現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月16日更新

おしゃれメンズに聞く!全身黒のオールブラックコーデをかっこよく着こなす5つのコツ

6491 views

全身「黒」のコーディネートって、憧れるんですが難しそう・・・。うまく着こなすコツを教えてください!(大学2年生 男性)


 

日々のコーディネートを考える中で、カジュアルな日やシックな日モードな日と、 その日その日の目的や気分に合わせて福を選ぶことと思います。

そんな中で、落ち着いたイメージに、かつクールに決めたいなら「オールブラック」はいかがでしょう。

黒は、締まった色としてもシックにそしてスタイリッシュに男らしく着こなせる色でもあります。

ですが、反面着こなし次第では、重たくなったり暗く地味になったりもします。

今回は、そんなオールブラックのコーディネートにおいて、アイテムなどのポイントを踏まえながら、かっこよく着こなせるコツを見ていきます。

是非、黒コーデをする際にも、他のカラーのコーデをする際にもコーデのエッセンスとして参考にしてください。

 

1.ストール





画像出典:Amazon



画像出典:Amazon



画像出典:Amazon

黒コーデにおいて、必要なポイントとしては、「奥行き」をコーデにつくること。

平面的だと、のっぺりとしてせっかくの黒コーデが、地味になる事もあります。

そんな時は、ストールやスカーフ、スヌードがオススメです。

様々な巻き方で、洋服のシルエットを元に、立体感を出す事でより奥行きのある黒コーデが出来る、便利アイテムです。

 

2.レザーベスト





画像出典:Amazon

 



画像出典:Amazon



画像出典:Amazon

レザーベストは、黒インナーの上に着るだけで、締まって見えます。

インナーとトップスにトーンの明度をつけることで、黒の素材の対比が楽しめて、艶感のあるコーデに仕上がります。

 

3.アクセサリー&時計[手元]





画像出典:Amazon



画像出典:Amazon



画像出典:Amazon



画像出典:Amazon

アクセサリーも黒コーデを楽しむポイントの一つ。

全てマットなコーデだと、どうしても沈んでしまい、重たく暗いイメージになります。

締めるところは締めて、艶を持たせるところは、艶を持たせる事で大人の黒コーデとして魅力がますのです。

 

4.靴





画像出典:Amazon



画像出典:Amazon

靴においては、黒コーデ全体を「締める」役割があります。

足元までマットだとどうしてもコーデに締りがありません。

よく、ファッションスタイリストさんの黒コーデなどを見ても、レザーなどの艶感のあるアイテムで、足元から全体を締めています。

トップなどにレザーを入れるよりも、まずは足元をしっかりと締める事が、黒コーデをかっこよく着こなすコツです。

 

5.眼鏡&伊達眼鏡





画像出典:Amazon



画像出典:Amazon

眼鏡も、黒コーデをより洗練させる上では、必要不可欠なアイテムです。

スタイリッシュも、どこか暗い雰囲気に知的さや、誠実さをエッセンスとしてプラスしてくれます。

フレーム全部が黒でなくても、一部分だけ黒のフレームになっているようなアイテムでも良いです。

その際は、重たいヘアースタイルではなく軽さを持って、爽やかなヘアースタイルなど、眼鏡をする際にはヘアースタイルも重視してスタイリングをするとより効果的です。

 

いかがでしたでしょうか。

黒コーデをかっこよく着こなすには、黒の中でも全部が同じトーンで色が重たくならないように、明度をつけて黒に立体感を持たせることではないでしょうか。

アイテムを沢山取り入れて立体感を持たせることから、徐々にシンプルに立体感ある黒コーデを目指してみてはいかがでしょう。

 

2015年2月16日

written

by stylist-kuro


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop