現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月24日更新

【厳選】やればやるほど深みにはまるダンジョンRPGゲーム6選

17247 views

最近ダンジョンRPGにハマりました!おすすめを教えてください!(大学1年生・男性)


テレビゲーム

ダンジョンをひたすら探索していくダンジョンRPG。

ダンジョンを進むことによって広がっていくマップ、先へ進むほど難易度は高くなりますが、
ついついはまってしまうのがダンジョンRPGですよね。

そこで今回は、やればやるほど深みにはまるダンジョンRPGゲームを厳選して6選、ご紹介します。

 

1.迷宮塔路レガシスタ



迷宮塔路レガシスタ

画像出典:Amazon 迷宮塔路レガシスタ

対応機種:PS3

ストーリー面での評価は多少落ちるものの、ダンジョンRPGとしてはやり込み要素が高く、評価が高い作品です。

メインがランダムダンジョンである「ランジョン探索」ということで、ダンジョンをメインにするのなら深みにはまっていくのではないでしょうか。

 

2.新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女



新世界樹の迷宮

画像出典:Amazon 新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女

対応機種:3DS

人気のあった「世界樹の迷宮」のリメイク作品です。

マップの追加もあり、旧作をやったことのある人でも楽しめるリメイクとなっており、また、初めてやる人にも入りやすくなっています。

アイテム図鑑とモンスター図鑑コンプを目指し、ダンジョンをひたすら進めていくので、ダンジョンRPG好きにとしては深みにはまっていくのではないでしょうか。

 

3.アンチェイン ブレイズ エクシヴ



アンチェインブレイズエクシヴ

画像出典:Amazon アンチェインブレイズ エクシヴ

対応機種:3DS

有名クリエイターが多数、制作に関わっているこの作品は、ゲーム、アニメ、マンガなどで活躍中のイラストレーターやデザイナーが参加し、グラフィックの美麗さにも注目です。

キャラクターボイスも、宮野真守さんなど、有名声優が多数参加し、主題歌も水樹奈々さんという声優好きにも魅力的な作品となっています。

RPG要素を強く求める人には厳しい意見も多いですが、ダンジョンRPGの入口としては評価が高いので、ダンジョンRPGを初めてやってみようという人にはダンジョンRPGの面白さを体験するのには良作。

これを機に、ダンジョンRPGの魅力に引き込まれてみてはいかがでしょうか。

 

4.円卓の生徒 The Eternal Legend



円卓の生徒

画像出典:Amazon 円卓の生徒 The Eternal Legend

対応機種:PSP

ダンジョンRPGの入口としてはおすすめとの評価が高い作品です。

キャラクタービジュアルが萌え系に近いため、萌えゲームやキャラゲームと誤解する人も多いようですが、本格的なダンジョンRPGとなっています。

ゲームシステムもそこまで難しくはないので、入りやすい作品といえます。

また、シンプルだからこそ深みにはまっていく作品でもありますので、やりこみ要素も高い作品です。

物足りない人は、上級者向けのMASTERモードに挑戦してみてくださいね。

 

5.エルミナージュ DS Remix~闇の巫女と神々の指輪~



エルミナージュ

画像出典:Amazon エルミナージュ DS Remix ~闇の巫女と神々の指輪~

対応機種:DS

PS2版のリメイク作品となる本作は、改めてやったという従来のファンからも評価が高いダンジョンRPGです。

携帯ゲームになったから余計に時間と場所を選ばずはまってしまうという人も続出しているほどです。

また、かなり時間を費やすのに飽きがこないという意見も多く、睡眠不足注意ではまってしまう作品です。

 

6.ウィザードリィ エンパイアⅢ~覇王の系譜~



ウィザードリィ

画像出典:Amazon ウィザードリィ エンパイアIII ~覇王の系譜~

対応機種:PSP

やはり、ダンジョンRPGの先駆けとなったといわれるウィザードリィシリーズは外せません。

安定した面白さで、今でも人気が高い作品です。中でもこの3は評価がとても高いのが特徴です。

難易度も高めでやり込み要素も十分で、プレイする度に深みにはまってしまうでしょう。

ダンジョンRPG入門者は、ウィザードリィ エンパイアシリーズの1作目となる、ウィザードリィエンパイア~古の王女~からプレイするといいかもしれません。

 

いかがでしたでしょうか。

時間を忘れてプレイしたいダンジョンRPG。

やり込み要素もとても高く、深みにはまっていくので、是非まとまった時間でプレイしてみてくださいね。

2015年2月24日

written

by 悠月


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop