現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月17日更新

冷たくなってしまった彼氏との上手な喧嘩の仲直りの仕方まとめ

10601 views

冷たくなった彼氏とどうやったら上手に仲直りできるのでしょうか?良い方法があれば教えてください。(大学2年生・女性)


どれだけ上手くいっていても、どれだけ仲良くしていても交際に喧嘩はつきものです。

彼氏が冷たくなって、それを責める事で喧嘩に発展する事も良くある事です。

しかし、喧嘩は悪い事ばかりではなく活性剤にもなります。

冷たくなってしまった彼氏もやり方次第で情熱を取り戻すかも知れません。

その為にも、喧嘩をしてもその後の対応次第でより良い関係になれる可能性も充分あるので、ここの冷たくなった彼氏との上手な喧嘩の仲直り方法を試してみて下さい。

 

喧嘩をしているカップル

 

謝る時は「でも」、「だから」は禁句



謝る時は、一切の言い訳や相手を責める言葉は禁句です。

「でも」、「だから」は言ってはいけないのです。

素直にスッキリ謝れば仲直りも早いと言う事です。

 

冷たくなった彼氏を責めない



彼氏には冷たくなった自覚がないかも知れません。

あなたの思い過ごしの可能性もあります。

思い当たらない事を責められると人はより怒りを感じます。

責めるのではなく、違ったアプローチをしましょう。

 

尽くす女になろう



喧嘩をして仲直りしてもイマイチしっくりこない時は、とにかく尽くす女になろう。

自分の事より彼の事。常に彼優先で何事も行う様にしましょう。

 

喧嘩中のカップル

 

冷たさの真意を知る



喧嘩の原因である彼氏の冷たさの原因を探りましょう。

彼氏に訊いたり、責めてはいけません。

彼氏が冷たくなる原因を探る為には両極端な言動をしてみましょう。

甘えて献身的にするか、疎遠で奔放に振る舞うか、その時々の反応をみて判断しましょう。

その上で、良好な反応をする方を常に仲直りする際に使うと効果的です。

 

性的接触で仲直り



古今東西、喧嘩からの仲直りは性行為が効果的と言われます。

確かに性行為は恋人だけの行為ですし、密着し、接触する事で自分も相手も心も触れ合います。

彼氏が拗ねて嫌がっても、最初だけですので多少強引でも持ち込みましょう。

更には、普段から知っている彼氏の性癖を通常はしないのに、仲直りの際には合わせてあげる様にする事で更に効果絶大です。

 

キチンと向き合って話し合う



先延ばしにせず、臭いものには蓋をせずに、こう言う機会にシッカリと向き合って話し合うのも重要です。

何故冷たくなったのか、何故喧嘩になったのか、どちらが悪いと言う話ではなく、2人の付き合い方やそれ以外に問題が無いか真剣に話し合うのです。

大事なのは、人の責任にするのではなく、お互いに自身の何が悪いのか、どちらも悪くないなら、何がボタンの掛け違いになってしまっているのかを真摯に話し合うのです。

最初は、言い合いになるかも知れませんが、良好で長く続く関係性の維持の為にはいつかは必要になる事です。

時には問題から逃げずに、真剣に話し合う事で双方の真の理解を求めましょう。

本来は、それが恋人やパートナーとのあるべき姿なのです。

 

仲直りしたカップル

 

オドケて謝る



彼氏を笑わす自信があるなら、オドケて笑わせておいてから、真剣な面持ちで謝罪するのも効果的です。

ギャップが真剣さを脚色します。

ただ、失敗すると大火傷の可能性があるので、余程自信が無い場合は止めておきましょう。

 

 

いかがでしたか。

彼氏の態度が変わってくるのも、喧嘩も交際においては仕方が無い事です。

そう思っているのは彼氏も同じかも知れません。

彼氏もあなたが冷たい、変わったと感じている場合もあるのです。

自分では気付かない自分自身の変化もある事でしょう。

そう言う事はお互い様と言え、必要以上に相手を責める事でもありませんし、深く悩む必要はありません。

少なくとも別れると言う言葉が出るまでは年越苦労の場合が多いので、その事で喧嘩をするのはむしろ別れを招き兼ねず逆効果なのです。

お互いに自身を省みる事は大事ですが、まずは自分が省みる事が最も大事な事です。

このアドバイスを参考に長くより良い関係性を築いて下さい。

2015年2月17日

written

by pfunk777


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop