現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月21日更新

一人暮らしの女性必見!今すぐ実践できる防犯対策まとめ

4136 views

一人暮らしを始めるのですがとても不安です。

何かいい防犯対策を教えてください。(大学1年生・女性)


女性の一人暮らしは何かと不安ですね。

泥棒や性犯罪、ストーカー、詐欺や強引な勧誘など、一人暮らしの女性を狙ったあらゆる犯罪に巻き込まれないように、今すぐ実践できる防犯対策をまとめましたので参考になさってください。

 

女性一人でできる防犯対策

 

ベランダ対策



泥棒や変質者のほとんどが、玄関より、ベランダや窓から侵入すると言われています。

ベランダのドアのクレセント(回して締める部分)にロックするする機能があるかどうか。

あれば必ずロックすることを忘れずに。

ない場合は補助錠を取り付けるなど、厳重にしてみるのと良いでしょう。

洗濯物もなるべく部屋干しにし、ベランダに干す場合は、住人がどんな人か特定されないものだけにしましょう。

 

のぞき穴 防犯対策

 

覗き穴をふさぐ



覗き穴を外側から細工して、部屋の中を覗かれる、撮影されるといった犯罪があります。

覗き見防止工具という、普段はふさいで、必要な時には覗ける便利な工具がありますので、ホームセンターなどで探してみましょう。

覗き見防止工具は女性でも簡単に取り替えられ、また、引っ越しするときには元の部品に戻すのも簡単です。

 

カーテンの色を工夫する



ピンクなど、女性が住んでいるとすぐわかってしまう色は注意が必要です。

どうしても女の子っぽい色にしたい場合は、裏地が黒やシルバー色の遮光カーテンなどもあるので探してみましょう。

 

玄関に男物の靴を置く



サンダルなど、男性物の靴を1,2足置いておくだけで、男性が出入りしていると分かりますね。

出来れば少し汚れているように見える工夫をしてみるとさらに良いかも知れません。

 

訪問客対策



ネット通販などは、注文時に配達会社をあらかじめ確認すること。

必ず時間指定にして、急に来た宅配便や、身に覚えのない時は出ないで不在届が入るまで対応しないこと。

一人で部屋にいる時、友達や彼氏が部屋に来る予定のない時に、誰かが訪ねて来たときはなるべく居留守を使い、ポストに連絡票が入るのを待った方が賢明です。

もし出るならチェーンフックやU字ロックをしたまま出るようにします。

 

習慣を推測されないようにする



常に、「習慣と犯罪は隣り合わせ」ということを頭に入れておいてください。

あなたがいつも同じ時間に外出、帰宅することを犯罪者は見ているかも知れません。

なるべくランダムに、時間を変える意識をしましょう。

また、電気代が少々かかっても、照明をつけたまま外出すること。

タイマーで照明がつくものや、消えるものもあるので、あなたの生活習慣、生活パターンが読み取れないように、工夫しましょう。

 

エレベーター 防犯対策

 

エレベーターで出来る防犯



部屋に帰るときに知らない男性がエレベーターに乗ってきた場合、何かを思い出したふりするか、携帯電話が鳴った素振りをして、すぐ降りて後からまた乗るか、階段を使いましょう。

そのまま乗ってしまう場合は、なるべくその男性より先に降りる階を押さないこと。

出来れば男性が押した後に違う階を押すか、階を特定されたくないときは、自分の部屋とは違う階を押してまた空のエレベーターが来てから乗り込むなど、さらに厳重に防犯するなら男性に限らず見知らぬ女性の場合も同じように対策すればなお良いかも知れません。

 

 

コンビニでの買い物



例えば、飲み物1本とパン一つだけ買って帰るのは、「私は一人です」と宣言しているようなもの。

昼夜問わず、少しまとめ買いをするなど、なるべく同居人数などが推測されない買い物をする工夫をしてみましょう。

 

いかがでしたか?

防犯グッズや防犯設備、防犯対策は、これをしていれば安心!というものではありません。

あくまでもしないよりはした方が安心というだけで、それに頼り切るのは危険です。

常に防犯意識持って一人暮らしを楽しんでくださいね。

2015年2月21日

written

by hiyori


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop