現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月12日更新

メイク初心者でも簡単!アイラインの引き方のコツ

17604 views

大学に入学してメイクを始めました。けれども今までメイク経験がほとんどなく、特にアイラインが難しくて困っています。初心者向けにわかりやすく教えてください!(大学1年生・女性)


この春はじめてメイクデビューする方も多いかもしれませんね。

メイク初心者がまず突破しなければならない難関は、アイライン。

ガタガタしてしまったり、太すぎてしまったり・・・もういや!なんて思ってしまっていませんか?

でも大丈夫!

コツをしっかり覚えれば誰でもアイラインは上手に引けます。

アイライン完成3

画像出典:筆者

基本を知って何度も練習すれば、あなたもアイラインをマスターできます。

それではさっそく見ていきましょう。

 

①目尻から引きましょう



アイライナーはお好みのもの、色を使ってみましょう。

ブラックなら目がぱっちり見えますし、ブラウンならば優しい印象になります。

ほかにもパープルやピンクなど様々なカラバリがあるので、気分で選びましょう。

またペンシルタイプやリキッドタイプなどありますが、今回はリキッドタイプを使用してご紹介していきます。

まずアイラインを引くときに大事なのはひじを固定すること!

ひじを固定することで軸がぶれず、ラインをまっすぐに引くことが可能になります。

ひじを固定したら・・・アイライナーを顔に対して垂直に持ち、目尻から引いていきます。

アイライン1

画像出典:筆者

一気に引かずに少しずつ、焦らずゆっくり、テン・スッ・テン・・・というイメージで目の形に添って引いていきます。

アイライン2

画像出典:筆者

 

②目頭から引いてつなぎましょう



目の真ん中あたりまで引いたら、今度は目頭から引きましょう。

目尻のラインと自然につなげるようにして、少しずつ焦らず引いていきます。

アイライン4

画像出典:筆者

もし失敗してしまった!ということがあったら、綿棒に乳液をつけてすぐにオフしましょう。

アイライナーは一度引いて乾いてしまうと取れにくいので気を付けてくださいね。

アイライン7

画像出典:筆者

 

③粘膜のすきまを埋めましょう



まぶたとまつ毛の隙間をアイライナーで埋めていきます。

よく粘膜のすきまを埋める方法を見かけますが、筆者は目に入ると怖いのでほどほどにしております。

まつ毛がもともと上向きタイプの方は、目尻に少し長めに引くだけで印象的な目元をつくることができます。

無理に埋めよう!と思わずに、まつ毛とまつ毛の間を塗っていくイメージで。

 

④イメージによって使い分ける



アイラインは太目に引くとドーリーなお人形さんタイプになりますし、細く引くとナチュラルに仕上がります。

ぱっちり丸い目を目指すのなら目の真ん中、瞳の上の部分を太目に引くと効果的です。

また目の横幅を強調したいなら目尻のラインを少し長めにしましょう。

目尻のラインは跳ね上げればいたずらっ子な印象に、下にたらすとたれ目効果で甘えん坊の印象に仕上がります。

 

⑤アイラインのためにできること



アイラインを引きやすくするために日常でできることは、まぶたのお手入れです。

若い方でも目元のケアは必須です。

日ごろから乾燥や紫外線などに気を付けて、まぶたのハリをキープしておきましょう。

まぶたにハリがあれば、アイラインもスッと引きやすくなります。

逆にまぶたがたるんでいたり、お疲れ気味だとラインがガタガタしてしまうのです。

例えば筆ペンで線を書くときに、柔らかいものより硬いものの方が書きやすいですよね。

土台をしっかり据えて、美しいラインを引きましょう。

 

⑥下まぶたのアイラインの場合



下まぶたのアイラインについてですが、引く場合は目じりから目の大きさの三分の一ほどの長さを引きます。

目の輪郭すべてを囲んでしまうとかえって目が小さく縮小されて見えてしまうので、気を付けたい点ですね。

アイラインは余白をつくって開放感を与え、より大きく見せましょう。

ただ下まぶたの場合、アイラインがにじんでパンダ目になるケースも多いので、

あえて引かないかウォータープルーフ・オイルプルーフタイプのアイライナーを使うとよいでしょう。

 

そして完成したのがこちら。

マスカラもつければ瞳が強調されやすくなります。

アイライン 完成

画像出典:筆者

横から見るとこんな感じに。

アイライン完成2

画像出典:筆者

 

今回はルナソルのリキッドアイライナーを使用しました。

筆にコシがあるととても引きやすいので、事前に確認できる場合は試しておいた方がよいでしょう。

アイライン8

画像出典:筆者

 

いかがでしたか?

難しく考えるより、まずは思い切ってチャレンジしてみてください。

きっとあなたが思っているよりも楽しく、簡単にできるはずです。

そして新しい自分に出会えるはず。

お見苦しい画像も多々ありましたが、お付き合い頂きありがとうございました。

大変失礼いたしました。

気を取り直して、さぁ春のメイクアップを存分に楽しみましょう!

2015年2月12日

written

by alanwonder


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop