現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月4日更新

あの太宰治も!日本の文豪たちが愛したお店7選

1770 views

 文豪が通っていたようないいお店はありませんか?(大学2年生・男性)


文学好きな人だと、「自分の尊敬する作家が行ったお店で食べてみたい!!」と一度は思うかもしれません。

わたし自身も文学作品が大好きでむさぼり読んでいたので、川端康成、夏目漱石、太宰治……という文豪の通ったお店に興味があります。

今回は有名な文学作家の通った名店をとくに7つにしぼってご紹介します。

 

 三島由紀夫の最後の晩餐





 

三島由紀夫、代表作は『仮面の告白』、『潮騒』、『金閣寺』など多数あります。

『金閣寺』を読んで、金閣寺の美に憑りつかれた学僧が、寺を放火するまでの経緯を一人称で語っていく様の凄まじさに、放火犯をここまで昇華する三島の天才に驚いた人も多いのでは?

三島由紀夫は割腹自殺を図りましたが、その直前に行ったお店があります。

1909年(明治42年)創業の老舗料理屋で、鶏料理の名店、『末げん』(東京、新橋)です。

出典 http://r.gnavi.co.jp/g404300/

 

夏目漱石 『虞美人草』『彼岸過迄』に登場



漱石は日本で一二を争う偉大な作家ですが、『虞美人草』や『彼岸過迄』などはあまり知られていないかもしれません。

これを書いているわたしは、『虞美人草』のヒロイン藤尾の、気まぐれさや男性を操ろうとする心理、潔さとというものに、衝撃を受けた記憶があります。

1907年(明治40年)に上野で開催された東京勧業博覧会が登場、東京と京都が舞台となっていますが、作品に登場するのは鰻店『やっこ』(東京、田原町)です。



出典 http://allabout.co.jp/gm/gc/384358/

 

 鴎外『舞姫』執筆舞台



漱石と同時期の作家、森鴎外。鴎外が執筆で使っていた有名なホテルがあります。

その名も、『水月ホテル 鴎外荘』。庭が有名ですが、料理も楽しめます。

本格懐石を一度は試してみたい人には、オススメです。やや高価ですので、気軽に行けるようなところではないですが、何かの記念日や鴎外を愛してやまない人が、卒業記念に行ってみるのもいいかも。

東京都台東区池之端にあります。



出典 http://www.ohgai.co.jp/

 

ハルキストにたまらないジャズ喫茶



ここ数年、毎年、ノーベル賞候補になりながらも、残念ながら受賞を逃している村上春樹。

ファンだという人も多いのでは?

数ある名作の中でも、とりわけ有名な『ノルウェイの森』にも出てきたジャズ喫茶です。

大学に行かずにジャズ喫茶に通いつめたり、卒業後もジャズ喫茶に勤めるなど、かなりのジャズ通だった村上氏の空気を感じることができるかも。

『Jazz Cafe Bar DUG ジャズカフェ&バー ダグ』(東京、新宿)



出典 http://www.dug.co.jp/main.html

 

永井荷風が毎日通った!



ひょっとして、永井荷風の作品を読んだことがない人も多いかも?!

文学史に名前が出てくるから名前は知っているものの、作品は知らない……。

いちばんの代表作と言える『あめりか物語』は、〈耽美派〉の代表作です。

慶応大学の教授で、『三田文学』の編集にも携わっていました。

『三田文学』は慶応大学文学部を中心とする雑誌ですが、有名な作家を多数輩出しているので、知っておいて損はないでしょう。

蕎麦店『尾張屋』(東京、浅草)。荷風さんは『かしわ南蛮』がお気に入りだったそうです。



出典 http://travel.kihon.jp/japan/5228

 

数多の文化人に愛されたバー



太宰治、坂口安吾、川端康成など多くの文豪、文化人が通っていたバーです。

一人の作家の雰囲気を知りたいというよりも、文豪たちの雰囲気を知りたいという人にオススメかも。

昭和レトロな雰囲気と、作家たちが持つデカダンスな空気の一端にふれることができるかもしれません。

1928年からある老舗のバー、『ルパン』(東京、銀座)。



出典 http://www.lupin.co.jp/

 

7 『人間失格』に登場のバー?!



太宰治というと、みなさんはどの作品を思い浮かべるでしょうか。

たくさんの作品がありますが、『人間失格』をあげる人も多いでしょう。

これを書いているわたしも『斜陽』とともに、『人間失格』が名作だと感じています。

『人間失格』の中に登場するバーで有名となったお店があります。

オリジナルカクテル、『電気ブラン』が有名ということ。不思議な名前のカクテル、何が電気なのか、試してみたいですよね。

明治13年創業日本初のバー、『神谷バー』(東京、浅草)です。

 



出典 http://www.kamiya-bar.com/

 

7つのお店は、文学を難解に感じないように選んでみました。

バーを扱ったお店が多くなりましたが、お酒と作家は切り離せない面があると思います。

もちろん、二十歳になっていない方は行かないようにしてくださいね!

東京都内のみに偏りましたが、ご自宅から近いお店で、好きな作家が通ったところを探すのも楽しいと思います。

有名じゃない、ツウだけが知る店を探索してみてください。

2015年2月4日

written

by princessyuki0513


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop