現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月12日更新

毒舌なのに好かれる人って?人を傷つけない絶妙テクニック10選

12870 views

毒舌なのに好かれている人がいて不思議です。なにか理由でもあるのでしょうか。(大学1年生・男性)


友達

毒舌で言いたい放題でしかも人気があるなんて。

それは売れっ子芸人さんだから許されること?

芸能界という特殊な世界だから通用するものでしょうか。

日常ではなかなか受け入れられないと思うのに、周囲にも嫌われてない毒舌な人っていますよね。

 

悪意や恨みの言葉は避ける



普段から人の悪口や陰口を言っていると、その人のイメージは「陰口を言う人」になっています。

毒舌を吐く人は、サバサバとした性格で根もあっさりしています。

悪意や恨みを含んだ言葉は本人はもちろん周囲をも不愉快にさせてしまいます。

深刻にさせる陰湿な毒舌は嫌われますので気をつけましょう。

 

人間関係を大事にしている



当たり前ですが、普段から周囲の人を大事にし信頼されている人は

毒舌を吐いても悪気はないという事が分かっているので単なる悪口にはなりません。

その逆に何を言っても悪口や嫌味にしか聞こえない人もいますよね。

周りからの人望がなければ「愛される毒舌家」にはなれません。

 

観察力がある



毒舌の人は相手のキャラをよく観察しています。

その人の個性を取り上げ実に的確に毒舌を吐きます。

毒舌を吐かれた相手も「自分の事をよく見てくれている」と喜びさえ感じているかもしれませんね。

 

いつも笑顔の人



ニコリともせずに毒舌を吐いたらどうでしょうか?

その場の雰囲気も悪くなり、もちろん本人も傷つきます。

同じ言葉でも笑顔があるのとないのとでは意味が違ってきます。

笑顔だと相手に冗談で言っていることを示す事ができますし、相手もそんなに真剣に受け止めて怒ることもないようです。

 

毒は少量だけ吐く



話の中でいつも毒を吐いていると、周りからも飽きられます。

また本人も歯止めがきかなくなって単なる悪口になってしまいます。

たまに皮肉や風刺を混ぜたりなど、軽く周囲を笑わせると聞いていても嫌な気持ちになりません。

 

毒舌家を自称する人は「好かれる毒舌家」ではない



毒舌を意識している人は、それを快感や優越感に浸っているような感じがします。

「言ってやった!」という自分の勇気に浸っているかもしれません。

逆に自覚のない毒舌家は「つい本音が出ちゃった」という悪気のない人。

周囲に対して受けようとか好かれようとかいう気がないので打算がありません。

そういう人はどこか憎めないものです。

それは天性のものかもしれませんね。

 

アフターフォローを忘れずに



毒舌した後は「でも本当は〜ですよね」ってフォローする事を忘れずに。

毒を吐いて落とした後はちょっと褒めるとか優しさを見せるようにしましょう。

だた毒を吐きっぱなしではただの嫌な人になってしまいますね。

 

八方美人よりもプチ毒舌



周囲に合わせて自分の意見を言わない人は無難な人付き合いができるかもしれませんが、そんな八方美人はちょっと魅力不足ですね。

少し毒舌でも自分の本音や意見を言える人の方が人間味があって信用されるものです。

 

自分の立場をわきまえている



自分の事を棚にあげて相手の事を悪くいうと「じゃあ、自分はどうなの?」と突っ込まれてしまいます。

また、相手にとっても気分の悪いことです。

自分の欠点も客観的に見る事ができ、それをふまえた上でユーモアがある毒が吐ければ好印象になります。

 

「怒ってる?」と聞く



毒舌家でも嫌われない人は相手に「ごめんね。怒ってるよね?」と聞いています。

もし怒っていたとしても、その言葉で少し気持ちが和らぎます。

これも本気で相手を怒らせない一つのテクニックです。

時には自分の非を認め素直に謝ることも大事ですね。

 

いかがですか?

毒舌な人は言いたい放題ズケズケと言っているように見えますが

実はその「人間性」という土台の上に気配りや絶妙なタイミング、言葉のセンスの良さなどで成立しているのです。

さじ加減を間違えるとただの嫌われ者になってしまいますが、さらっと本音を言える人って魅力的だと思います。

ぜひ参考にしてください。

2015年2月12日

written

by betty-2


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop