現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月26日更新

「一か月以内に別れるカップル」に共通している特徴まとめ

4446 views

「一か月以内に別れるカップル」に共通している特徴をまとめて紹介してください。(大学2年生・女性)


一ヶ月以内に分かれそうなカップル

どれほど愛し合っていても、多くのカップルには、いずれ別れがやってきます。

それは誰も避ける事は出来ません。

しかし備えあれば憂いなしと言う諺もある通り、お互いがそれぞれの言動を観察して別れを回避することは決して不可能ではありません。

また周囲にいるカップルを観察して注意を促してあげるのも良いでしょう。

ここでご紹介する1ケ月以内に別れる可能性のあるカップルの特徴を念頭に入れて役立てて下さい。

 

どちらかがメールなどの連絡がない



 

双方共と言う事もありますが、どちらかがメールやライン、電話をしても全く応答がない、そんな状態になったら、かなり危険信号です。

返信があってもあり得ない程遅いのも1ケ月以内に別れる動機になりますし、相手はそう考えている可能性が非常に高い状況です。

 

話をする話題が無い



 

話をしなくなったら1ケ月以内に別れる可能性のあるカップルと言えるでしょう。

つまりは話題がないと言う事ですから、別れの前兆と言える特徴です。

会っても話もせずに、何となく時間を過ごすだけと言うのはかなりの危険信号です。

 

何かと言い争いになる



 

話や、話題があっても何かと言い争いにしかならないカップルは1ケ月以内に別れる可能性大です。

言い争いになると言う事は、全く意見が合わないと言う事で別れの特徴と言えます。

また、意見が合う、合わないに関わらず何となく全てが気に入らないから反論すると言うのも危険信号大のカップルの特徴です。

 

デートらしいデートがない



 

会うには、会うけど、デートと呼べるものではなく、お互いの家の行き来しかしない、ホテルにしか行かないなどの会い方しかしなくなったら1ケ月以内に別れる可能性のあるカップルと言えます。

 

どちらかに1ケ月後に環境の変化がある



 

気持などとは別として、カップルのどちらかに1ケ月後の大きな環境の変化がある場合は1ケ月以内に別れる可能性大です。

環境の変化に伴って全てをニュートラルにしたい、新たな出発に相応しい状況にしたいなど、未来に変化がある場合は全てを変えたいと考える人は少なくありません。

 

どちらかに急接近している異性がいる



 

これまでには交流がなかったにも関わらず、新たな異性との交流がどちらかにある場合はかなりの危険信号です。

異性関係の場合、1ケ月以内の別れる可能性は非常に高いと言えます。

別れる気がないのであれば、そういう交流は避ける筈で、避けない時点で相手は別れを考えていると言えるからです。

 

既に環境の変化がある



 

1~2ケ月の間に環境の変化が既にある場合は、1ケ月以内に別れる可能性が大です。

先述した未来に環境の変化の予定があるだけではなく、もう既に色々と生活に変化がある場合も、パートナーが疎く感じる場合が多いのです。

環境の変化に順応する為に自分の事だけで精一杯でカップルの相手にまで気を遣う余裕が無いからです。

 

同棲や半同棲の解消をした場合



 

事情は諸々あるでしょうが、付き合いのスタイルが壊れた場合、1ケ月以内に別れる可能性は高いと言えます。

1ケ月以内に別れるカップルの特徴としては最たるものかも知れません。

同棲から結婚とステップアップに繋がっていけば良いのですが、そうでない場合、交際の流れとしては逆行する形になりますので、

最も別れる可能性が高くなるのです。

 

いかがでしたでしょうか。

1ケ月以内に別れるカップルの特徴でしたが、必ずしも1ケ月とは限らず、こう言った事は、常に別れの要因として注意すべき事かも知れません。

ここに挙げた事は、避けられない事情もある為、別れるのが嫌だからと起こらないようにすると言う事は不可能です。

ですが、別れたくない相手と別れないでいる為には、これらを参考にして、注意を払い、対策を練る事で回避出来る場合も多くあります。

また、カップル同士では気付かない事も、外部から見ていれば気付く事もあります。

これらを参考にすれば、身近な知人や友人の恋愛の手助けにも有効と言えます。

 

 

2015年2月26日

written

by pfunk777


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop