現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月4日更新

デジタル派さんにおすすめの使える手帳アプリおすすめ5選

2783 views

紙ではなくてスマホで予定を管理できるおすすめのアプリを教えてください。(大学2年生・男性)


スマホの普及に伴い、アプリもぐんぐんと進化し続けていますが、その中でも群を抜いているのが、いわゆる「手帳アプリ」。

デザインがかわいいものから、機能充実、え、無料でここまでやるの?というぐらい沢山のアプリが開発されています。

今回はそのなかでも厳選した5つをご紹介。ぜひ、参考にして下さいね。

 

使いやすさが一番!機能充実編



まずは、「本物の手帳並みの機能が欲しい」「見やすく、わかりやすいのが優先」というしっかり者のあなたにお送りするアプリです。

 

スケジュールストリート





android版 iPhone版

 

鉄板中の鉄板ともいえるELECOMの渾身作。

優秀なのは、手帳を複数持てる「複数カレンダー管理」とボイス、写真、TODOなどのメモ機能が、非常に充実しています。

複数カレンダー機能を使うと、手帳を2冊同時に持つことになり、例えば「学校の予定」と「バイトの予定」を、別のカレンダーに分けて記入する事ができるという優れもの。

また、メモ機能もタップ2回ぐらいで起動できるようになっているので、思い浮かんだ事やその場の風景をささっと記録できるのも利点ですね。

 



 

 

 

 

 

 

 

 

Google Play

 

Refills【リフィルズ】





android版 iPhone版

 

「紙の手帳感覚で使える」と大評判なのが、こちらのリフィルズ。

月ごとのカレンダーはもちろん、週ごとのカレンダーは2種類、予定もただ時間を記録するだけではなく、下のスクショのように、「かぎかっこ」でくくる事まででき、しかも予定の詳細もワンタップ。

プラスして、スマホの機能であるポップアップを上手にシステムに組み込み、予定時刻の10分前に設定すれば、しっかりスマホの画面に出てきます。

忘れがちな予定をスマホでフォローできる、いいとこ取りのアプリと言えますね。

 



 

 

 

 

 

 

 

 

Google Play

 

Lifebear【ライフベア】





android版 iPhone版

 

公開されてから早2年以上、根強い人気がある手帳アプリです。

月と週のカレンダーは標準としてありますが、このアプリは「TODOにやり残しを残さない」事に重点をおいています。

TODOに記録した「やることリスト」には必ずチェック項目がつき、自分の仕事に抜けがないかをしっかりチェックすることができます。

TODOに書いたものの、書いたらすっかり忘れてしまう・・・という筆者のような方にオススメ。

 



 

 

 

 

 

 

 

 

appbank

 

機能だけじゃ物足りない!やっぱりかわいく、スマホらしく編



機能充実は当たり前、それ以上の付加価値が欲しい!という方も多いですね。

確かに、「手帳を持ち歩かなくなった」以上のメリットがスマホにはありそう・・・。

ここからは、そんな欲張りさんなあなたに紹介する手帳アプリです。

 

ジョルテ





android版 iPhone版

 

一目見て「か、かわいい!」となること請け合いな女子大本命アプリ。

かわいらしい丸文字フォント、シールのようにぺたぺた貼れるアイコン、マイメロディやハローキティとコラボしたキラキラリフィル・・・と女子のハートを鷲掴みにしてしまう機能が盛りだくさん。

これならどんどん自己流に可愛くアレンジできてしまいますね。

もちろん、スケジュール機能も負けず劣らずの充実さです。

 



 

 

 

 

 

 

 

Google Play

 

DAYMORE





iPhone版のみ

 

SNSをいつでもどこでも簡単にチェックできる、というのがスマホが持つ特徴の一つです。

このアプリは、手帳の機能にSNSを追加した、これもどちらかといえば、女性に喜ばれそうなアプリです。

例えば女子会を企画して、場所や日時を検討するのに、いちいちメールやラインで連絡するのではなく、このDAYMOREに記録すると、共有しているメンバー全員が好きな時に確認して、返事や意見をチャットや場所の候補を直接上げる事ができます。

今まで連絡が来ずにイライラしていた幹事さんには嬉しい機能ですね。

もちろん、終わった後の写真やお疲れメッセージ、次の企画もバッチリです。

 



 

 

 

 

 

 

 

 

Appliv

 

お金は払わなくても使えるけど…有料で使うメリットとは



今回紹介した5つのアプリは全てが無料、という訳ではありません。

最近ありがちな、「一部有料」というものです。

アプリをダウンロードして使用し、これ以上の機能を使う場合は有料、というシステムですね。

手帳といった、長く使うものである場合、やはりある程度お金を払った方が、制限がかからず、アプリのシステム全てを使える+今後のアップデートで増えるシステムも全て使える、という面から考えても有益です。

 

現在、アプリ課金でそれほど高額な利用料を要求するメーカーやサイトはまずありません。

数百円で上部や下部に出てくる広告が全て撤廃され、「この○○は有料です」なんていうポップアップ画面が消えてがっかり・・・という事も無くなります。

何よりも、やはりアプリやソフト作成には手間がかかります。

作成者やメーカーにしっかりお金として還元することで、今使っているアプリがもっといいものに変わっていく・・・と考えたら、損にはなりません。

ぜひ、検討してみて下さい。

 

いかがでしたでしょうか?

手軽に予定管理ができる手帳アプリはまだまだこれからも進化し、便利になっていきます。

でも、それに流されるまま次々とダウンロードして使わない・・・を繰り返すのではなく、しっかり吟味して、長く愛用できるような、お気に入り手帳アプリを見つけて下さいね。

2015年2月4日

written

by makotototon


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop