現在17271個の困ったを解決できます!

2015月5月11日更新

これ1枚でお洒落に!メンズカーディガンの6つの着回しコーデ

1263 views

カーディガンって、いろいろなアイテムと合わせて、長く着られるので重宝します。ですがワンパターンにもなってしまいがちで・・・。印象を変えるカーディガンの合わせ方を教えてください!(大学2年生 男性)


 

1年通して、3シーズンの 必須アイテムカーディガンですが、カジュアルにもシックに上品にも着こなせる万能アイテムは、日々のワードローブを支える必要アイテムです。

ですが、万能アイテムだからこそ、日々のコーディネートの仕方がバリエーションの無い、同じようなコーディネートになってしまうことも多くあります。

そこで今回は、1枚で週6日分の6つの着こなしが出来るコーデをポイントとして抑えていきます。

是非、日々のワードローブのエッセンスとして参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

今回は、様々な「バイカラーカーディガン」を元に、6つの着こなしを見ていきます。

あなたは、どんなコーディネートをしますでしょうか。

 

1.無地Tシャツを合わせる





画像出典:Amazon

バイカラーという事もあり、カーディガン単体でいうと2色の楽しみ方ができます。

まずは、カーディガンに見るデザインのポイントをしっかり把握することが必要です。

その為に、カーディガンと同じ色味のインナーを基礎としてそこから着こなしを広めていきます。

そこでは、バイカラーであればすでに基礎が2種類あるので、倍の着こなしが期待できます。

 

2.シャツを合わせる





画像出典:Amazon

次に、アイテムを様々変えていきましょう。

1日目がTシャツとあわせてたのならばカジュアルな日です。

2日目はシックにしたいのであれば、シャツを取り入れます。

シャツもバイカラーのどちらかの色に合わせる事で、そこでも2種類の見せ方ができます。

また、シャツの襟の部分と袖の部分でもカーディガンと楽しむ事が出来るので、合わせるアイテムのディティールをしっかりと把握しながらあわせてみてはいかがでしょう。

 

3.ストールを重ねる





画像出典:Amazon

カーディガンの下が決まれば、小物をプラスして遊んでみてはいかがでしょう。

遊びが効く小物としては「ストール」がベストではないでしょうか。

カーディガンと同じ色味でも、インナーと同じ色味のストールを取り入れてもいいでしょうし、バイカラーのストールでもよいです。

また、様々な巻き方でバイカラーとの色の見せ方をアレンジしながら着こなしてみるのも気軽にお洒落に着こなせる ポイントです。

 

4.Tシャツ&シャツon肩掛けコーデ





画像出典:Amazon



画像出典:Amazon

一旦カーディガンを脱いで見るのもカーディガンのスタイリングのポイントです。

今は、様々なブランドのアイテムの中に、カーディガンとしても着用できて、袖の部分を首に巻くようなストールとしても使用できるアイテムもあります。

ここでは、袖を肩にたらしたり、袖を首に巻いたりいわゆる、「プロデューサー巻き」というのも、カーディガンの見せ方です。

 

5.Tシャツ&シャツに腰巻コーデ





画像出典:Amazon

プロデューサー巻きと共に、近年ではカーディガンを腰巻するルックがトレンドとして海外でも見られています。

それは、古いんじゃないかと考える方も少なくはないでしょう。

袖の部分を腰の前で結んで、腰で巻くのが今までのトレンドでしたが、昨今は逆で、袖の部分をお尻の方で結んで、前から見るとスカートの様になっているのが、ストリートカジュアルに見るトレンドスタイルです。

 

6.ベストを合わせる





画像出典:Amazon

カーディガンの下の合わせ方、カーディガンを脱いだ際の合わせ方。

次に3シーズンのベストな合わせ方としては、ベストがあります。

これは、カーディガンの上の合わせ方です。

カーディガンの上は、ジャケットやアウターが一般的ですが2シーズンしか合わせれないのが殆どです。

3シーズン着用できるアイテムとしてはベストがマストで、バイカラーだと、ベストの前を締めて袖だけ見せるのもありですし、脱げばバイカラーとして見せることも可能です。

 

いかがでしたでしょうか。

1枚のクラシカルなアイテムでも、アイテムを組み合わせずにもトレンド的な着こなしができるのが、万能なカーディガンの魅力でもあります。

そこに、他のアイテムを組み合わせていくと、倍倍倍の多くのカーディガンの着こなしが見えてくることです。

それは、カーディガン自体のデザインに見る特徴を理解する事がまずはポイントになるのです。

 

2015年5月11日

written

by stylist-kuro


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop