現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月23日更新

片想い中の男子必見!次のデートにつながるメール・LINEの送り方

6932 views

この間気になる女の子とデートができました。

またデートしたいのですが、どうやって連絡すればいいでしょうか?(大学2年生・男性)


 

「やっとデート出来たけど、二回目はどうやって誘ったらいいのか…」

「あんなに盛り上がったのに、二度目のデートは出来ずに終わってしまった」

「あまり盛り上がらなかったけれど、またデートしてもらえるだろうか…」

一度デートをしたあと、次につながらないというお悩みをよく聞きます。

一体何が悪かったのか?

すべての原因は一回目のデートが盛り上がったかだけではないのです!

そこで、どうしたら次のデートにつなげられるのか…その方法を教えます。

デート

 

テクニックその1:一回目のデートのあとすぐに連絡をする!



あなたはデートを終えて女性と別れた後、ホッとして岐路についてはいませんか?

彼女は目の前にいなくても、この時間はアピールチャンスなのです!

帰りの電車の中、バスの中、信号待ちの間…

せっかくなのですぐにメールを送りましょう。

中身は簡単に「今日のデート楽しかったよ」など、デートの感想で良いのです。

間違っても「あそこのお店あまりよくなかったね」等のネガティブなことは送ってはいけませんよ!

 

テクニックその2:忘れられないよう適度に連絡を取る!



テクニックその1のメールが盛り上がればすぐにでも約束を取り付けられると思うのですが、

会話も弾まず終わってしまった場合は数日おいてからまたメールをしましょう。

デートから二週間以上たってしまうとあなたとの記憶も薄れていき、一か月以上たてばもう過去の人物になってしまうかもしれません。

彼女が行きたいと言っていたお店、好きな食べ物などがわかればそれに沿ったお店を調べて

「○○が行きたがっていたお店に行こうよ」「スイーツが美味しいレストラン見つけたんだけど今度一緒にどうかな?」など連絡をしましょう。

すると彼女は覚えていてくれたんだ!とうれしくなりまたデートしてくれます。

もし好みがわからない場合は、「スイーツ好きかな?こんなお店見つけたんだけど、男ひとりで入りづらいから一緒に行かない?」などの誘い方でも良いでしょう。

 

テクニックその3:とにかく日程を決めろ!



 

もしテクニックその2のメールでも、「行こう行こう」と言ってくれたのに、なかなか実現しない・・

なんてことがあれば、とにかくまずデートする日にちを決めましょう。

こちらから「○日あいてるかな?」でもいいですし、「いつ時間ある?」と相手に聞いてもよいです。

会う日程さえ決めてしまえば、デート実現はすぐ目の前です。

しかし万が一こちらが提示した日に断られたり、相手がシフトがまだ出ていないの、と言ったら

しつこくしてはいけません。相手にも予定はあります。

ここはぐっと我慢して相手からの返信を待ちましょう。

カレンダー

 

テクニックその4:雑談で気持ちをつなげ!



もし日程がなかなか決まらない場合、彼女は単純に忙しい、もしくはデートをするかどうか気持ちが揺れている可能性があります。

そんなとき、まったく連絡もせずに時間がたってしまったら、彼女からも連絡しづらくなりフェードアウトしてしまいます。

それを避けるため、何でもよいから場をつなぐために連絡をします。

例えば、映画をみたいと思っているんだけどおすすめのものあれば教えて?などで良いのです。

タイトルを教えてもらったら、どんな映画なの?と聞いたり、実際に見たりして感想を連絡するのもいいでしょう。

すると距離も縮まり、相手のことをよく知る時間があるため、次のデートの際会話にも困りません。

 

テクニックその5:時間をおいてみる



もし今までのテクニックがうまくいかなくてデートの約束もできず、連絡も途絶えてしまう場合は、

3~半年まったく連絡せずに時間をおくとよいでしょう。

一度駄目だったのだから次も駄目とは限りません。

たまたま彼女が忙しい時期だったのかもしれません。

他にデートしていた男性がいたのかもしれません。

そして、今は時間があるかもしれません!

「久しぶり、少し忙しかったんだけど落ち着いたからまた会いたいと思って連絡したんだ」

と、もう一度テクニックその2からやり直してみましょう。

 

いかがでしたでしょうか?

やはりマメな男性の方がモテます。

そしてたった一度うまくいかなかったからって諦める必要はありません。

これからはマメに連絡を取りしっかりと女性の心をつかみましょう。

2015年2月23日

written

by 17magic


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop