現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月11日更新

世界中のゲーマーを納得させた日本発売の神ゲー7選

354 views

ゲーム好きな僕をうならせる日本のおすすめゲームを教えてください!(大学1年生・男性)


数え切れないくらいたくさんのゲームソフトが発売されてきました。

日本で生まれた名作も少なくありません。

 

大神(2006年4月20日発売/PlayStation2)



Playstation2ソフト『大神』

出典:Amazon



古代日本的な世界を舞台にした日本画風のグラフィックが特徴の『大神』。

『大神』というタイトルには、主人公が『天照大神』であり『狼』であること、ゲームシステム『筆調べ』をするための大きな紙になぞらえて『大紙』と言う三つの意味があります。

平原綾香さんが歌うテーマソング『Reset』は大神のために書き下ろされたもので、日本的な楽器として琴が使用されておりところどころに大神をイメージさせるような歌詞が含まれています。

 

FINAL FANTASY X(2001年7月19日発売/PlayStation2)



Playstation2ソフト『ファイナルファンタジーX』

出典:Amazon



スクウェア・エニックスが誇る『ファイナルファンタジー』シリーズのPlayStation2では第一作目となるゲームです。

PlayStation2に場所を移したことにより更に美麗となったグラフィック、そしてシリーズ初となるキャラクターボイスが採用されたことでよりストーリー重視されドラマチックな仕上がりとなりました。

ゲームパッケージの裏面に書かれた『私シンを倒します。必ず倒します』というフレーズは、ヒロインであるユウナがゲーム中であるイベントの後に言う台詞でありまるで召喚士の過酷な運命を表しているかのようです。

そしてテレビCMでのキャッチフレーズ『世界一ピュアなキス』。

この言葉を表したであろうイベントは是非一度あなたにも見て欲しい。

 

バイオハザード(1996年3月22日/PlayStation)



Playstationソフト『バイオハザード』

出典:Amazon



CAPCOMが贈るサバイバルアクションホラー。

バイオハザードシリーズの原点となる初代の作品です。

初代なだけありこの作品は『純粋な恐怖感』が味わえます。

いつどこでどんな風に敵が現れるかが分からない緊張感・・・ゲーム中『ドアを開ける』『階段を登る』といった行動をすると描写演出が入り恐怖感の演出に一役買っています。

何度かプラットフォームを移しリメイクされている作品なので、是非プレイしてみてください。

 

ゼルダの伝説 時のオカリナ(1998年11月21日発売/NINTENDO64)



NINTENDO64ソフト『ゼルダの伝説時のオカリナ』

出典:Amazon



世界中に愛されている『ゼルダの伝説』シリーズのNINTENDO64ソフト第一作目。

シリーズ初の3D作品となっており、立体的な空間内をリアルな視点位置で見渡すことができバトルや謎解きに革新的な変化がもたらされました。

時のオカリナの要素や設定は以降のシリーズに大きく影響を与えており、現在までのシリーズは時のオカリナがあったからこそ生まれたと言っても過言ではありません。

 

ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス(2006年11月19日/Wii)



Wii用ソフト『ゼルダの伝説トワイライトプリンセス』

出典:Amazon 



トワイライトプリンセスの前作『風のタクト』と打って変わってリアルな世界観となり前述の『時のオカリナ』を越える作品を目標にして制作されたゲームてす。

全世界での累計販売本数はシリーズ最高記録を達成し、数々の賞を受賞するなど世界中で高評価を得ました。

ゲームキューブ版のソフトも発売されましたがWii用との混同を避けるためオンライン限定で販売され今ではプレミアものとなっています。

 

スーパーマリオギャラクシー(2007年11月1日発売/Wii)



Wii用ソフト『ウーパーマリオギャラクシー』

出典:Amazon 



宇宙にある様々な星を舞台にした、世界中から愛されるキャラクター『マリオ』の3Dアクションゲームです。

宇宙を表現する試みとしてオーケストラの生演奏で収録された楽曲があるなどマリオシリーズで一番の大作となっています。

販売本数1000万を越えるなど歴代最高記録を更新しています。

Wiiならではの操作を活かしたアクション、協力プレイもできるので友人と遊ぶゲームとしておすすめできます。

 

シェンムー(1999年12月29日発売/Dreamcast)



Dreamcast用ソフト『シェンムー』

出典:Amazon



1990年代最後に発売された名作ゲーム。

セガより発売されたゲームハードDreamcast用のゲームソフトです。

モーションキャプチャーで動きを取り入れたリアルな演出、脇役まで声を入れた完全フルボイス、朝から夜へと変わる時間経過、『生活習慣プログラム』で登場キャラクターたちが日々を営む世界観・・・。

Dreamcast史上に残るこの超大作は、残念なことに完結されていません。

今でも続編を望む声が多いゲームです。

 

いかがでしたでしょうか。

紹介したゲームはプレイして損はない名作ソフトばかりです。

あなたも是非プレイしてみてください。

2015年2月11日

written

by イサナキカ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop