現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月23日更新

イライラやストレスを解消するのに役立つ食べ物10選

677 views

イライラして落ち着きません…。イライラが抑えられる食べ物はありませんか。(大学3年生・女性)


なんだか最近イライラするような・・・そんなことはないですか。

ちょっとしたことですぐイライラしたり、落ち込んだり、そんな状態が続く場合は日々の食生活に問題があるのかもしれません。

今回は、イライラやストレスを解消するのに役立つ食べ物を10点ご紹介します。気になる食材があったら、ぜひ取り入れてみてください。

 

1.緑茶



緑茶の中でも煎茶、玉露には情緒を安定させ、ストレスを和らげる効果のある"ビタミンC"が豊富です。

緑茶はその他にも、体の脂肪燃焼効果を高める効果があったり、記憶力向上効果があったりといいことばかりです。

 

2.牛乳



牛乳

牛乳から発見された”トリプトファン”という物質があります。

”トリプトファン”は精神安定・催眠・鎮痛などの作用のあるセロトニンの原料となる必須アミノ酸で牛乳から発見されました。

 

3.ごま



ごまに含まれている”カルシウム”は不足するとイライラの原因となります。

”カルシウム”が豊富に含まれている乳製品が苦手な人は、ごまを食事に取り入れることでストレスが和らぐかもしれません。

また、ごまには肝機能を改善する効果もあります。

 

4.ブルーベリー



ブルーベリー

抗酸化力の高いブルーベリーは、過度なストレスを感じると分泌されるホルモン”コルチゾール”の生産を抑えるといわれています。

生でそのまま食べるのが大変なときは、ヨーグルトなどと一緒にミキサーで混ぜて、スムージーにしてみるといいかもしれません。

 

5.セロリ



セロリの香り成分である”セダノリッド”や”セネリン”、”テルペン”という成分に、精神を安定させる働きがあります。

アロマテラピーで使用する精油にも、セロリの種子から抽出したオイルがあります。

セロリはくせのある野菜なので好き嫌いが別れますが、アロマオイルなら手軽に利用できますね。

 

6.カカオ



カカオには”テオブロミン”という物質が含まれています。

テオブロミンは、ほぼカカオ豆にしか含まれず、抗ストレス効果があることが確認されています。

チョコレートやココアなどは、その香り自体にリラックス効果があります。

 

7.アーモンド



almond-83766_640

脳や神経の興奮を鎮める効果がある”マグネシウム”が含まれています。

健康のことを考えてアーモンドを摂取する場合には、なるべく生で薄皮のついたもの、また塩分が控えめなものを選ぶのがコツです。

なお、清涼飲料や加工食品に多く含まれる”リン”の取り過ぎは、”マグネシウム”の吸収を妨げるので取り過ぎには注意が必要です。

 

8.納豆



アーモンドと同様に”マグネシウム”が多く含まれています。また、”カルシウム”も含まれているので、精神安定作用が期待できます。

 

9.ラム肉



ラム肉

ラム肉(羊の肉)は牛肉、豚肉、鶏肉に比べると、そんなにポピュラーな食材ではありませんが、イライラや不眠を解消する”ビタミンB1”が多く含まれています。

 

10.鳥レバー



好き嫌いの別れるレバーですが、鳥レバーもラム肉同様、”ビタミンB1”が多く含まれています。

新鮮なものを選ぶとくせも少なくていいようです。

 

いかがでしたでしょうか。最近よくイライラするな・・・という人は一度食生活を見直してみてください。

コーヒーなどのカフェインの取りすぎだったり、栄養が偏った食生活をしていたり・・という些細なことが原因になっているかもしれません。

2015年2月23日

written

by smiles


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop