現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月21日更新

大学生のうちに読んでおきたい!心に響く深イイ本BEST5

1350 views


pakutaso.com



 

インターネットの時代でも本の魅力に変わりはありません。

未知の世界や人の生き方に触れ、美しさ、たくましさに打たれ、

社会に目を開き、自然の神秘に目を見張る。

いわば人の創造力の源だからです。

大学生という感性豊かな時期に、ぜひ読んでおきたい

心に響く深イイ本BEST5をご紹介します。

 

① 幸福論




amazon.com



 

フランスの高校で哲学の教師だったアランが、第1次世界大戦前後に書いた文章の中から、

「幸福」に関するものを集めた書です。

 

アランは社会的な事件に対して積極的に発言し、政治活動や講演活動にも参加。

新聞への寄稿も精力的に行って、掲載された文章は膨大な数に上ります。

 

プロポ(断章)と呼ばれ、短くて独立したコラム的な形式で書かれているのが特徴で、

『幸福論』は93編のプロポから成っています。

 

日常生活の具体的な事柄を例に幸福になるためのヒントが平易に語られ、

多くの読者に親しまれています。

「幸せだから笑うのではない、笑うから幸せなのだ」は有名です。

 

② 忘れられた日本人




amazon.com



 

小学校教員のかたわら民俗学の研究を始めた宮本常一は、柳田国男に認められ、

全国をくまなく歩いて土地に根付く民衆の生活を調査、記録しました。

その旅程は地球4周分にも及びます。

 

名著「街道をゆく」で宮本の業績を再三言及した司馬遼太郎は

「この人ほど日本の国土を知り尽くした人はいない」と評価しています。

 

ある日、農民から相談を受けた宮本は、その家の貧乏の原因が今耕作している田ではないかと考え、

条件の悪いその自作の田の耕作を放棄し、家の近くで借地して小作することを勧め、

成功に導いた話などが目をひきます。

 

 

③ 夜と霧




amazon.com



 

第二次世界大戦中、ユダヤ人であるがゆえにナチスによって強制収容所に送られ、

奇跡的に生還したオーストリア出身の精神科医ヴィクトール・フランクルが、

過酷な環境の中での出来事や、囚人たちが何に絶望し、何に希望を見いだしたか克明に記しました。

 

アメリカで「私の人生に最も影響を与えた本」ベスト10入りするなど世界的な名著で、

日本では2002年に新訳本が刊行されました。収容所内でフランクルは考えます。

 

生き残る唯一の道は心の支え、生きる目的を持つこと。そしてどんな状況でも

今ある一瞬一瞬を大切にして自分の本分を尽くし、人の役に立つ。

そこに生きがいを見いだすことが大事だと。

 

④ 蝉しぐれ




amazon.com



 

著名な藤沢周平の時代小説です。映画化もされました。

主人公は藩の権力闘争に翻弄されながらも、愚直に自分の大切なものを守ろうとする青年藩士です。

 

どんな苦境に立たされても少年時代の友情や淡い恋を忘れず、

困難に立ち向かっていくその姿に胸を打たれます。

 

東北地方の小さな藩を舞台に全編を覆う青春の甘酢っぱさや、武家社会の激烈な派閥抗争、

美しい田園風景などのけれんみのない描写は見事です。ラストは、涙なしには読めません。

おすすめの一冊です。

 

⑤ カラマーゾフの兄弟




 amazon.com



 

長編で難解のイメージが強く、敬遠されがちですが、世界最高の小説に挙げられる作品です。

物欲の権化のような父フョードルの血を引いた三人の兄弟。

 

放蕩無頼な情熱漢の長男ドミートリイ、冷徹な知性人である次男イワン、

敬虔な修道者で物語の主人公・三男アリョーシャ。

そして、フョードルの私生児と噂されるスメルジャコフ。

 

彼らの思想的葛藤や事件、それに続く裁判の中に、神と人間という根本問題を考えさせます。

前半延々と続く宗教談義につい挫折しがちですが、後半の事件発生から一気に展開する法廷劇は

スケールの大きさと深さを感じます。学生時代に挑戦したい一冊です。

 

 

いかがでしたか。

深イイ本は人の数だけあると言ってもいいでしょう。

学生時代、そんな本をたくさん探してください。

 

2015年2月21日

written

by anan-17


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop