現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月17日更新

モテ男はこう返す!「義理チョコ」をもらった時の正しい反応

3057 views

「義理チョコ」をもらった時の正しい反応を教えてください。モテ男はどう振る舞うんでしょうか。(大学2年生・男性)


義理チョコへの反応
©peddhapati

もうすぐバレンタインデーの季節。愛し合うカップルにとっては素敵なイベントですよね。

しかし、バレンタインデーは礼儀として「義理チョコ」を渡すという風習があるのもまた事実。会社の中で女性社員はこぞって義理チョコを用意し、オフィスで配ります。男性からしたら嬉しい反面、明らかな義理チョコへの対応は難しいものですよね。

そこで今回は「義理チョコ」をもらった時の正しい対応をご紹介します。

女性に嫌われずにスマートに対応する。これぞモテ男のテクニックです!

 

義理チョコと分かっていても、とりあえず喜ぶ。



とりあえず喜ぶ

当たり前のことかもしれませんが、意外と出来ない方が多いのがこれです。

いざチョコをもらうとどう反応していいか分からず、ついつい素っ気ない態度を取ってしまっていませんか? 義理チョコであろうと女性は喜んでほしくて渡しているのです。

さらには「どうせ義理だろ?」「なんでこんな面倒な風習があるんだ」など義理チョコ自体を否定する発言も禁物です。義理チョコは旅行のお中元・お歳暮のように義務となっているのも現状。女性側も義務感から渡しているのです。

「今年も義理チョコをもらえるくらいの友好度を保てた!」くらいの気持ちで受け取りましょう。

 

義理チョコをくれた相手についてメモっておく



人によってはたくさんの義理チョコをもらう方もいらっしゃると思います。その時は嬉しいですが、大事なことを忘れてはいけません。

それは、「翌月にホワイトデーがやってくる」ということ。もちろんお返しをしなくてはいけませんよね。その時に「何人に貰ったっけ…?」「◯◯さんからチョコもらったっけ…?」なんてことになったら面倒です。

誰にどんなものをもらったかくらいはメモして、それに見合ったお返しをしてあげると女の子も喜ぶでしょう。

 

ホワイトデー編



もらった時だけでなく、お返しをするホワイトデーも注意が必要です。何をどう返したらいいのだろう…と悩んでいる方には必見!

 

もらった物に相当するものを返す



相当のものを返す

義理チョコであっても、もちろんお金がかかっているプレゼントです。そのお返しはもらったものに見合った金額のものが良いでしょう。少し面倒かもしれませんが、もらったものの金額を調べるのも手です。

しかし、安すぎるものはもちろん、高すぎるプレゼントをあげるのも禁物です。もらっているものは日頃の感謝を表した「義理チョコ」なので、あまりにも高いお返しをしてしまうと、本気のように感じて相手は引いてしまいます。

きちんとお返しをしたつもりが次の日になんだか気まずい雰囲気…というのは嫌ですよね。金額についてはシビアに見極めましょう。

 

甘いもの嫌いを見分けるポイント



女性の中でも実は甘いものが嫌いという女性はいます。直接聞くことに気が引ける場合は、女性からのプレゼントに注目しましょう!

選ぶプレゼントのほとんどは本人の好みだというのが人間の心理です。なので、チョコ以外のプレゼントをバレンタインデーに渡す女性は自分自身もお返しでそれ以外のものを望んでいる傾向があります。

それでなくてもホワイトデーはバレンタインデー同様、たくさんのチョコレートが女性に届くものです。甘いものばかりで飽きてしまうからという最高の気配りも演出できますね!

 

グループにも個別にお返しする



個別に返す
©blickpixel

よく女性がグループでまとめて義理チョコを渡す時がありますよね。さすがに大人数だとお財布が大変なことになってしまうので、2~4人くらいのグループであれば、安価なもので構わないので個別に返してあげましょう。

女性は「こっちはグループであげたのに…」と結構キュンとするものです。

もしかしたら来年は個別でチョコレートをもらえてしまうかも。

 

大人数でのお返しには積極的に



男性側も男性一同からお返し…なんてことも多いですよね。所詮は義理ですしお互い安く済むのは良いことです。

しかし、ここでモテる男性はさりげなくお返しを仕切るのもの! 集金して、買い物して、最後に部長から渡すようにパスをする…。最終的に女性たちに渡すのは部長でも、そのパスを女性は見逃しません。

またはコソコソと「部長、これ今日渡してあげてください!」と、実は数名の女性に聞こえるように話すテクニックがあれば完璧。噂は一瞬で広まりますからね。これ、意外と女性もやっています。

お財布に優しく、かつ目立つことができる最高の手段です。

 

 

いかがでしたでしょうか?

それほど特別な反応や行動は必要なく、お土産をもらったくらいの感覚で問題ありません。お互いに義務感が強まってしまうのも事実ですが、この機会に今まで交流がなかった女性と話すことがあるかもしれません。

せっかくのイベントですし、楽しんで参加してみてはいかがでしょうか。

2015年2月17日

written

by emi


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop