3でHDリマスター版として生まれ変わりました。

広大な大地を駆け回っていると遠くの風景が段々と近づいてくるのが分かるリアリティさは、自身がアグロに乗って大地を駆け回っているかのように思わせます。

2009年にハリウッド映画化が発表されましたが未だ詳細のない状況。

映画化が実現したら、この独特な世界観がどのように再現されるかとても楽しみですね。

 

自分を守り生き抜くために、戦え。



THE LAST OF US(2013年6月20日発売/PlayStation3)



THE LAST OF US

出典:Amazon

・あらすじ

寄生菌のパンデミックにより荒廃してしまった世界。

ブラックマーケットでの取引を生業とするジョエルは、武器取引を巡るトラブルに巻き込まれたことから負傷した反乱軍のリーダーから運び屋の仕事を頼まれる。

運ぶ荷物というのは世界を救う鍵をにぎる14歳の少女エリーだった。

受取先で待つはずの反乱軍は全滅しまっていた上に相棒を亡くしてしまったジョエルは、荒廃した世界でエリーと共に旅に出ることになる。

旅の行く先々では『感染者』と生き残るために手段を選ばない『略奪者』たちとの生死を賭けたサバイバルが待っていた。

2014年8月にPlayStation4でHDリマスター版が発売されたこの作品。

荒廃し物資も少ない過酷な世界で生き抜くためのサバイバル劇の中で、リアルタイムで変わっていくジョエルとエリーの信頼関係が感動を呼びました。

二人の過酷なサバイバル劇を是非最後まで見届けて欲しい。

 

連続誘拐殺人事件を巡るミステリー。



HEAVY RAIN 心の軋むとき(2010年2月18日発売/PlayStation3)



HEAVY RAIN心の軋むとき

出典:Amazon

・あらすじ

アメリカのとある小さな町で3年間に渡り起き続けている連続誘拐殺人事件・・・通称『折り紙事件』は、雨の季節に10歳前後の少年が拉致され、4日後には溺死体となって手には必ず折り紙と蘭の花を持たされるという奇怪なものだった。

ある日、心に傷を負ったイーサンの息子ショーンが折り紙殺人鬼の魔の手にかかってしまう。

4日後というタイムリミットに焦るイーサンはショーンを助けるため動くが、折り紙殺人鬼からの理不尽な『試練』に振り回されることになるが・・・。

4人の主人公が連続誘拐殺人事件の謎に迫るミステリーアドベンチャー。

この作品にはゲームオーバーという概念がなく、例え主人公たち4人が死んでも物語は進行します。

そのためマルチエンディング形式となっており、様々な場面で選択肢が現れます。

まるでサスペンス映画のように緊張感あふれるこの作品、連続誘拐殺人事件の謎を解くことができるのでしょうか。

 

いかがでしょうか。

どの作品もグラフィックが綺麗でよりゲームの世界観を引き立てます。

あなたも是非プレイしてみてください。

2015年2月11日

written

by イサナキカ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop