現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月16日更新

メロディが切なすぎる…大人女子のための「片想いの歌」7つ

9336 views

片思いをしています。しかし、なかなかうまくいきません。共感できるような切ない歌を教えてください(大学1年生・女性)


片思いは、やっぱりつらいものです。

そんなとき、歌を聞いて、共感して、涙して、がんばろうと思えたり、勇気づけられたという人はたくさんいらっしゃると思います。

せつないメロディーだけでなく、大人だなぁと思える歌詞も含めて、今回は、「大人女子の恋」をキーワードに、片思いのせつないバラード7曲をご紹介します。

 

片思い 浜田省吾 (1983年)



片思い(SAND CASTLE内収録) 浜田省吾

画像出典:アマゾン SAND CASTLE内収録

30年以上も前の曲ですが、お父さん世代が泣いていた歌に今も同じ切なさを感じます。

人を愛する気持ちは、いつの時代も変わりがないことを証明してくれますね。不滅の名曲といえるでしょう。

「せめて一度だけでもその愛おしい腕の中で」「このままそばにいて夜が明けるまでと泣けたなら」

そんな切ないストレートな歌詞が浜田省吾さんの声とメロディでぐっと心に響きます。

 

恋文 Every Little Thing (2004年)



恋文  Every Little Thing

画像出典:アマゾン

歌詞は「僕」ですが、持田香織さんの書く歌詞には男女問わず共感を感じるようです。

「僕が見つめる先に君の姿があってほしい」「たとえば僕のためといって君がついたウソなら僕にとってそれは本当で」

好きな人を思いやる心、がむしゃらにただ好きで好きでというだけの思いでないところが、大人の片思いのせつなさ、優しさを感じます。

また、特徴的なメロディーラインはすごく耳に残っていつまでもリフレインします。

 

はつ恋 福山雅治 (2009年)



はつ恋 福山雅治

画像出典:アマゾン

正確には「片思い」ではありませんが、叶わない大人の恋を歌った代表曲と言えます。

もう二度と戻ることはできないけれど、でも心の中で確かに生き続けている思い。 

その思いが片思いのせつなさに通じると思います。

同じ境遇になくても、せつない想いに涙することでしょう。

 

声を聞かせて BENI (2011年)



声を聞かせて BENI

画像出典:アマゾン

期待と不安に揺れ動く切ない大人の女性の心情がストレートに綴られています。

オルゴールの音色のような優しい響きの音楽とささやきかけるような歌が、切ない歌詞をさらに引き立てています。

 

NAO HY  (2006年) 



NAO  HY

画像出典:アマゾン Confidence内収録

純粋な片思いについての歌詞がたくさんの20代女性の共感を得ています。

「好き」というストレートな感情、「あの娘」への嫉妬、そのすべてが素直で等身大な感情として心に入り込んできます。

「あなたが好きなあの娘になって聞いてみたい」「好きと言われる事がどんなに幸せか感じたい。」

片思いとはいえ、溢れる恋心が切なさだけでなく、聴く人を温かい気持ちにさせてくれます。

 

友達の詩 中村 中  (2006年)



友達の詩 中村 中

画像出典:アマゾン

大切な人を失うことの怖さ、失わないでいられるぎりぎりの距離感、その微妙な距離感にこめる大切な人への思いがとてもリアルな歌詞です。

「大切な人が見えていれば上出来」とか「大切な人は友達ぐらいでいい」とか、生半可なラブソングではありません。

決して強がりでなく、こういう思いになれるなんて、大人だなぁと思います。

また、中村中さんは性同一性障害をカミングアウトされていますが、透き通った声と情感あふれるメロディでこの歌詞の切なさが増幅されています。

片思いソングというよりも、思いを寄せる大切な人を「友達」とよばなければならない、やるせない悲しみに心が震えるせつないメロディです。

 

もしも雪なら Dreams Come True (2006年)



もしも雪なら Dreams Come True

画像出典:アマゾン

誰にも言えない秘密の恋、大人の恋のせつなさを歌ったクリスマスのラブソングです。

「大人のほうが恋は切ない」「はじめから叶わないことのほうが多い。」

耳に残るフレーズとメロディに共感して、力をもらえそうです。

 

いかがでしたか?

伝えられない想い、告白できない切なさ、恋の痛みを知っているからこその優しさ…。

そんな「大人の恋」を意識して、特徴的な片思いの形の7曲をご紹介しました。

あなたの心を打つ片思いソングはありましたか?

2015年2月16日

written

by みゅう


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop