現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月27日更新

ウイルスの感染を防ぐ!パソコンのセキュリティ対策基礎講座

1215 views

ウイルスの感染を防ぐパソコンのセキュリティ対策の基礎を教えてください。(大学3年生・男性)


 

パソコンを使う上で一番大事なことは、セキュリティ対策。

万が一、ウイルスに感染してしまうと、データ流出など最悪なことに…。

そんなことにならないように、セキュリティ対策はきちんとやっておきたいものです。

そこで、パソコンのセキュリティ対策について基礎的なことをまとめました。

これからパソコンを買うという方も、今使っているという方も必読です。

まずは、セキュリティ対策について知りましょう。

 

 

基本は、ウイルス対策ソフトを使うこと



パソコンのセキュリティ対策で、基本中の基本となること。

それが、「ウイルス対策ソフト」を使うことです。

ウイルス対策ソフトは、パソコンがウイルスに感染していないかチェックしたり、
ウイルスの侵入を感知したときには、駆除作業を自動的に行ってくれます。

市販されているソフトにはいくつかありますが、一例としてはこんなものがあります。



画像出典:http://jp.norton.com/norton-security/?inid=jp_hho_homepage_module1_NS_pdpage

自分に合ったものを選び、購入してインストールしましょう。

なお、各ソフトには有効期限(概ね1年)があるので、期限が近づいたら最新版を買い、
インストールし直して下さい。

あと、ウイルス対策ソフトを使用する上での注意点は次の通りです。

・新品のパソコン
新品のパソコンには大抵、ウイルス対策ソフトが内蔵されています。

ただし、内蔵ソフトは体験版で、概ね3か月程度で有効期限が切れてしまいます。

有効期限が切れる前に、ウイルス対策ソフトを購入しインストールして下さい。

・定期的なアップデートとスキャン
ウイルス定義情報は日々更新されています。

定期的にアップデートを実施するようにして下さい。

また、ソフトによってはパソコンのスキャンを自動で行わないものもあります。

その場合は、定期的にスキャンも行って下さい。

 

 

OSのアップデートも忘れずに



ウイルス対策ソフトの導入とともに、忘れずやっておきたいのが、OSのアップデートです。

OSというのは、Windowsなどパソコンを動かす基本ソフトのことを表します。

例えばWindowsの場合、概ね1か月に1回程度、アップデート用のパッチファイルが配信されます。

ファイルは「Windows Update」でダウンロード、インストールできます。

ファイルをインストールすると、Windowsの脆弱性が改善され、ウイルス感染のリスクを下げてくれます。

配信を確認したら、必ずインストールしましょう。

なお、配信された際に自動でインストールする設定に変えることもできます。

忘れやすい性格の人は、自動インストールの設定にしておくと便利です。

 

 

Webブラウザもチェック



あと、忘れずやっておきたいのが、Webブラウザのチェックです。

Webブラウザは、インターネットを閲覧するためのソフト。

Internet ExplorerやFireFox、Google Chromeなどがあります。

例えばInternet Explorerの場合、「設定」の中に「インターネット オプション」があります。

その中の「セキュリティ」で、レベルを「中」以上に設定しましょう。

こうすることで、サイトを閲覧するだけでウイルスに感染するという危険性を低減できます。

なお、セキュリティレベルを引き上げると、ポップアップがブロックされることがあります。

ブロックを解除する場合は、警告文の指示に従って下さい。

自分で危険性を判断できない場合は、ブロックを解除しない方がいいでしょう。

 

 

併せてやっておきたいファイアウォール



そして、ファイアウォールも忘れてはいけません。

これはパソコンが外部から攻撃されるのを防ぐための機能です。

設定方法ですが、お使いのウイルス対策ソフトの仕様によって異なります。

ウイルス対策ソフトがファイアウォールも含んでいる場合は、ソフトの方の設定を開き、

ファイアウォールをONにしておきます。

ウイルス対策ソフトにファイアウォールが含まれていない場合は、WindowsなどOSの設定を開き、
ファイアウォール機能を「有効」に切り替えておきます。

こうすることで、ファイアウォール機能が稼働します。

 

 

その他の対策



その他の対策としては、まず、Eメールのウイルスチェックがあります。

一部のウイルス対策ソフトや、プロバイダ(インターネット接続事業者)が提供しているサービスで、
Eメールの送受信に際してのウイルス感染を防いでくれます。

あとは、インターネットで情報を送受信する場合に「暗号」を活用したり、
不必要な外部との接続(インターネットやUSBメモリーなど)を遮断するなどの対策があります。

 

 

重要なのは、これらの対策を組み合わせること



ここまで、セキュリティ対策の基礎的なことをお話ししました。

最後に、最も重要なことを述べておきます。

それは、「これらの対策を組み合わせる」ことです。

それぞれの対策は、多種多様なウイルス攻撃の一部分にのみ有効なものとなっています。

ですから、一つだけやって安心、というものではありません。

すべてを組み合わせることで、リスクを可能な限り低減することが大切なのです。

加えて、ウイルス感染に潜む様々なリスクについて理解し、
対策について日頃から関心を持つこと、そして対策を実行することが、
パソコンを使う者の心得として求められています。

ここに書いたことは対策についての基礎に過ぎません。

皆さん自身が勉強し、抜かりない対策をするようにして下さい。

 

いかがでしたか。

愛用のパソコンがウイルスに感染しないよう、しっかりと対策をして下さいね。

安心安全なパソコンライフが送れますよう、頑張って下さい!

2015年2月27日

written

by 八百万


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop