現在17271個の困ったを解決できます!

2016月10月10日更新

ド定番から通向けまで!もらってうれしいシンガポール土産7つ

35802 views

今度シンガポールに行くのですが、買っておくべきお土産はありますか?
シンガポールの料理などは味が想像つかないのですが、日本人に人気のお菓子など教えてほしいです。(大学4年生・女性)
旅行の際のお土産選びは大変。



特に海外旅行の時は現地で売られているものが口に合う味であるか保証がありません。




かといって日本国内でも手に入るものを買って帰るのもためらわれますし、掛けに近い部分が出てきてしまいます。




そんなあれこれが煩わしく、お土産を考えるのが憂鬱な方もいるのではないでしょうか。



ここではシンガポールへ行かれる方のために、ぜひこれだけは押さえてほしいという


「『マーライオンチョコ』なんかよりは断然イケてる、だけど鉄板」なお土産7選をご紹介します。

超鉄板



1.パイナップルタルト



シンガポールでは、旧正月をお祝いするためにパイナップルタルトをいただきます。


おめでたくて美味しいパイナップルタルトは、喜んでもらえること間違いなしの、鉄板中の鉄板です。


シンガポール高島屋、チャンギ空港にも支店がある、ブンガワンソロのパイナップルタルトは特に有名です。 パッケージもとってもかわいいですよ。




2.TWGの紅茶



パイナップルタルトと一緒に渡してもよさそうなのが、このTWGの紅茶。


TWGというとトワイニングの略だと勘違いされる方もいるかもしれませんが、これはThe Wellness Groupの頭文字を取ったもの。


れっきとしたシンガポールのメーカーなのです。


この紅茶、シンガポール航空やシンガポールのホテルでも出されているそうですよ。 お茶は軽いですし、お土産としてはピッタリです。




3.カヤジャム



瓶に入っているので少し重いのが難点ではありますが、こちらカヤジャムも鉄板のお土産のひとつです。


「カヤ」とはマレー語で「豊かな・リッチな」という意味。


卵・ココナッツミルク・砂糖、そしてパンダンの葉(東南アジアでよく使われる甘い香りのハーブ)から作られています。


ラッフルズホテルのカヤジャムは特に有名。


かの超高級ホテルの商品にしては、大変お手頃なお値段なのも嬉しいです。


ぜひ、お試しください。




4.クッキーミュージアムのクッキー




画像出典:THE COOKIE MUSEUM

シンガポールにすでに三店舗を構えるクッキーの専門店、クッキーミュージアム


少々お高めですが、他とは違う美味しそうなクッキーがずらーり。


こちらも、ラッフルズホテルに支店があります。




スーパーで買う鉄板お土産



シンガポールは中国系をメインとして、昔からこの地にいたマレー系、加えてインド系やユーラシアン(アジアとヨーロッパのミックス)など、多くの人種が住んでいる地域。


スーパーに行けば、日本にはない様々な味に出会えます。



また、現地の方が日常的に手にするものが大半なので、数が多く安価な「バラ撒き用」にうってつけな美味しいお土産が見つかりますよ。




5.BOHのアイスティー



こちらは、TWGと比べるとぐっと庶民的なパウダーの紅茶。


お値段も庶民的です。


マレーシアのメーカーBOHのものが、シンガポールでも大人気で、特にアイスティーは色々なフレーバーがあり、お土産にぴったりです。


特に人気なのが、ピーチティー。




6.インスタントラーメン



気軽な鉄板お土産として忘れてはいけないのが、インスタントラーメン。


日本とは違った味が色々とあって面白いです。


日清のような日本メーカーからもトムヤムクン味など、こちらでは見かけないものがでていますよ。


お土産としてはプリマテイストのラーメンが少し高級でお勧めです。




画像出典:Prima Taste Online Store


ラクサ味は、ココナッツ風味のカレーラーメンです。 シンプルなカレー味もいけます。



カレー味のラーメンって、意外と日本のインスタントラーメンではないので喜ばれます。







食べ物以外の鉄板お土産



最後に、食べ物以外の鉄板お土産をひとつご紹介します。




7.エリップス(ellips)のヘアオイルカプセル




画像出典:ellips


洗い流さないタイプのヘアオイルです。


ネットでも買えますが日本ではまだまだレアですし、もちろん現地で買った方が格安。


髪にとっても良いので、安心して渡せるお土産ではないでしょうか。


コスメショップなどで簡単に手に入ります。




いかがでしたか?


お土産が決まってしまえば、テキパキと購入 に何を買うかは、行く前にある程度リサーチをしておき、現地ではテキパキ済ましてしまうのが一番です。



シンガポールは非常に面積の小さく、東京都と同程度の大きさの国です。




観光も買い物も、下調べをしっかりすることで短い滞在日数でも存分に楽しむことができる国です。



後はたっぷりと旅を楽しんでくださいね。

2016年10月10日

written

by soga


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop