現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月5日更新

文房具ファン・クリエイターに大人気!青山 表参道の「文房具カフェ」の魅力まとめ

266 views

懐かしい雰囲気に浸れる、レトロなお店を探しています。おすすめのお店はありませんか。(大学1年生・女性)


最後に色鉛筆に触ったのはいつの日だっただろうか。

クレヨンなんてもう使っていないな。

幼少の頃、あんなに使っていた物なのに。

いつのまにか記憶の彼方にいってしまった文房具達。

でも誰にだって幼少の頃これらを使って遊んだ事はあるはず。

少しだけあの頃の自分に戻ってみませんか。

今回はあの頃の気分にさせてくれる一押しの場所をご紹介いたします。

 

その名も「文房具カフェ」



表参道ヒルズの近くに「文房具カフェ」という看板を目にすることができます。

文房具を売ってるカフェ、その名のとおりですが、それだけではなく
ここは置いてあるさまざまな文房具を自由に使えるカフェなんです。

 

文房具の数々



まず、階段を降りていくと、もう文房具達がお出迎えをしてくれます。

そして店内はもう至る所が文房具で埋め尽くされています。

オーソドックスなものもあればめがねやひげの付箋というようなユニークな物、オリジナル文房具もおいてあり他の店にはない充実した品揃えになっています。

 

画像出展:iPhone女子部

 

変わったスイーツ



さまざまな文房具を堪能したのなら、次は食事を楽しむ事もできます。

フードもさることながらここのスイーツはちょっと変わった物を扱っています。

文房具の形をしたものがあり、たとえば、定規や鉛筆の形のクッキーやノート型のパンケーキとか一日限定20食の「文房具パフェ」というのもあり、まさに文房具カフェらしいメニューになってます。



画像出展:iPhone女子部

 

文房具コーナー





またここは食事をするだけではなく、一角に自由に使える文房具コーナーがあります。

ここの文房具コーナーは色鉛筆だけでなく、クレヨンやサインペンとかマスキングテープまで置いてあります。

それだけではなくスタンプもあるので、例えばゆっくりと手帳の今後のスケジュールを書いたりここで買ったメッセージカードに書いてみたり、寄せ書きを作ってみたりとそれぞれの時間を楽しむ事ができます。

そして面白い事にここではランチョンマット自体に書くことができので、自分だけのランチョンマットを作ることもできるんです。

 

オフィシャル会員になれる



さらにうれしい事に会費を払うとオフィシャル会員になれ、特権としてカフェの机の施錠された引き出しを開けることができる鍵が渡され、自由に使えます。



なおかつ、中に入っている文房具が使えるというオプション付き。

引き出し毎に中身は異なっており、またその中身も頻繁にかえているそうで、行くたびに今回は何がはいっているんだろうとどきどき感が楽しる事まちがいないです。

その他にも、会員限定のパーティーや様々なメーカーとタイアップしたイベントが開催されたり、月一で開かれる仕入れ会議というのもあります。

文房具カフェで販売するアイテムを決める事もできるみたいで
まさにお客様参加型のカフェになっています。

 

沢山の文房具ファンの意見を取り入れている新しいスタイルのカフェである「文房具カフェ」。

日常の忙しさを忘れて個性あふれる文房具達と共につかの間の時間を楽しんでみませんか。

2015年2月5日

written

by liliaapril


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop