現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月12日更新

好きな人に告白できない…そんなあなたを勇気づける7つの言葉

4481 views

好きな人に告白するか悩んでいます。一歩踏み出せない自分を勇気づけてほしいです!!(大学3年生・女性)


好きな人がいるのに何故か告白できない・・・。

あなたは、ひとり悶々と悩んではいないでしょうか?

ここでは、7つの言葉を挙げることで、あなたに告白する勇気を与えます。

 

気になるあの子へいざ告白!

 

1)「本当に好きな人ができたら、結果はどうあれ、告白するべし。自分で思いを巡らせるのは妄想に過ぎない。」



あなたは「妄想」という言葉で何を連想するでしょうか?

あまりいいイメージは無いのではないでしょうか。

妄想は、所詮、あなたの心が作り上げたものに過ぎません。

まずは一歩踏み出さなければ、状況は何も変わりません。

勇気を出して、好きな人にアタックしてみましょう!

 

 2)「告白するなら今!」



未来はどうにでも変えられるけれど、過去にはもう引き返せない。」

未来はあなた次第でいい方向にも悪い方向にも変えられます。

告白して見事に相手の心を引き寄せられるか。

または、振られてしまっても、新たな一歩を踏み出すことができるか。

いずれにしても、「今」告白するしかないのです。

「あの時告白しておけばよかった」と思っても、過去には引き返せません。

自分の可能性を「思い込み」で縛り付けるのは一番もったいないことです。

勇気を持って、告白するべきです!

 

3)「行動を起こす前に悩むより、行動を起こして悩むこと。」



常に現実に向かい合いましょう。」

あまり悩みすぎると、自分の中でストーリーが完結してしまい、無意識の内に、思考回路が、ガチガチに固まってしまう恐れがあります。

でも、それって、あなたが勝手に頭の中で作ったストーリーでしかないのですよね?

常に現実に向かい合いましょう。

そうするためにも、勇気をもって「告白」して、相手の思い=現実に向かい合い、新しい一歩を踏み出す勇気を持ちましょう。

片思いが成就したら、また別の意味の悩みが待っているのですから、どうせ悩むのだったら、新しい事で悩んだ方がいいですよね。

頑張って、告白しましょう!

 

4)「失恋するのはいい事だ。あなたの新しいパートナーに出会うためのスタートになるのだから。」



もし、勇気を持って告白して、失恋したとしても・・・。

大丈夫です!

その方は、あなたに相応しくない方だったのです。

すぐには無理かもしれないけれど、しっかり前を向いて、次のパートナーを探しましょう!

今度出会う人が、あなたに相応しいパートナーになる可能性が大きいのです!

大きなチャンスが目の前に控えているのに、じっと留まっているのは、もったいないと思いませんか?

結果を恐れず、勇気を持って、片思いの方に告白しましょう!

 

5)「頭の中で考えすぎるのはもう止めましょう!行動に移さなければ何も始まらないのだから。」



頭の中で考えすぎて、自分の中でイメージを膨らませて、お腹がいっぱいになってしまっていませんか?

それは、ハッキリ言って、「想像」です。

現実とは全然違います。

頭の中で考えるのは、告白する段取りまで。

後は、思い切って、片思いの相手にアタックするのみです。

頭の中のイメージに縛られるのは、もう止めませんか?

相手があなたをどの様に思っているかは、自分で伝えない限り、解らないのですから。

 

6)「ただ相手に『好き』というだけではないか。命がけの思いというわけではない。」



これは、タイトル通りです。

思いを遂げなければ命を奪われるという訳ではないのです。

確かに、照れくさい、恥ずかしいと思うかもしれません。

けれど、あなたが、相手に「好き」という気持ちを伝えない限りは、全て、「虚像」です。

虚像に縛られて、気持ちを伝えずに去っていくって、つまらなくないですか?

勇気を出して、相手にしっかりと、思いを伝えましょう。

 

7)「失恋ばかり考えず、幸せな結末というのもある事も忘れない。告白がうまくいってからがスタートなのだから」



告白して、「失恋するのが怖い」というイメージで自分を固めるのは止めましょう。

思いのほか、いい返事をもらえる事だってあるのですから。

現実というのは、思いもかけない結果をもたらしてくれるものです。

告白がうまくいく事も、忘れずにイメージしましょう。

告白がうまくいってからが、二人のスタートなのですから。

 

告白の準備はばっちり!あとはあなたの気持ち次第。

 

いかがでしたか?

共通して言えるのは、「行動を起こすことの大切さ」です。

どんなに頭の中で思いを巡らしていても、それは、妄想です。

妄想に縛られずに、現実を直視しましょう。

そのためにも、相手に思いを直接伝えましょう!

2015年2月12日

written

by dolphin36


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop