現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月10日更新

塗り直しはめんどくさい!マニキュアを長持ちさせるための塗り方のコツ

3353 views

私はマニキュアをよく塗るのですが、すぐに剥がれてきてしまいます。長持ちさせるコツはありませんか。(大学1年生・女性)


自宅でマニキュアを塗る方は多いはず。

せっかくキレイに塗れても、気が付くとはがれていたり、ゆがんでいたり・・・。

そんな悩みを持っている方も多いはず。

ここでは自宅で、自分でマニキュアを塗って、少しでも長持ちさせることのできるコツを紹介します。

マニキュア

手を洗う



大事なのは下準備です。

まずは手をきれいに洗いましょう。

爪の表面に油分が残っていたり、汚れが残っていたりすると、マニキュアを弾いてしまったり、色ムラができる原因になってしまいます。

 

爪を磨く



爪の表面に凹凸があると、はがれやすくなったり、きれいにツヤが出なかったりします。

 

爪の形を整える



爪は長いほうがきれいに見えますが、その分はがれやすさの原因にもなります。

短めのほうが折れにくく、はがれにくいので、爪の先を整えましょう。

甘皮の処理も、できる方はぜひやってください。

 

爪の表面の処理をする



爪専用のヤスリで磨いた後、1度除光液で爪の表面をふき取りましょう。

そのあとはしっかり爪の表面を乾かします。

よく乾いたのを確認したら、ベースコートを塗りましょう。

ベースコートは少し厚めに塗るといいでしょう。

 

マニキュアを確認しましょう



さて、いよいよ塗る段階ですが・・・その前に、マニキュアの状態を確認しましょう。

ボトルの中で固まっていたり、粘り気が出ていたりしていませんか?

そのような状態のマニキュアではきれいに塗ることができません。

一度開けたマニキュアは固まりやすく、特に速乾タイプのものは固まったり劣化したりします。

そんなときは「うすめ液」でマニキュアの状態をサラサラに戻しましょう。

 

爪にマニキュアを塗る



さて、下準備ができたらいよいよ爪にマニキュアを塗ります。

塗るときは利き手のほうの爪から塗り始めましょう。

これは、ついつい無意識に使いがちな利き手の爪を少しでも早く乾かすためです。

マニキュアを塗るコツとしては、ベースコートとは逆に、薄く塗ることです。

薄く塗り、完全に乾いたら、もう1度塗ります。

2度塗りするわけです。

また、塗るときは1度で塗ってしまわないようにしましょう。

塗る順番は爪の真ん中、右側、左側、と3段階に分けて塗るときれいに塗れます。

 

とにかくきちんと乾かす



2度塗りしましょう、とおすすめしましたが、きちんと乾かしてから2度目を塗りましょう。

速乾タイプのマニキュアを使うと、乾かす時間が短縮できます。

よく乾かさないと、よれたり、はがれたりする原因になります。

 

乾かすポイント



乾かすには時間がかかりますが、マニキュアを塗り終わった後、爪を冷水に数秒浸すと、乾くまでの時間がだいぶ短縮できます。

 

最後の仕上げ



最後にトップコートを塗って仕上げますが、トップコートも固まっていたり、粘り気が出ていたりした場合は、うすめ液でサラサラにしてから使いましょう。

トップコートを塗る前、トップコートを塗ったあと、どちらもしっかり乾かしましょう。

 

長持ちさせるために



2日に1度、トップコートを塗りましょう。

これをするだけできれいな状態が長持ちします。

ネイル

いかかでしたか?

ちょっとしたことですが、ひと手間かけるだけできれいな状態を長持ちさせることができます。

ぜひお試しください。

2015年2月10日

written

by dick


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop