現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月6日更新

【2015年バレンタイン】今年日本初上陸!絶対食べたいチョコレートブランド5選

1899 views

バレンタインは自分へのご褒美のチョコも買うのですが、今年のおすすめを教えてください!(大学2年生・女性)


もうすぐバレンタイン!

大切な人へ贈るチョコ選びも楽しいいけれど、この時期続々と登場する

新しい味に出会う喜びもまた格別なものですよね。

2015年のバレンタインに日本初上陸したチョコレートブランドをご紹介します。

 

1.BbyB.(ビーバイビー)




画像出典:BbyB.

ベルギーはヨーロッパの中でもチョコレートを楽しむ歴史の長い国。

そのベルギー北部にある2つ星レストランのシェフ・バルト・デスミット氏が若きショコラティエ・ヤン・ヴェルレイエ氏とのコラボレーションで作り上げたのがBbyB.のチョコレートです。


画像出典:BbyB.

BbyB.のチョコレートは、デザインがどれも同じシンプルな長方形です。

スタイリッシュなチョコレートに、さまざまなフレーバーが隠されています。


画像出典:BbyB.

その数なんと28種類!すべてのフレーバーを試してみたくなりますね♡


画像出典:BbyB.

 

2.Willie’s Cacao(ウィリーズ カカオ)




画像出典:Willie’s Cacao 創立者のウィリー ・ハートコート・クーズ氏。

ウィリーズカカオは最近人気のシングルエステートでチョコレートを作っています。

これは、特定の産地で育てられたカカオだけを使ってチョコレートを作る方法です。


画像出典:Willie’s Cacao

さらに、ウィリーズカカオの生産工場はイギリスにありますが、イギリスで唯一のビーントゥバー、カカオ豆から直接チョコレートを作っているブランドなのです。

つまり、厳選された産地のカカオをその都度焙煎して使うため、フレッシュなカカオのフレーバーが生かされるのです。

デザインはシンプルでスタイリッシュ。


画像出典:Willie’s Cacao

カカオ成分の高い大人の味も多く揃っています。

産地によって異なるカカオの味を楽しんでください♡


画像出典:Willie’s Cacao

日本での取り扱い先:日仏貿易株式会社

 

3.CACAO PRIETO(カカオプリエト)




画像出典:CACAO PRIETO

こちらはニューヨーク・ブルックリンから登場のチョコレートです。

ドミニカ共和国にカカオ豆の農場を持っていて、ビーントゥバーを行っています。

さらにオーガニックで育てているカカオからお酒も作っているそうです。

フルーツやナッツと組み合わせたチョコに人気があります。


画像出典:CACAO PRIETO

口の中でフルーツとチョコの素敵なハーモニーを楽しめそうですね。

ドーム型のボンボンショコラはなめらかな口どけにファンも多いそうです♪


画像出典:CACAO PRIETO

会社の設立者をはじめ、スタッフもショコラティエも若いチームのブランドです。

日本での販売一覧はこちら

 

4.NELLEULLA(ネレウラ)




画像出典:Dienas Bizness

こちらはラトビア共和国のブランドです。

昨年の秋に、ラトビアの首都に一号店がオープンしたばかりという新しいブランドです。

ショコラティエも若い女性で「森のチョコレート」がコンセプトです。

繊細なデザインに定評があります。注目はフルーツを使ったタブレット!


画像出典:Nelleulla

見た目の美しさにもうっとりします。

美味しいフレーバーをぎゅっとつめたトリュフタイプも、ころんとしたフォルムがかわいいですね。

下の画像はクランベリートリュフ♪外側も内側もクランベリー尽くしです!


画像出典:Nelleulla

日本語版Facebook そごう横浜店、松屋銀座で取り扱い中

 

5.XAVIER BERGER(グザヴィエ・ベルジェ)




画像出典: XAVIER BERGER

三代続くお菓子作り職人の名門ベルジェ家の三代目は地元フランス南部ピレネーで

素晴らしいチョコレートを作り続けています。


画像出典: XAVIER BERGER

ベルジェ氏は 2010年に「ワールド・チョコレート・マスターフランス選考会」で

優勝したトップショコラティエです。


画像出典: XAVIER BERGER

シングルエステートにこだわり、素材を活かしたチョコレート作りをするベルジェ氏は

「鬼才」と呼ばれています。


画像出典:三越オンラインストア

日本では銀座三越限定での販売です。

 

いかがでしたでしょうか。

シンプルなデザインのタイプから、フルーツやナッツをたっぷり使ったタイプまで

いろいろなチョコレートがありますね。

2015年のバレンタインは、ぜひ日本初上陸のブランドのチョコレートを試してみてください♡

 

2015年2月6日

written

by sayang


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop